来訪者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 来訪者の意味・解説 

らいほう‐しゃ〔ライハウ‐〕【来訪者】

読み方:らいほうしゃ

訪ねてきた人。「―名簿

[補説] 書名別項。→来訪者


らいほうしゃ〔ライハウシヤ〕【来訪者】


来訪者

作者阿刀田高

収載図書ナポレオン狂
出版社講談社
刊行年月1986.3
シリーズ名講談社語文

収載図書短篇集 3
出版社双葉社
刊行年月1996.5
シリーズ名双葉文庫

収載図書遠い迷宮阿刀田高傑作短編集
出版社集英社
刊行年月2007.9
シリーズ名集英社文庫


来訪者

作者唯川恵

収載図書とける、とろける
出版社新潮社
刊行年月2008.3


来訪者

作者永井荷風

収載図書荷風小説 7
出版社岩波書店
刊行年月1986.11


来訪者

作者ロアルド・ダール

収載図書来訪者
出版社早川書房
刊行年月1989.10
シリーズ名ハヤカワ・ミステリ文庫


来訪者

作者木下順一

収載図書人形
出版社影書房
刊行年月1992.12


来訪者

作者横田順弥

収載図書宇宙生物ゾーン異形コレクション 15
出版社広済堂出版
刊行年月2000.3
シリーズ名広済堂文庫


来訪者

作者シャルル=ルイ・フィリップ

収載図書堀口大學全集 補巻 2(飜訳作品 2) 復刻版
出版社日本図書センター
刊行年月2001.12

収載図書小さな町で
出版社みすず書房
刊行年月2003.12
シリーズ名大人本棚

収載図書フイリツプ短篇集
出版社ゆまに書房
刊行年月2008.2
シリーズ名昭和初期世界名作翻訳全集


来訪者

作者早乙女

収載図書来訪者
出版社かんぽうサービス
刊行年月2004.6


来訪者

作者星新一

収載図書大活日本SF名作集成
出版社リブリオ出版
刊行年月2005.4
シリーズ名大きな活字読みやすい


来訪者

作者横田順彌

収載図書押川春浪回想
出版社出版芸術社
刊行年月2007.5
シリーズ名ふしぎ文学館


来訪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/18 14:21 UTC 版)

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」の記事における「来訪者」の解説

フェアリーテールシステムにより、現実に投影されゲームのキャラクター総称正式名称は『ビジター』。特別な者にアドミニストレーションビジターなどがある。

※この「来訪者」の解説は、「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」の解説の一部です。
「来訪者」を含む「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」の記事については、「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」の概要を参照ください。


来訪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/11 06:11 UTC 版)

PigeonBlood」の記事における「来訪者」の解説

美作 祥輔(みまさか しょうすけ) 声 - 佐藤タカ 身長183cm。大財閥中核美芳(みよし)グループ次男であり、来訪者四人の中でリーダー格存在美作家は桐島家縁戚でもある華やかで美し容姿柔らかい口調とは裏腹に、その言動一貫して悪辣頭脳明晰口が達者だが、それは主に他者陥れる為に役立てられる和樹悪趣味なゲーム」を持ちかけた張本人趣味日本画で、何度か瑞樹個展訪れたこともある。その際に和樹の姿を見かけていた。 橘 裕也たちばな ゆうや) 声 - 髭内悪太 185cm。名門である財閥次男後継ぎではないが「昭和怪物」と呼ばれた祖父・玄七郎から目をかけられ育った非力中性的外見和樹を「お嬢ちゃん」「子鹿ちゃん」と呼び蔑んでいる。恵まれた体格持ち主で、並大抵人間では敵わない腕力有する基本的に出され食事には文句つけない主義生前瑞樹狩り誘ったことがあるノ宮 透(ゆきのみや とおる) 声 - 634 178cm。大財閥宮家次男美作のように和樹に対して直接的な行動をとる事はないが、和樹困っていても特に助けようとせず、傍観者的立場を貫く。桐島家全体に対してあまり良い印象を持っていないらしく、シニカルな言動が多い。綺麗なもの・美しいものが好きで水沢ピアノの腕を高く評価している。家族と大変折り合い悪く、家に寄りつこうとしない水沢 博嗣(みずさわ ひろつぐ) 声 - 清風涼 173cm。名門財閥である水沢家長男外見によらずピアノ特技セミプロ級のを持っているものの、その演奏他者聞かれるのは苦手。四人の中で比較真っ当な精神の持ち主であるが、そうである故に和樹から若干舐めた態度取られてしまい、そのこと不服思っている手先が器用であり、機械の修繕が得意。四人乗っていた車が不調に見舞われ際そ修理買って出た

※この「来訪者」の解説は、「PigeonBlood」の解説の一部です。
「来訪者」を含む「PigeonBlood」の記事については、「PigeonBlood」の概要を参照ください。


来訪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 00:08 UTC 版)

山梔窩」の記事における「来訪者」の解説

来訪日は南僊日録記載池尻左衛門覃 ) 嘉永5年1852年12月19日,久留米,明善堂教官,正四位,文久三年1863年七卿落ちに伴い幽囚,明治11年1878年11月13日死亡元治元年1864年禁門の変敗走し,7月21日真木保臣天王山自決した池尻四郎養子。 舟曳大弐大滋嘉永6年1853年6月6日,久留米,舟曳伊勢守大枝久留米大石神社神職の子歌人でもあり後に玉垂宮司。弘化4年1847年死亡説があり『淵上兄弟94記載の訪問日については誤り可能性がある。舟曳大滋死亡日 延寿王院信全 嘉永6年1853年9月17日,太宰府 宮崎阿波宮崎阿波信教嘉永6年1853年11月6日,三潴,従四位,三潴郡蛭池三島神社神職,明善堂教官,真木保臣が国学,和歌を学ぶ。 僧 素芳 嘉永6年1853年11月15日薩摩 小野加賀 安政元年1854年9月18日,大宰府,真木保臣実弟である。 鈴木重胤 安政元年1854年7月12日,江戸 加藤常吉 安政2年1854年2月26日,久留米,京都天王山真木保臣自刃,正五位> 山本実 安政2年1855年4月17日,久留米 田中河内介 安政3年1856年5月11日,京都,中山家臣,寺田屋事件後に薩摩藩囚われ,文久2年1862年5月1日大坂出発,日向に向かう播磨灘船上田中河内介父子斬殺され,縄で縛られた遺体海に捨てられ小豆島上がる大橋陶庵 安政6年1859年5月14日,江戸,大橋順庵の養子 松村 松村大成の子安政7年1860年9月26日,肥後 松村大真 松村大成の子安政7年1860年7月22日,肥後,寺田屋事件関わる半田吉 安7年1860年11月2日,久留米文久3年1863年天誅組挙兵するも敗れ長州潜伏元治元年1864年7月19日,禁門の変負傷後,鷹司邸にて自刃31歳平野国臣文久元年1861年10月15日,10月23日,10月20日,11月29日計6回来訪。正四位 水野 万延2年1861年7月21日,久留米正剛とも。水野正名丹後,渓雲斎)の弟。明治元年1868年5月,応変隊長,箱館戦争関わる明治2年1869年横浜からの帰途中に遭難7月10日死亡清河八郎 文久元年1861年12月6日,出羽庄内 轟武兵ヱ 万延2年1861年12月12日,肥後,寺田屋事件関わる正四位 安積五郎 文久2年1862年1月5日,江戸,正五位 柴山愛次郎 文久2年1862年2月1日,薩摩,寺田屋事件にて死亡橋口壮助(介)文久2年1862年2月1日,薩摩,寺田屋事件にて死亡宮部鼎蔵 文久2年1862年3月5日,肥後,池田屋事件にて死亡正四位 今島勝蔵 日付記録無し,因幡 伊牟田尚平 日付記録無し,藩/国記無し,

※この「来訪者」の解説は、「山梔窩」の解説の一部です。
「来訪者」を含む「山梔窩」の記事については、「山梔窩」の概要を参照ください。


来訪者(らいほうしゃ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 18:30 UTC 版)

DADDYFACE」の記事における「来訪者(らいほうしゃ)」の解説

来たりて訪なう者たち。かつて究極文明として、石や木で作った宇宙船飛ばし銀河渡り歩き、偽りの太陽をも浮かべ技術持った神の如き種族数億種の知性種率いた絶対導き手。かつて地球において一大拠点築きあげ超科学産物である数々の痕跡残した

※この「来訪者(らいほうしゃ)」の解説は、「DADDYFACE」の解説の一部です。
「来訪者(らいほうしゃ)」を含む「DADDYFACE」の記事については、「DADDYFACE」の概要を参照ください。


来訪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 04:29 UTC 版)

1839年のエグリントン・トーナメント」の記事における「来訪者」の解説

エグリントン卿は大衆(の来訪)を歓迎する発表した彼は可能であれば中世風の派手なドレスを要求しチケット無料だが申請必要があるとした。好調な人出予想されエグリントン競馬大会で概ね最大1500人の地元観衆獲得した彼は4000人の群衆想定して賓客向けの特別観覧席快適な座席手配した彼は報道機関各社無償チケット提供を通知した新聞各紙読者ブリテン諸島社会全域から、エグリントン卿にチケット要請する反響返ってきた。20-100人のパーティ参加チケット要求する数百通の手紙が、8月中ずっとエグリントン城に届いたこれらの手紙1000通が現存しており、嘆願逸話中世衣装約束トーリー党への同情といった文章で溢れているエグリントン卿はこの申し込み受け入れ要求されチケット発行し一大イベントに向けて計画練った人出予想より2桁大きく最終的には群衆10万人と推定された)地区交通宿泊施設大幅に上回ってしまった。近郊の町アーバインにはホテル1つしかなく、個人宅非常に高い価格請求して観光客受け入れた大会当日の朝、エグリントン城への道早くも渋滞していた。エアからグラスゴーへの道 (30マイル)は端から端まで埋め尽くされ馬車も道に捨てられて所有者徒歩で向かっていた。1839年8月一般開業したばかりの現地鉄道 (Glasgow, Paisley, Kilmarnock and Ayr Railway) が城から僅か数マイル保証する唯一の輸送だったので、人々切符求めて競いあった。宿舎取れなかった一部人達は、観覧席の下や木の幹穴で最初の夜を過ごしたとも言われているトーナメント参加者や彼らの積荷積み込んだ外輪船乗り込んでロンドンからやってきた者もいた。

※この「来訪者」の解説は、「1839年のエグリントン・トーナメント」の解説の一部です。
「来訪者」を含む「1839年のエグリントン・トーナメント」の記事については、「1839年のエグリントン・トーナメント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「来訪者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「来訪者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「来訪者」の関連用語

来訪者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



来訪者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (改訂履歴)、PigeonBlood (改訂履歴)、山梔窩 (改訂履歴)、DADDYFACE (改訂履歴)、1839年のエグリントン・トーナメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS