低周波音とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音響 > > 低周波音の意味・解説 

低周波音 (ていしゅうはおん)

 低い周波数音のことで、超低周波音を含めた90Hz前後以下のものを指す場合があり、その場合は低周波空気振動同意語として使用されている。低いというのは相対的意味合いであり、騒音場合数百Hz以下の音についていうこともある。

低周波音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 07:23 UTC 版)

低周波音(ていしゅうはおん)とは、一般に周波数100 Hz以下のを指す[1]。したがって、ヒト聴覚では感知できないような低い周波数の音も含まれるが、そのような音でも振動などとして感知できる場合がある。多くの楽器において基音が含まれる周波数帯域であり、音楽において重要な音域である。電気的な音楽再生においては、この帯域をより正確に容易に再生するべくサブウーファーなどの導入が試みられる場合がある。


  1. ^ この定義は、1980年デンマークで行われた国際会議に基づく。
  2. ^ エコキュート、事故調査対象に 「低周波音で健康被害」2012/12/09 19:44 共同通信


「低周波音」の続きの解説一覧



低周波音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「低周波音」の関連用語

低周波音のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



低周波音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの低周波音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS