パティオとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > パティオの意味・解説 

パティオ【(スペイン)patio】

読み方:ぱてぃお

スペイン風屋敷中庭

「パティオ」に似た言葉

パティオ


パティオ

作者奥田英朗

収載図書マドンナ
出版社講談社
刊行年月2002.10

収載図書マドンナ
出版社講談社
刊行年月2005.12
シリーズ名講談社文庫


パティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 14:39 UTC 版)

パティオパテオ(Patio、Pateo)とは、




「パティオ」の続きの解説一覧

パティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 09:24 UTC 版)

中庭」の記事における「パティオ」の解説

パティオ(スペイン語: patio)はスペイン語で「裏庭」を意味し食事娯楽供され屋外空間であり、住居隣接していて舗装されていることが多い。スペイン風住居見られるような屋根のない中庭を指す場合や、住居庭園間の舗装され部分を指す場合がある。 パティオは一般にコンクリートまたは石の厚板基礎として作られている。基礎圧縮したストーンチップ、砂の層、セメント・モルタルの層などから成るオーストラリアインドでは、バルコニーベランダをパティオと呼ぶことが多い。 フィンランドオウルでは、パブレストラン屋外飲食スペースをパティオと呼ぶ通常このようなスペーステラスと呼ぶのが一般的だが、フィンランドではその語は滅多に使われないモロッコではパティオをもつ古建築利用したリヤドという宿泊施設欧米富裕な旅行者の間で人気

※この「パティオ」の解説は、「中庭」の解説の一部です。
「パティオ」を含む「中庭」の記事については、「中庭」の概要を参照ください。


パティオ(PATIO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 19:01 UTC 版)

ニフティサーブ」の記事における「パティオ(PATIO)」の解説

フォーラム会議室機能転用したものであり、実質的にフォーラム同等の会議室1つ持つことが出来たホームパーティより管理機能豊富で特定のIDからのアクセス禁止した管理者承認した利用者のみが利用できるようなアクセス制御可能であった

※この「パティオ(PATIO)」の解説は、「ニフティサーブ」の解説の一部です。
「パティオ(PATIO)」を含む「ニフティサーブ」の記事については、「ニフティサーブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パティオ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パティオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パティオ」の関連用語

パティオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パティオのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2023 All rights reserved
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2023 engei.net all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2023 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパティオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中庭 (改訂履歴)、ニフティサーブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS