鉢巻とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > 鉢巻 > 鉢巻の意味・解説 

はち‐まき【鉢巻(き)】

額や後頭部のあたりを布・手拭いなどで巻くこと。また、その布。

昔、武士武装の際、兜(かぶと)の下の烏帽子(えぼし)がぬげ落ちるのを防ぐため、ふちを布で巻いたこと。また、その布。

帽子のふちを細布で巻いたもの

土蔵造りで、防火用に粘土漆喰(しっくい)を厚く塗り込め軒下部分

鉢巻きの画像

鉢巻

読み方:ハチマキhachimaki

農作業山仕事のとき、病気出産のときに頭に巻いた手拭布帛


はちまき 【鉢巻】

日本で、頭の鉢手ぬぐいその他の布を巻く習俗で、昔は抹額とか末額といった。単なる労働の身ごしらえとしてだけではなくハレ礼装としても用いられた(初宮参り婚礼葬礼、その他)。

鉢巻

読み方:はちまき

  1. 看守長ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・大阪府
  2. 一般官公吏。〔第二類 人物風俗
  3. 官吏或は看守長をいふ。
  4. 官吏或いは看守

分類 大阪府


鉢巻

読み方:はちまき

  1. 建築の語、土蔵の担下一段厚く土を塗りたるところ。

分類 建築

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鉢巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 09:54 UTC 版)

鉢巻(はちまき)とは、主に日本において精神の統一や気合の向上のために用いられる、に付ける細長いあるいは。頭の鉢(横周り)に巻くものという意味である[1]




  1. ^ a b 石井隆之. “「重なり志向」の日本文化”. 言語文化学会. 2019年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 飯島吉晴「鉢巻と褌の民俗」『古事 : 天理大学考古学・民俗学研究室紀要』第14号、天理大学文学部歴史文化学科考古学・民俗学専攻、2010年3月、 16-18頁、 ISSN 1346-8847NAID 1200058584222021年3月1日閲覧。
  3. ^ アイヌ生活文化再現マニュアル「装身具」 - 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構、2021年1月5日閲覧。
  4. ^ チョッキや鉢巻による管理体制の強化 (PDF) 職場のあんぜんサイト(厚生労働省)、2021年1月5日閲覧。


「鉢巻」の続きの解説一覧



鉢巻と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鉢巻」の関連用語

鉢巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鉢巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉢巻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS