絵図とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 絵図 > 絵図の意味・解説 

え‐ず〔ヱヅ〕【絵図】

読み方:えず

家屋土地庭園などの平面図絵図面

絵。絵画


絵図

読み方:エズ(ezu)

絵画化され地図


絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 01:03 UTC 版)

絵図(えず)とは、主に以下の意味を持つ。




「絵図」の続きの解説一覧

絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 06:18 UTC 版)

白井城」の記事における「絵図」の解説

寛政4年1792年)までに作成され白井城絵図がある。

※この「絵図」の解説は、「白井城」の解説の一部です。
「絵図」を含む「白井城」の記事については、「白井城」の概要を参照ください。


絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 22:59 UTC 版)

図像資料」の記事における「絵図」の解説

絵図を用いた著作には、黒田前掲『姿としぐさの中世史』のほか 水本邦彦『絵図と景観近世校倉書房2002年5月ISBN 4-751-73300-1。 杉森哲也描かれ近世都市山川出版社日本史リブレット〉、2003年12月ISBN 4-634-54440-7。 仁木宏戦国時代村と町のかたち』山川出版社日本史リブレット〉、2004年2月ISBN 4-634-54260-9。 があり、集落論や歴史地理学研究地域の変遷考察する際に欠くことのできない参考文献である。また、国土地理院古地図コレクション」では、国土地理院が所蔵する古地図等をカテゴリ別に分類公開している。 ややくだけたガイドブック的なものとしては、 菅井靖雄『広重三都めぐり - 京絵図大全大坂細見図・御江戸大絵図で歩く 京・大坂・江戸近江人文社2006年11月ISBN 4-795-91912-7。 森山悦乃・松村真佐子『広重諸国六十余州景色大日本国細図・名所図会で巡る』人文社2005年9月ISBN 4-795-91910-0。 などがある。 図録全国各地博物館公文書館から各種のものが発行されている。なかでも神戸市立博物館編集古地図セレクション神戸市立博物館—』 は内外古地図資料の優品を掲載している。 また、絵図を日本史教育用いた授業実践には次のような事例がある。 渡辺賢二実物・絵図でまなぶ日本近現代史』地歴社、1993年9月ISBN 4-88527-129-0。

※この「絵図」の解説は、「図像資料」の解説の一部です。
「絵図」を含む「図像資料」の記事については、「図像資料」の概要を参照ください。


絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 02:56 UTC 版)

川越城」の記事における「絵図」の解説

川越城図(楽只堂年録26巻の内)(公益財団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会)は、楽只堂年録元禄7年1694年9月15日条に収められており、近世川越城描いた最古の城絵図とされている

※この「絵図」の解説は、「川越城」の解説の一部です。
「絵図」を含む「川越城」の記事については、「川越城」の概要を参照ください。


絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 15:20 UTC 版)

岩村城」の記事における「絵図」の解説

享保3年1718年12月17日城主松平乗賢が、石垣修理のため幕府提出した絵図と平面図岐阜県指定重要文化財となっており、岩村歴史資料館展示されている。

※この「絵図」の解説は、「岩村城」の解説の一部です。
「絵図」を含む「岩村城」の記事については、「岩村城」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「絵図」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

絵図

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:49 UTC 版)

名詞

 (えず)

  1. 家屋土地庭園などを平面図描いたもの。絵図面
  2. 絵画
  3. 中世近世地図類の総称

「絵図」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



絵図と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「絵図」の関連用語

絵図のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絵図のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絵図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白井城 (改訂履歴)、図像資料 (改訂履歴)、川越城 (改訂履歴)、岩村城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの絵図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS