女児とは? わかりやすく解説

じょ‐じ〔ヂヨ‐〕【女児】

読み方:じょじ

おんなのこ女子。⇔男児


め‐な‐ご【女子/女児】

読み方:めなご

おんなの子娘。

「上(かみ)に姉、下京に妹をもってござる。両方に—がござる」〈狂言記粟田口


少女

(女児 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/08/09 14:10 UTC 版)

少女(しょうじょ)は、7歳から18歳前後の「女の子」「女子」[1]。「幼女」はおおむね1歳から小学校3年生(満8歳~9歳くらい)までを、「女性」「婦人」はおおむね満20歳以上を指す[2]


  1. ^ a b 『大辞泉』しょう‐じょ〔セウヂヨ〕【少女】。
  2. ^ 『使い方の分かる類語例解辞典』、小学館、2003年、【幼児/幼子】・【女/女性/女子/婦人/婦女/婦女 子/幼女】。
  3. ^ 児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第四条、三”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2018年6月27日). 2019年12月27日閲覧。 “2019年6月1日施行分”
  4. ^ 少年法、第1章、第2条。
  5. ^ a b 『ジーニアス英和大辞典』、大修館書店、2008年。
  6. ^ a b 今田絵里香 『「少女」の社会史』 勁草書房、2007年。ISBN 978-4326648788
  7. ^ JIS L 4003:1997 少女用衣料のサイズ


「少女」の続きの解説一覧

女児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 13:00 UTC 版)

伊達政宗」の記事における「女児」の解説

五郎八姫 - 長女松平忠輝室、忠輝改易後離縁牟宇姫 - 二女石川宗敬室。 岑姫 - 三女涌谷伊達宗実室。 千菊姫 - 四女京極高国室。

※この「女児」の解説は、「伊達政宗」の解説の一部です。
「女児」を含む「伊達政宗」の記事については、「伊達政宗」の概要を参照ください。


女児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 14:42 UTC 版)

トイレットトレーニング」の記事における「女児」の解説

洋式便器なら座らせて、和式便器ならしゃがませて排尿させる。 女児は男児違い終わった後は、排尿だけであっても紙で拭くが、女子特有の配慮が必要であることが多く育児書で指摘されている。肛門尿道口や膣に近接している関係上、大便が他に付かないように考え大便をした場合背側から手を回し前から後ろ拭き小便だけなら前から手を差し入れて前だけを拭く。これを怠る膀胱炎など雑菌による感染症などの問題発生する事がある日本人毎日風呂に入る傾向が強いなど、比較清潔なためトラブル頻度は低いが、感染症皆無わけではないので注意が必要である。入浴習慣あまりない国や民族場合は、ことさらこういった「拭き方による衛生管理」が強調されている。

※この「女児」の解説は、「トイレットトレーニング」の解説の一部です。
「女児」を含む「トイレットトレーニング」の記事については、「トイレットトレーニング」の概要を参照ください。


女児(じょじ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 19:03 UTC 版)

いでおろーぐ!」の記事における「女児(じょじ)」の解説

見た目は、育ち良いお嬢様学校小学4年生。薄い色の髪の毛ツーサイドアップショートカットにしている。

※この「女児(じょじ)」の解説は、「いでおろーぐ!」の解説の一部です。
「女児(じょじ)」を含む「いでおろーぐ!」の記事については、「いでおろーぐ!」の概要を参照ください。


女児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:36 UTC 版)

加藤学園暁秀初等学校」の記事における「女児」の解説

夏冬とも前開き式のセーラー服で、夏服白地に紺ライン長袖または半袖冬服紺地エンジラインそれぞれ入ったデザインである。またいずれも左袖の上腕部校章ワッペン縫い付けられている。なおスカートは夏冬同じデザインだが素材は別で紺色である。

※この「女児」の解説は、「加藤学園暁秀初等学校」の解説の一部です。
「女児」を含む「加藤学園暁秀初等学校」の記事については、「加藤学園暁秀初等学校」の概要を参照ください。


女児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 02:08 UTC 版)

漂流ネットカフェ」の記事における「女児」の解説

小さな女の子ネットカフェ店外にいた土岐亀田しし丸元へ突然現れるその際周り湿原足跡無かった遠野携帯指差しちょーらい」と言い土岐のことを「パパ」と呼ぶ。変なミミズ群れ襲われ負傷し安全なネカフェまで亀田によって運ばれるしし丸からこれから生まれてくる土岐の子ではないかと言われる

※この「女児」の解説は、「漂流ネットカフェ」の解説の一部です。
「女児」を含む「漂流ネットカフェ」の記事については、「漂流ネットカフェ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女児」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

女児

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:07 UTC 版)

名詞

じょじ / めなご)

  1. 幼い女の子

関連語

対義語

翻訳


「女児」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女児」の関連用語

女児のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女児のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの伊達政宗 (改訂履歴)、トイレットトレーニング (改訂履歴)、いでおろーぐ! (改訂履歴)、加藤学園暁秀初等学校 (改訂履歴)、漂流ネットカフェ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの女児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS