チェスターフィールドコートとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > チェスターフィールドコートの意味・解説 

チェスターフィールドコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/24 14:08 UTC 版)

チェスターフィールドコート (Chesterfield coat) とは、外套の一種である。丈はやや長めが基本であり、膝程度が一般的である。見た目はフロックコート背広に近い。19世紀に、チェスターフィールド伯爵がはじめて着たのが最も有力な由来とされる。特にヴィクトリア時代下のイギリスでは、男性の外套として流行した。 現在の日本では、フォーマルとして着ることはもちろん、ビジネスやカジュアルとしても着こなすことができるので、非常に人気があるコートの一種になっている。 正式なものは、ボタンが見えないような比翼仕立て(隠しボタン)と呼ばれるもので、上ベルベット仕立てラペル拝絹の物があるが、一般的には、シングルまたはダブルの打ち抜きで襟も共布になっている。






「チェスターフィールドコート」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チェスターフィールドコート」の関連用語

チェスターフィールドコートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チェスターフィールドコートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチェスターフィールドコート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS