児とは? わかりやすく解説

じ【児〔兒〕】

読み方:じ

[音](漢) (呉) [訓]こ ちご

学習漢字4年

[一]〈ジ〉

子供幼い子。わらべ。「児戯児童育児孤児胎児乳児幼児

(親に対して)子。「児孫豚児

若者男子。「健児(けんじ)・寵児(ちょうじ)・風雲児

[二]〈ニ〉幼い子。「小児

名のり]のり・はじめ・る

難読金雀児(エニシダ)・加答児(カタル)・健児(こんでい)・掏児(すり)・稚児(ちご・ややこ)


じ【児】

読み方:じ

【一】[名]

子供。「一—をもうける」

男子

自然の—になろうか、又意志の人になろうか」〈漱石・それから〉

【二】[代]一人称人代名詞。親などに対して子が自分のことをさすのに用いる。

「—は不幸にしていまだ良師を得ません」〈鴎外魚玄機


やや【児/稚】

読み方:やや

あかご。赤ん坊。ややこ。


こ【子/児】

読み方:こ

【一】[名]

親から生まれたもの。こども。⇔親。

両親間に生まれた者。「かわいい—には旅をさせよ」→息子 →娘

㋑親が、実子と同様養い育てる者。養子継子など。

㋒(「仔」とも書く)動物生まれて間もないもの。また、などの卵や、卵からかえたばかりのもの。「—」「(たら)—」

まだ大人になっていない者。幼い者。こども。「近所の男の—」

(「娘」とも書く)若い女性。むすめ。「妓」とあてて遊女芸者などをいうときもある。「若い—の集まる店」

植物の幹や根から生え出たもの。「の—」「竹の—」⇔親。

主だったものに対して従属する関係にあるもの。「—会社」「—分」⇔親。

トランプ花札などで、親以外の立場になる者。⇔親。

元金から生じた利益利子。「元も—もなくす」

子株(こかぶ)2」の略。

【二】接尾

名詞動詞連用形に付いて、その仕事をする人や物の意を表す。「舟—」「売り—」「振り—」

特に、女性のする動作仕事に付いて、それをする人が若い女性であることを表す。「踊り—」「お針—」

女性の名前に付いて、それが女性であることを表す。「花—」「—」

人を表す語に付いて親愛の意を添える。「背—」「娘—」

その場所時代生まれた人の意を表す。「江戸っ—」「明治っ—」

[補説] 【二】3は、古く身分のある女性の名に付けられた。また、上代には、身分のある男性の名に付けて用いられた。「小野妹—」「蘇我馬—」

[下接句] 生んだ子より抱いた子負うた子より抱いた子親が親なら子も子子供は風の子・父(ちち)父たれば子も子たり・盗人(ぬすびと)を捕らえてみれば我が子なり


ち‐ご【稚児/児】

読み方:ちご

《「乳子(ちご)」の意》

ちのみご赤ん坊

「—を背に負った親子三人連(づれ)の」〈花袋田舎教師

幼い子幼児

其の時某(それがし)は尚(なお)八歳の—にして」〈竜渓・経国美談

祭礼寺院法楽などの行列に、美しく装って練り歩く児童。「—行列

寺院や、公家(くげ)・武家召し使われた少年。男色対象となることもあった。

「是も今は昔比叡の山に—ありけり」〈宇治拾遺・一〉


読み方:チゴ(chigo)

(1)乳のみ子・幼児子供の意。
(2)寺院貴族武士の子供預って俗体のまま学問させたり給仕使った少年
(3)寺院法会美装して行列加わ男女幼童

別名 稚児


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/07 05:44 UTC 版)

フォーチューンの海砦」の記事における「兒」の解説

「げい」と読む。第1話借金という名のもとに」に登場したトラップ足して割ったような生命体で、吸血性を持つ。部屋中を飛び回る大量の兒を気持ち悪がったライムゴロー残して扉を閉めたため、ゴロー全身を兒にたかられる羽目になった

※この「兒」の解説は、「フォーチューンの海砦」の解説の一部です。
「兒」を含む「フォーチューンの海砦」の記事については、「フォーチューンの海砦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「児」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「児」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



児と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

児のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



児のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォーチューンの海砦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS