地階とは? わかりやすく解説

地階

読み方:ちかい

「地階」は建築基準法施行令第一条において定義される「床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの三分の一以上のもの」。かんたんに言えば地面より下に床があって床面から地面までの高さが床天井の高さの3分の1以上の割合占めている階。「半地下」や「中地1階」も建築基準法上は地階として扱われる

ち‐かい【地階】

読み方:ちかい

建築で、地盤面より下設けられた階。

「地階」に似た言葉

地階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 18:42 UTC 版)

地階(ちかい)は、建物の階の呼称。


  1. ^ 第7章 総合治水対策の計画”. 目黒区. 2020年7月7日閲覧。


「地階」の続きの解説一覧

地階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:23 UTC 版)

ホワイトハウス」の記事における「地階」の解説

グラウンドフロアGround FloorセンターホールCenter Hall、地階 1) 中央ホールレジデンス地階の中心東西に貫く幅約5m全長約49mのホール形状廊下天井アーチ状になっているホール東端イーストウイング来訪者ロビーに通じ、西端にはウエストウィング柱廊一部を成すパームルーム (Palm Room) につながる。 ディプロマティック レセプションルーム(Diplomatic Reception Room、地階 2) 外交官応接室南庭からの入り口で、信任状捧呈式に臨む各国大使到着口として使用されるフランクリン・ルーズベルト大統領は、この部屋暖炉前から炉辺雑談 (Fireside chats)」と呼ばれる定期的なラジオ談話行ったマップルームMap Room、地階 3) 第28大統領ウィルソンや第30代大統領クーリッジの頃は、ビリヤード台置かれた娯楽室だったが、第二次世界大戦中フランクリン・ルーズベルト大統領はこれを戦況報告室として使用し、各戦線状況表示させる地図掲示させていたことからマップルーム呼ばれるようになった。現在は大統領ファーストレディ個人的なミーティング使用されているチャイナルームChina Room、地階 4) ここでのチャイナとは中国では無く磁器食器のことで、外国元首とのディナー使われる高級磁器食器保管しているホワイトハウス食器室である。ウィルソン大統領イーディス夫人歴代大統領磁器食器コレクション展示したことからチャイナルーム呼ばれるようになった全体に赤い色調特徴的なこの部屋には、歴代大統領時代磁器が年代順に展示されている。 バーメイルルーム(Vermeil Room、地階 5) 1956年にマーガレット・トンプソン・ビドル夫人残したバーメイル(英語版)(金めっきした銀)のコレクション展示したことからこう呼ばれるようになった。また黄色基調とした装飾から「ゴールデンルーム (The Gold Room)』と呼ばれることもある。エレノア・ルーズベルトジャクリーン・ケネディレディーバード・ジョンソンパトリシア・ニクソンナンシー・レーガンの各ファーストレディ肖像画展示されている。現在は式典などで女性控え室として使用されているキッチンKitchen、地階 6) 厨房大統領家族食事の他、ホワイトハウス公式晩餐会料理調理しており、常勤料理人5名(うちパティシエ1名)と約20名のパートタイムスタッフ働いている軽食からフルコースディナーまで作りディナー140人分オードブルなら1000名分以上を提供することができる。 ホワイトハウス キューレーターズ オフィスWhite House Curator’s Office、地階 7) ホワイトハウス学芸員室。第35大統領夫人ジャクリーン・ケネディが、1961年ホワイトハウス歴史博物館とすることを訴えたことで設置された。ホワイトハウス学芸員は、ホワイトハウスが所蔵する1万4000以上の歴史的価値のある調度品美術品管理修復している。 ライブラリーLibrary、地階 8) 書斎。元々洗濯部屋として使われていたこの部屋は、セオドア・ルーズベルト大統領による改修でポーカールームに改装され、さらにフランクリン・ルーズベルトのときに書斎改装された。1973年3月主要国首脳会議起こりとなった「ライブラリー・グループ」4か国アメリカ合衆国・イギリス・西ドイツ・フランス)の最初の会合がここで持たれた。第39大統領カーターは、ルーズベルトの「炉辺雑談」にならって毎週ラジオ談話をこの部屋ら行った。 クリニックClinic、地階 9) 医務室大統領その家族やホワイトハウス職員のための診療所で、医療設備完備した診察室検査室からなるドクターズオフィスDoctor’s Office、地階 10常勤医師オフィスディプロマティック レセプションルーム地階 2 マップルーム地階 3 バーメイルルーム 地階 5 ライブラリー地階 8

※この「地階」の解説は、「ホワイトハウス」の解説の一部です。
「地階」を含む「ホワイトハウス」の記事については、「ホワイトハウス」の概要を参照ください。


地階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:34 UTC 版)

盛岡駅」の記事における「地階」の解説

在来線地下改札廃止され地下改札内通路改装され盛岡市東西自由通路となったまた、それに合わせて駅地下街「盛岡ステーションデパートパルモ”」もリニューアルされ、運営会社盛岡ステーションビル盛岡ターミナルビル吸収合併されたこともあり店名駅ビルの「フェザン」に統一された

※この「地階」の解説は、「盛岡駅」の解説の一部です。
「地階」を含む「盛岡駅」の記事については、「盛岡駅」の概要を参照ください。


地階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/20 14:48 UTC 版)

三重県立図書館」の記事における「地階」の解説

閉架書庫 - 非公開収納力はおよそ100万冊である。書庫収納されている最も古い新聞1885年明治18年)のもので、江戸時代和装本巻物収蔵している。

※この「地階」の解説は、「三重県立図書館」の解説の一部です。
「地階」を含む「三重県立図書館」の記事については、「三重県立図書館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地階」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「地階」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

地階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホワイトハウス (改訂履歴)、盛岡駅 (改訂履歴)、三重県立図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS