ブルマーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 社会学者 > ブルマーの意味・解説 

ブルマー

名前 Blumer

ブルマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 08:24 UTC 版)

ブルマー (bloomers) は、女性が運動などを行う際に下半身に着用する衣類の一種で、ブルマあるいはブルーマブルーマーとも呼ぶ。20世紀に世界的に広く普及した。




注釈

  1. ^ 『学研 学習百科大辞典 12 保健体育 技術 家庭 音楽』、1975年。ブルマー着用の筑波大学ダンス部女子部員の模範演技掲載。
  2. ^ 『写真と図解による最新バレーボール9人制』(大修館書店)、1978年4月1日。ブルマー着用の東京女子体育大学女子バレーボール部員掲載。
  3. ^ メディアに取り上げられた事例としては、1988年の月刊『明星』(集英社)5月号に掲載された、内海光司の幼少時代のブルマー姿の写真がある

出典

  1. ^ a b c d e ファッション豆知識 #7 ブルマーと現状と来歴”. 株式会社トンボ. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ Allen Guttmann and Lee Thompson, Japanese Sports: a History, University of Hawaii Press, 2001, pp. 93ff. ISBN 0824824148.
  3. ^ 興水はる海, 外山友子, 萩原美代子、「女子の運動服の変遷: 東京女子高等師範学校に関して」『日本体育学会大会号』第30回 1979年 p.116- , doi:10.20693/jspeconf.30.0_116, 日本体育学会
  4. ^ a b ブルマー恥辱の歴史―「ちょうちん」後、30年続いた「密着型」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い…(1/3)”. 産経WEST (2017年3月24日). 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ a b c d あの恥ずかしいブルマーはなぜ日本中の学校で強制されていたのか? 裏には教育界とメーカーの癒着が(2/3)”. リテラ (2017年4月25日). 2019年9月2日閲覧。
  6. ^ ブルマ―が1960年代から30年間も定着した謎を解く(2/3)”. ダイヤモンドオンライン (2016年12月23日). 2019年9月2日閲覧。
  7. ^ 沿革”. カンコー学生服. 2019年9月2日閲覧。
  8. ^ 中嶋聡『ブルマーはなぜ消えたのか - セクハラと心の傷の文化を問う』P40~43
  9. ^ あの恥ずかしいブルマーはなぜ日本中の学校で強制されていたのか? 裏には教育界とメーカーの癒着が(3/3)”. リテラ (2017年4月25日). 2019年9月2日閲覧。
  10. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年1月28日). “【教えて!goo】ブルマはなぜ消えたのか!? 専門家に聞いてみた” (日本語). 産経ニュース. 2020年7月29日閲覧。
  11. ^ ブルマー恥辱の歴史―「ちょうちん」後、30年続いた「密着型」 “大人の事情”で女子は恥ずかしい思い…(3/3)”. 産経WEST (2017年3月24日). 2019年9月2日閲覧。
  12. ^ 『萌え大全〈Vol.2〉すぽーつうぇあ大全』すぽーつうぇあ大全制作委員会、秀和システム、2009年4月、82頁。ISBN 978-47980222772011年3月20日閲覧。
  13. ^ Ryang, Sonia (2006-10-18). Love in modern Japan: its estrangement from self, sex, and society. pp. p.99. ISBN 978-0415770057 

資料映像

  1. ^ OG 1972 Men GDR vs BRA. 国際オリンピック委員会.. (2015年5月27日). 該当時間: 1:55. http://www.youtube.com/watch?v=Zku_G0NDu9M 2013年11月23日閲覧。 


「ブルマー」の続きの解説一覧



ブルマーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルマー」の関連用語

ブルマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブルマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS