アトリウムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アトリウムの意味・解説 

アトリウム【atrium】


アトリウム


アトリウム 【atrium】


アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 04:28 UTC 版)

アトリウム(atrium)は、ガラスアクリルパネルなど光を通す材質の屋根で覆われた大規模な空間のこと。内部公開空地ともいう。


  1. ^ a b 森口 1924, pp. 10-11
  2. ^ 池田 2009, p. 221
  3. ^ 池田 2009, p. 15
  4. ^ 池田 2009, p. 16; 記載の3点を挙げている。
  5. ^ 辻本 & ダーリング 2003, p. 33
  6. ^ Gallio 2009, 表2の図; Atrium の箇所。空間は残っているが、回廊部分は周囲の建造物に取り込まれている。
  7. ^ 森口 1924, 図解3。“羅馬の聖彼得寺”の図表より。


「アトリウム」の続きの解説一覧

アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:22 UTC 版)

局舎エントランスホール全面窓から盛岡市総合アリーナを望むことができる。報道番組では、県内市町イベントPR部隊来社した際のインタビュースペースとして使用されているかつては特別番組で、ニューススタジオでは手狭な場合にアトリウムをメインスタジオとして使用する例が多く見られたが(年末特番選挙開票速報など)、現在は制作番組減少もあり使われることはまれで、セミナーなどイベント会場として活用されることが多い。

※この「アトリウム」の解説は、「岩手めんこいテレビ」の解説の一部です。» 「岩手めんこいテレビ」の概要を見る


アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:54 UTC 版)

2機のエレベーターと、3体のタイムキーパー巨大な彫像聳え立つ長大な吹き抜け空間ロキシルヴィによって本部戻された際には、タイムキーパー彫像から、1体の別彫像となっている。

※この「アトリウム」の解説は、「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の解説の一部です。» 「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の概要を見る


アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 07:07 UTC 版)

5・6デッキ吹抜け部分の、上部より水が流れる泉(但し「クリスタル・ハーモニー」運航末期は、故障により流していなかった)が、時間帯によって色が変わる自光式の構造物置き換えられた。

※この「アトリウム」の解説は、「飛鳥II」の解説の一部です。» 「飛鳥II」の概要を見る


アトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:49 UTC 版)

正面ホールのような位置づけカレッジショップはアトリウム内にある。

※この「アトリウム」の解説は、「アボンデールカレッジ」の解説の一部です。» 「アボンデールカレッジ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アトリウム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アトリウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アトリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアトリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岩手めんこいテレビ (改訂履歴)、マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧 (改訂履歴)、飛鳥II (改訂履歴)、アボンデールカレッジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS