行進間射撃とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 行進間射撃の意味・解説 

【行進間射撃】(こうしんかんしゃげき)

戦車などにおいて、走行中に射撃をすること。
停止時からの射撃比較すると命中させるのがはるかに難しいが、その分敵の攻撃からも回避しやすくなる。
命中させるには高度な射撃管制装置照準装置兵員練度要求され、行進間射撃の成績によって、その国の兵器戦力乗員練度見極めることもできる。

アメリカヤキマ訓練場にて、陸上自衛隊90式戦車が行進間射撃にも関わらず、3000m先の標的初弾命中させたのは有名な話。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行進間射撃」の関連用語

行進間射撃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



行進間射撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2020 Weblio RSS