アトリウムとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 住宅用語 > アトリウムの意味・解説 

アトリウム

もともとは古代ローマ邸宅にあった広間のことで、屋根中央部天窓があり、床に石を敷き、中央雨水を受ける水盤を置いた。今日では、ホテルオフィスロビーマンションエントランスなどに設け開放的吹抜け空間を指す。吹抜け空間の上部にガラス屋根かかっていたり、屋内庭園のようになっている

アトリウム

【英】:atrium

古代ローマ前庭回廊で囲まれた付近総称。床はタイル張り屋根がないのが普通。商談接客利用されていたと思われる現代建築では,屋根壁面ガラス張り巨大吹き抜け空間のことを主としてアトリウムと呼ぶ。

アトリウム 【atrium】

初期キリスト教建築会堂設け前庭(他の建築では中庭などにいう)。中央噴水井戸があり信者が身を清めた。アトンアテン

アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/15 07:57 UTC 版)

アトリウム(atrium)は、ガラスアクリルパネルなど光を通す材質の屋根で覆われた大規模な空間のこと。内部公開空地ともいう。


  1. ^ a b 森口 1924, pp. 10-11
  2. ^ 池田 2009, p. 221
  3. ^ 池田 2009, p. 15
  4. ^ 池田 2009, p. 16; 記載の3点を挙げている。
  5. ^ 辻本 & ダーリング 2003, p. 33
  6. ^ Gallio 2009, 表2の図; Atrium の箇所。空間は残っているが、回廊部分は周囲の建造物に取り込まれている。
  7. ^ 森口 1924, 図解3。“羅馬の聖彼得寺”の図表より。


「アトリウム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アトリウム」の関連用語

アトリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アトリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2019 All rights reserved
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS