ニットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > ニット > ニットの意味・解説 

ニット【knit】

編み物。編んだ服や布地。「ニットのスーツ


にっ‐と

[副]声を出さずに、口もとだけでちょっと笑うさま。「白い歯をみせてにっと笑う」


ニット

ニット
ニットキャップはもはや冬だけのものではありません。夏でもお洒落若者人気です。
トップが丸い「ワッチ」や、ポンポンつきの「正ちゃん帽」などがあります

編み物

(ニット から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 01:26 UTC 版)

編み物(あみもの、編物とも表記)とは、、特に毛糸綿糸を編んで作った衣類肌着ジャージーセーター等)、装飾品レース等)、およびそれらの製品を作る行為、工芸手芸である[1]英語を借りてニット(knit)とも言い、またポルトガル語やスペイン語で靴下を意味するメリヤスという呼び方もあり[2]江戸時代から1950年代ころまで用いられた。




  1. ^ デジタル大辞泉「あみもの」
  2. ^ 平畑玄洋 (2016年1月9日). “よみがえる紀の国:8 「紀州肌着」で産地広くPR、「信和ニット」”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 和歌山版 
  3. ^ 「編む」『日本国語大辞典』等
  4. ^ ブリタニカ百科事典「あみもの【編物】knitting」
  5. ^ a b 世界大百科事典 第2版(メリヤス編機) 2006年 平凡社


「編み物」の続きの解説一覧



ニットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニット」の関連用語

ニットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
協同組合西日本帽子協会協同組合西日本帽子協会
Copyright (C) 2021 協同組合西日本帽子協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの編み物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS