細密画とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > > 細密画の意味・解説 

さいみつ‐が〔‐グワ〕【細密画】

対象細部まで緻密(ちみつ)に描いた絵画

ミニアチュール2


ミニアチュール

(細密画 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/24 04:21 UTC 版)

ミニアチュール:miniature)または彩画(さいが)・細密画(さいみつが)とは、古代・中世の絵付き写本に収録された挿絵である。語源はラテン語のminium(鉛丹)。初期の写本の赤色インクに鉛丹が使われていたことにちなむ。中世のミニアチュールは小さいものが多かったため、「minute(微細な)」などが語源であると誤解され、小さいサイズのイラストを指してミニアチュールと呼ばれるようになった。ミニアチュールの翻訳語として細密画という表現が採用されたのもこれに由来する[1]


  1. ^ ミニアチュールは小さい模型などを指すミニチュアと同じ言葉で、前者はフランス語からの発音借用、後者は英語からの発音借用である。


「ミニアチュール」の続きの解説一覧




細密画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「細密画」の関連用語

細密画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



細密画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミニアチュール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS