煙突とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 煙突の意味・解説 

えん‐とつ【煙突/×烟突】

読み方:えんとつ

燃料燃焼させるための通風の役をし、その際に発生する煤煙(ばいえん)を空中排出するための筒状設備。けむ出し煙筒

料金着服するなどの目的でタクシーの運転手空車標示のまま客を乗せて走ること。


煙突(えんとつ)

煙を外に導き出す、または通風役割をする筒。ログハウスで煙突が必要なのは薪ストーブ。壁が木であることから、設置の際は、壁、屋根接す部分は必ず二重煙突とし、耐熱理を確実に行うこと。外部へ出し方には、屋根からと壁からの2種類があるが、まっすぐに立ち上がっているほうが、煙の引きがよく、ストーブ熱効率上がるといわれている。

煙 突

煙突
煙突の記号は、とくに大きなものをあらわしてます。
この記号は、煙突とその影、けむりを組み合わせ記号しました
1:25,000地形図常陸鹿島
茨城県神栖町付近の地形図

工場地帯の煙突群の画像

工場地帯の煙突群;茨城県神栖市
えんとつ





煙突

作者ラムジー・キャンベル

収載図書クリスマス13の戦慄
出版社新潮社
刊行年月1988.11
シリーズ名新潮文庫


煙突

作者山川方夫

収載図書夏の葬列
出版社集英社
刊行年月1991.5
シリーズ名集英社文庫

収載図書山川方夫全集 第5巻 最初の秋
出版社筑摩書房
刊行年月2000.8

収載図書山川方夫全集 1 安南の王子
出版社筑摩書房
刊行年月2000.9


煙突

読み方:えんたつ

  1. 烟管ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・山梨県
  2. 喫煙。〔第四類 言語動作
  3. 煙草。又は喫煙の事「えんとつ」の転訛。「えんた」参照

分類 山梨県


煙突

読み方:えんとつ

  1. 煙管。〔第六類 器具食物
  2. 煙草煙管「えんた」参照

煙突

読み方:けぶだし

  1. (一)煙に燻ぶされて苦しき思をなす。(二)転じて窮屈、目の瘤などいふ場合に用ゐらる。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

煙突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 04:23 UTC 版)

煙突(えんとつ)とは、燃焼の過程で排出されるガスが持つ上昇気流を風による外乱から守り、燃焼を促進させる筒状の構造物である。人体に不快・有害ななどが屋内で拡散するのを防ぐ効果もある。なお、通常の煙突は英語でチムニー(chimney)というが、船舶の煙突はファンネル(funnel)という[1]


  1. ^ a b Q20:煙突のマーク:文字や模様の意味は?”. 日本船主協会. 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ 「煙突、テント材料で開発/太陽工業 日立造船重さ、コンクリ製の10分の1」日経産業新聞』2018年6月26日(環境・エネルギー・素材面)2018年6月27日閲覧
  3. ^ 管野浩 編 『雑学おもしろ事典』日東書院、1991年、211頁。 
  4. ^ 山根一眞監修 『日本のもと : 技術』講談社、2011年11月、69頁。ISBN 978-4-06-282690-7 
  5. ^ 「非常に寂しい」 尾鷲三田工事所 煙突の撤去ほぼ完了 三重”. 伊勢新聞. 2020年12月8日閲覧。
  6. ^ 125 形状さまざま、客船の化粧煙突”. 日本船主協会. 2019年9月30日閲覧。


「煙突」の続きの解説一覧

煙突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 02:24 UTC 版)

金剛型戦艦」の記事における「煙突」の解説

金剛竣工時、煙突の高さが3本とも同じであり1番煙突の排煙艦橋逆流する問題があったそのため他の同型艦と同様1番煙突を高めた。しかしこれでも十分でなく金剛比叡には1924年大正13年)ころに三日月形キャップ設置されている。

※この「煙突」の解説は、「金剛型戦艦」の解説の一部です。
「煙突」を含む「金剛型戦艦」の記事については、「金剛型戦艦」の概要を参照ください。


煙突(えんとつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 09:15 UTC 版)

ダントツ」の記事における「煙突(えんとつ)」の解説

控え、または7番を打つ長身外野手愛称そのままエントツ」。物語序盤三郎丸投球肋骨に受け骨折左投左打

※この「煙突(えんとつ)」の解説は、「ダントツ」の解説の一部です。
「煙突(えんとつ)」を含む「ダントツ」の記事については、「ダントツ」の概要を参照ください。


煙突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:16 UTC 版)

ソーラー・アップドラフト・タワー」の記事における「煙突」の解説

煙突は内外空気温度差によって生じ煙突効果によって煙突内に上昇気流発生させる発電所心臓部である。構造上部から下部迄同じ太さ円筒状のパイプ直立させた形状で、パイプ内径空気の低摩擦損失最小になるように高さに対する比を最適化する。煙突内に生じ気流エネルギーは煙突の高さに比例するため、高さ5003000mの煙突が想定されている。またエネルギーは煙突内外温度差にほぼ比例するメガワット級のソーラー・アップドラフト・タワーでは、コレクタ部で内部温度外部温度より35〜約30K 高くなるこれにより煙突内に発生する風は内部で作業支障をきたさない風速15ms-1程度になるように設計されている。メガワット級の発電所では煙突材料強度コスト寿命入手しやすさからコンクリート選ばれる。しかし地震が多い地域では他の材料での建設が必要となる。 煙突で作られる気流エネルギーはその高さに比例するため高い煙突の建設提案されているが高い煙突は建設費高く、また耐震性低くギリシャのように地震が多い国では建設困難である。そこでギリシャChristos Papageorgiou気球で煙突を作るアイデア提案している。それによると、ヨットの帆の材料として長く使われているポリエステル繊維長さ3000m内径100m円筒パイプ状の気球作りその中空気より軽いガス入れて膨らませる。この膨らんだ円筒気球一端をコレクター固定する他端ガス浮力浮き上がり高さ3000mの煙突となる。ガスとしてはヘリウム水素やアンモニアガスなどが考えられるコスト的にはアンモニアふさわしい。この構造の煙突は20m/秒以上の強風が吹ず砂嵐台風大雪などない場所利用できるPapageorgiouはこの発電システムFloating Solar Chimneys (FSCs) と名付けた

※この「煙突」の解説は、「ソーラー・アップドラフト・タワー」の解説の一部です。
「煙突」を含む「ソーラー・アップドラフト・タワー」の記事については、「ソーラー・アップドラフト・タワー」の概要を参照ください。


煙突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:20 UTC 版)

火力発電」の記事における「煙突」の解説

高熱による上昇気流原理排気上方導き上空排出させる。煙突の高さが高いほど、排出ガス中に含まれる大気汚染物質濃度は、地表到達するまでに拡散されることから排出ガス濃度そのもの低減対策脱硫脱硝集塵など)に加えて煙突の高さを高くする対策広く推奨されてきた。ただし、煙突の高さを高くしても大気汚染物質削減効果はない。 発電所では、60 m - 200 m級が主に採用される航空法によって60 mを超える建造物は、航空機からの視認のため外観目立たせるよう(赤白など)義務付けられている。発電所によっては展望台設けた塔のような構造にしたり、ライトアップ可能にしたりするなど、発電所シンボル存在となっている。

※この「煙突」の解説は、「火力発電」の解説の一部です。
「煙突」を含む「火力発電」の記事については、「火力発電」の概要を参照ください。


煙突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 21:50 UTC 版)

浅草火力発電所」の記事における「煙突」の解説

発電所燃料は、引き続き石炭用いられた。浅草当時繁華街であったことから環境の悪化を防ぐ為に、66mもの高さ(当時は日本一)を誇る鋼鉄製煙突が建設され浅草名物として親しまれた。折しも浅草公園名物であった凌雲閣同一区内最大の電力利用者であったが、関東大震災罹災した震災倒壊せず残った三本煙突は、大正15年1926年)に千住火力発電所移設された。新たに建設され1本とあわせ4本になり、後にお化け煙突」の異名知られた

※この「煙突」の解説は、「浅草火力発電所」の解説の一部です。
「煙突」を含む「浅草火力発電所」の記事については、「浅草火力発電所」の概要を参照ください。


煙突(4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 23:09 UTC 版)

富岡製糸場」の記事における「煙突(4代目)」の解説

現存する煙突は4代目で高さ37.5m、直径2.5mの鉄筋コンクリート造経年劣化進んでおり煙突上部炭素繊維シート応急処置施している。大地震竜巻などの突風倒壊するおそれも指摘されており、保存修理工事が必要となるが、コロナ禍の影響見学収入減少しているため富岡市費用調達のためクラウドファンディングCF)で寄付募っている。

※この「煙突(4代目)」の解説は、「富岡製糸場」の解説の一部です。
「煙突(4代目)」を含む「富岡製糸場」の記事については、「富岡製糸場」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「煙突」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

煙突

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 05:50 UTC 版)

名詞

えんとつ

  1. 戸外に排出するための装置一般的には長い立てたもの。

翻訳


「煙突」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



煙突と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「煙突」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



煙突のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2022 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの煙突 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの金剛型戦艦 (改訂履歴)、ダントツ (改訂履歴)、ソーラー・アップドラフト・タワー (改訂履歴)、火力発電 (改訂履歴)、浅草火力発電所 (改訂履歴)、富岡製糸場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの煙突 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS