北海とは? わかりやすく解説

ほっかい【HOKKAI】〔ホクカイ〕


ほっ‐かい〔ホク‐〕【北海】

読み方:ほっかい

【一】北方の海。北洋

【二】North Sea英国とオランダ・ドイツ・デンマーク・ノルウェーなどとに囲まれる海域大部分大陸棚で、漁場多く石油・天然ガス産する


北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 16:02 UTC 版)

北海(ほっかい、英語: North Seaドイツ語: Nordseeフランス語: Mer du Nordオランダ語: Noordzeeデンマーク語: Nordsøenノルウェー語: Nordsjøen)は、大西洋の付属海。古名はゲルマン海ラテン語: Mare Germanicum英語: German Ocean)。


  1. ^ a b About the North Sea: Key facts”. Safety at Sea project: Norwegian Coastal Administration (2008年). 2008年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月2日閲覧。
  2. ^ Ray, Alan; G. Carleton, Jerry McCormick-Ray (2004) (Digitized by Google Books online). Coastal-marine Conservation: Science and Policy (illustrated ed.). Blackwell Publishing. p. 262. ISBN 0632055375, 9780632055371. https://books.google.co.jp/books?id=E7xLaYVGEF4C&pg=PA262&dq=%22North+Sea%22+watershed&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月21日閲覧。 
  3. ^ Chapter 5: North Sea (PDF)”. Environmental Guidebook on the Enclosed Coastal Seas of the World. International Center for the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas (2003年). 2008年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月24日閲覧。
  4. ^ Calow, Peter (1999). Blackwell's Concise Encyclopedia of Environmental Management. Blackwell Publishing. ISBN 0632049510. https://books.google.co.jp/books?id=L7V-JtHroGkC&pg=PA100&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月26日閲覧。 
  5. ^ Ostergren, Robert Clifford; John G. Rice (2004) (Digitized by Google Books online). The Europeans: A Geography of People, Culture, and Environment. Bath, UK: Guilford Press. p. 62. ISBN 0898622727. https://books.google.co.jp/books?id=wgPSUQ873scC&pg=PA62&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月10日閲覧。 
  6. ^ Dogger Bank. Maptech Online MapServer. (1989–2008). http://mapserver.maptech.com/homepage/index.cfm?lat=54.74456315454079&lon=2.3527509224287115&scale=1500000&zoom=50&type=0&icon=0&width=498&height=498&searchscope=dom&CFID=1719760&CFTOKEN=33728793&scriptfile=http://mapserver.maptech.com/homepage/index.cfm&latlontype=DMS 2007年7月20日閲覧。 
  7. ^ Met Office: Flood alert!”. Met office UK government (2006年11月28日). 2006年12月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月2日閲覧。
  8. ^ a b c Wefer, Gerold; Wolfgang H. Berger; K. E. Behre; Eystein Jansen (2002) [2002]. Climate Development and History of the North Atlantic Realm: With 16 Tables. Springer. pp. 308–310. ISBN 3-540-43201-9. https://books.google.co.jp/books?id=NACgnCN_jaEC&pg=PA308&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月4日閲覧。 
  9. ^ Morin, Rene (2008年10月2日). “Social, economical and political impact of Weather (PDF)”. EMS annual meeting. 2008年12月4日閲覧。
  10. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p117 河出書房新社、2012年。
  11. ^ Coastal Flooding: The great flood of 1953. Investigating Rivers. http://www.naturegrid.org.uk/rivers/gt%20stour%20case%20study-pages/fld-cstl.html 2007年7月24日閲覧。 
  12. ^ 佐藤弘幸『図説 オランダの歴史』p125 河出書房新社、2012年。
  13. ^ Rosenberg, Matt (2007年1月30日). “Dykes of the Netherlands”. About.com – Geography. The New York Times. 2007年7月19日閲覧。
  14. ^ 『商業史』p20 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  15. ^ 河原温 著『ブリュージュ フランドルの輝ける宝石』p25 中公新書、2006年
  16. ^ 『ニシンが築いた国オランダ 海の技術史を読む』p27 田口一夫 成山堂書店 平成14年1月18日初版発行
  17. ^ 『魚で始まる世界史 ニシンとタラとヨーロッパ』p90-91 越智敏之 平凡社新書 2014年6月13日初版第1刷
  18. ^ 『ジョージ王朝時代のイギリス』 ジョルジュ・ミノワ著 手塚リリ子・手塚喬介訳 白水社文庫クセジュ 2004年10月10日発行 p.142-143
  19. ^ a b c Barry, M.,, Michael; Elema, Ina; van der Molen, Paul (2006) (PDF). Governing the North Sea in the Netherlands: Administering marine spaces: international issues. Frederiksberg, Denmark: International Federation of Surveyors (FIG). pp. 5–17, Ch. 5. ISBN 87-90907-55-8. http://www.fig.net/pub/figpub/pub36/chapters/chapter_5.pdf 2009年1月12日閲覧。 
  20. ^ About the Common Fisheries Policy. European Commission. (2008-01-24). http://ec.europa.eu/fisheries/cfp/ 2008年11月2日閲覧。 
  21. ^ Text of the UN treaty
  22. ^ North Sea Continental Shelf Cases. International Court of Justice. (1969-02-20). http://www.icj-cij.org/docket/index.php?p1=3&p2=3&k=cc&case=52&code=cs2&p3=4 2007年7月24日閲覧。 
  23. ^ 世界の港湾取扱貨物量ランキング - 国土交通省
  24. ^ World Port Rankings”. American Association of Port Authorities (2008年). 2014年11月2日閲覧。
  25. ^ Port Authority Bruges-Zeebrugge”. MarineTalk a Division of Scientia Technologies Corporation (1998–2008). 2008年12月28日閲覧。
  26. ^ The Dover Strait”. Maritime and Coastguard Agency (2007年). 2008年10月8日閲覧。
  27. ^ Kiel Canal”. Kiel Canal official website. 2008年11月2日閲覧。
  28. ^ 23390-Country Info Booklets Hebridean Spirit The Baltic East”. Hebridean Island Cruises. 2008年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年1月18日閲覧。
  29. ^ 『知られていない原油価格高騰の謎』p98 芥田知至 技術評論社 平成18年5月5日初版第1刷
  30. ^ a b Lohne, Øystein (1980). “The Economic Attraction”. The Oil Industry and Government Strategy in the North Sea. Taylor & Francis. p. 74. ISBN 0-918714-02-8. https://books.google.co.jp/books?id=jZIOAAAAQAAJ&pg=PA73&redir_esc=y&hl=ja 
  31. ^ Pratt, J. A. (1997). “Ekofisk and Early North Sea Oil”. In T. Priest, & Cas James. Offshore Pioneers: Brown & Root and the History of Offshore Oil and Gas. Gulf Professional Publishing. p. 222. ISBN 0-88415-138-7. https://books.google.co.jp/books?id=TW6yMgPdgbQC&pg=PP1&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月8日閲覧。 
  32. ^ TOTAL E&P NORGE AS – The history of Fina Exploration 1965–2000”. About TOTAL E&P NORGE > History > Fina. 2009年1月15日閲覧。
  33. ^ McKetta, John J. (1999). “The Offshore Oil Industry”. In Guy E. Weismantel. Encyclopedia of Chemical Processing and Design: Volume 67 – Water and Wastewater Treatment: Protective Coating Systems to Zeolite. CRC Press. p. 102. ISBN 0-8247-2618-9. https://books.google.com/?id=MfjDlUe8Kc0C&pg=PA102 
  34. ^ North Sea”. Country Analysis Briefs. Energy Information Administration (EIA) (2007年1月). 2008年1月23日閲覧。
  35. ^ 『石油価格はどう決まるか 石油市場のすべて』p29 甘利重治、山岡博士著 河村幹夫監修 時事通信社 2007年12月20日第1刷
  36. ^ 西欧の2大産油国の現状JPEC、2012年
  37. ^ “On This Day 6 July 1988: Piper Alpha oil rig ablaze”. BBC. (1988年7月6日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/july/6/newsid_3017000/3017294.stm 2008年11月3日閲覧。 
  38. ^ Phua, C.. “Ecological Effects of Sand Extraction in the North Sea (PDF)”. University of Porto. 2009年1月12日閲覧。
  39. ^ Rice, Patty C. (2006). Amber: Golden Gem of the Ages: Fourth Edition (4, illustrated ed.). Patty Rice. pp. 147–154. ISBN 1-4259-3849-3. https://books.google.co.jp/books?id=g6NVVpqhixIC&pg=PA153&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  40. ^ LTI-Research Group, LTI-Research Group (1998). Long-term Integration of Renewable Energy Sources Into the European Energy System. Springer. ISBN 3-7908-1104-1. https://books.google.co.jp/books?id=q9r6aYDLwkgC&pg=PA206&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  41. ^ Shankleman, Jessica. UK cuts ribbon on world's largest offshore wind farm BusinessGreen, 23 September 2010. Retrieved: 23 September 2010.
  42. ^ Thanet offshore wind farm starts electricity production BBC, 23 September 2010
  43. ^ Matthew McDermott. "Denmark Inaugurates World's Largest Offshore Wind Farm – 209 MW Horns Rev 2" Treehugger.
  44. ^ L.M.A. (1985). "Europe". In University of Chicago (ed.). Encyclopædia Britannica Macropædia. 18 (Fifteenth ed.). U.S.A.: Encyclopadia Britannica Inc. pp. 832–835. ISBN 0-85229-423-9
  45. ^ Sherman, Kenneth; Lewis M. Alexander, Barry D. Gold (1993). Large Marine Ecosystems: Stress, Mitigation, and Sustainability (3, illustrated ed.). Blackwell Publishing. pp. 252–258. ISBN 087168506X. https://books.google.co.jp/books?id=mtucgF2qOrIC&pg=RA1-PA252&redir_esc=y&hl=ja 2009年1月12日閲覧。 
  46. ^ MUMM – Fishing”. Royal Belgian Institute of Natural Sciences (2002–2008). 2008年11月29日閲覧。
  47. ^ “英皇太子がフィッシュ&チップスの未来を憂慮、持続可能な漁業訴え”. CNN News (CNN). (2012年5月14日). http://www.cnn.co.jp/fringe/30006580.html 2012年6月15日閲覧。 
  48. ^ 『ヨーロッパの北の海 北海・バルト海の歴史』p71 デヴィド・カービー、メルヤ-リーサ・ヒンカネン 玉木俊明、牧野正憲、谷澤毅,根本聡、柏倉知秀共訳 刀水書房 2011.4
  49. ^ Wong, P. P. (1993). Tourism Vs. Environment: The Case for Coastal Areas. Springer. p. 139. ISBN 0-7923-2404-8. https://books.google.co.jp/books?id=21ikixG655wC&pg=PA139&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月27日閲覧。 
  50. ^ Hall, C. Michael; Dieter K. Müller; Jarkko Saarinen (2008). Nordic Tourism: Issues and Cases. Channel View Publications. p. 170. ISBN 1-84541-093-9. https://books.google.co.jp/books?id=mxq97WB2aVQC&pg=PA170&redir_esc=y&hl=ja 2008年12月27日閲覧。 


「北海」の続きの解説一覧

北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 08:12 UTC 版)

ゲルマン人」の記事における「北海」の解説

アングロ・サクソン人イングランド人の祖)サクソン人ザクセン人とも) ジュート人ユート人とも) フリース人オランダ人の祖) ※現在フリース人少数民族今のオランダ人形作るのはサクソン系の住民である。

※この「北海」の解説は、「ゲルマン人」の解説の一部です。
「北海」を含む「ゲルマン人」の記事については、「ゲルマン人」の概要を参照ください。


北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 22:54 UTC 版)

ワイルド7」の記事における「北海」の解説

北海道警察有力者過去飛葉と何か経緯あったらしいが、詳細明らかにされていない

※この「北海」の解説は、「ワイルド7」の解説の一部です。
「北海」を含む「ワイルド7」の記事については、「ワイルド7」の概要を参照ください。


北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 08:58 UTC 版)

ジェーナス (駆逐艦・2代)」の記事における「北海」の解説

就役後はフィリップ・ジョン・マック(英語版大佐率い旗艦ジャーヴィス以下J級駆逐艦からなる本国艦隊第7駆逐艦戦隊7th Destroyer Flotilla)に配属され1939年9月第二次世界大戦勃発した後は戦隊僚艦と共に北海で活動した9月6日にはドイツから引き揚げるイギリス外交官らを乗せた客船バタヴィアBatavia)を護衛している。 1940年2月2日ジャッカル衝突事故起こしたスウェーデン船ストルフォルス(Storfors)の乗員救助した3月19日ジャーヴィスジャベリンと共にイミンガムからロサイス向かってた際にジャーヴィススウェーデントーア(Tor)と衝突事故起こし大破したため救援活動実施している。 1940年4月になると、ジェーナスはノルウェーの戦い派遣された。4月17日、ジェーナスはドイツ軍制圧され飛行場砲撃向かった重巡洋艦サフォーク護衛したダック作戦)が、サフォーク空襲大破したため撤退するサフォーク援護行った4月30日、スループビターン(英語版)が空襲を受け炎上したため、生存者救助後にビターンを雷撃処分している。 5月初めにナムソスからの撤退作戦従事した後、ジェーナスはベルギーオランダ沿岸部派遣され現地イギリス陸軍部隊支援撤退行った。北海での活動期間でジェーナスは合わせて20以上の船団護衛した

※この「北海」の解説は、「ジェーナス (駆逐艦・2代)」の解説の一部です。
「北海」を含む「ジェーナス (駆逐艦・2代)」の記事については、「ジェーナス (駆逐艦・2代)」の概要を参照ください。


北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 17:23 UTC 版)

七つの海のティコ」の記事における「北海」の解説

メルビル 声 - 阪脩 シェリルの父で、メルビル財閥会長早くに妻を亡くしている。典型的なワンマンかつ親バカだが、シェリルとの縁談を壊すまいとしたフィリップ・ビルモアの嘘を見抜いて一喝するなど、曲がったこと嫌いな一面持ちあわせている。縁談反対したジェームス激怒して一度は解雇言い渡したが、後に自らの非を認めて彼を讃えている。シェリルたちを見送る際、北極海目指すペペロンチーノ号の乗組員全員防寒具プレゼントする。 フィリップ・ビルモア 声 - 家中宏 イギリス有名大学首席卒業しメルビル財閥が所有する北海油田責任者となる。しかし、杜撰な管理祟り油田事故起こしてしまう。自身の体裁気にする性格事故の責任現場部下なすりつけ誤魔化そうとしたがメルビル父娘一瞬見抜かれてしまう。そのため掴みかけていたシェリルとの縁談メルビル財閥後継者の座をふいにしてしまい、あげく大降されてしまった模様ゴードン 声 - 佐藤浩之 フィリップ部下海底油田パイプライン点検などを行う作業員作業中海底落石によりケガをしてスコット助けてもらう。しかし直後にフィリップ命じられスコットたちの前で“(落石ではなく自分の不注意でケガをした”と嘘の証言をする。 クーバー 声 - 幹本雄之 ゴードンの上司。作業員からの無線で、海底の崖が崩れて油田パイプラインに危険が迫っていることを知りフィリップ非常警戒態勢に入るべきと伝える。しかし自身より偉い役職であるフィリップ逆らえ応急処置済まそうとする。 警備員 声 - 江川央生 シェリルと父の話を盗み聞きしていたナナミトーマス捕まえる。 女性客 声 - 松下美由紀 油田でのパーティー酔いを覚ますため外の風に当たりに甲板出た所、原油漏れて海が黒くなっているのを目撃し会場にいる人々にそれを伝える。

※この「北海」の解説は、「七つの海のティコ」の解説の一部です。
「北海」を含む「七つの海のティコ」の記事については、「七つの海のティコ」の概要を参照ください。


北海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 10:05 UTC 版)

ドイツの河川の一覧」の記事における「北海」の解説

オランダ国境からデンマーク国境へ、時計回り記載マース川※(本流河口) / オランダ・ステレンダム(ドイツ語版)ニーアス川 / オランダ・ヘネプ ルーア川 / オランダ・ルールモントヴルム川(ドイツ語版) / ハインスベルク(ドイツ語版近郊 インデ川(ドイツ語版) / ユーリッヒドイツ語版ライン川本流河口) / オランダ・フク・ファン・ホラント(ドイツ語版リッペ川 / ヴェセルアルメ川 / パーダーボルン エムシャー川(ドイツ語版) / ディンスラーケン(ドイツ語版近郊 ルール川 / デュースブルクフォルメ川 / ハーゲン近郊 レンネ川 / ハーゲン近郊 メーネ川 / アルンスベルク・ネーハイム(ドイツ語版地区 エアフト川 / ノイス ヴッパー川 / レーヴァークーゼン ジーク川 / ボンアッガー川(ドイツ語版) / ジークブルク ニスター川(ドイツ語版) / ヴィッセン アー川 (ドイツ)(ドイツ語版) / ジンツィッヒ近郊 ヴィート川(ドイツ語版) / ノイヴィート モーゼル川 / コブレンツエルツ川 (モーゼル川支流)(ドイツ語版) / モーゼルケルン(ドイツ語版アルフ川(ドイツ語版) / アルフ (ドイツ)(ドイツ語版リーザー川(ドイツ語版) / ベルンカステル=クース近郊 ザルム川(ドイツ語版) / クリュッセラート(ドイツ語版近郊 キル川 / トリーア・エーラング(ドイツ語版地区近郊 ザール川 / コンツ近郊ニード川 / レーリング=ジールスブルク(ドイツ語版近郊 プリムス川 / ディリンゲン (ザール)(ドイツ語版ブリース川 / サルグミーヌシュヴァルツ川(ドイツ語版) / ツヴァイブリュッケン近郊 サウアー川 / ヴァッサービリヒ(ドイツ語版プリューム川(ドイツ語版) / エヒタナハ近郊ニムス川(ドイツ語版) / イアレル ウール川 (ドイツ)(ドイツ語版) / ヴァレンドルフ(ドイツ語版ラーン川 / ラーンシュタインアール川(ドイツ語版) / ディーツ ヴァイル川 / ヴァイルブルク ディル川 / ヴェッツラー オーム川 / ケルベ ナーエ川 / ビンゲン・アム・ラインアルセンツ川(ドイツ語版) / バート・クロイツナハ近郊 グラーン川(ドイツ語版) / バート・ゾーベルンハイム(ドイツ語版近郊 ゼルツ川(ドイツ語版) / インゲルハイム・アム・ライン マイン川 / マインツニッダ川 / フランクフルト=ヘーヒストニッダー川 / バート・フィルベル・グローナウ(ドイツ語版地区 ヴェッター川(ドイツ語版) / ニッダタール キンツィヒ川 / ハーナウ タウバー川 / ヴェルトハイム フレンキッシェ・ザーレ川 / ゲミュンデン・アム・マイン レグニッツ川 / バンベルクヴィーゼント川 / フォルヒハイム ペグニッツ川 / フュルト レドニッツ川 / フュルトフレンキシェ・レーツァト川 / ゲオルゲンスグミュント シュヴェービシェ・レーツァト川(ドイツ語版) / ゲオルゲンスグミュント イッツ川 / バウナハ ローダッハ川 / マルクトツォイルン近郊 赤マイン川 / クルムバッハ近郊 ネッカー川 / マンハイムヤクスト川 / バート・フリードリヒスハル コッハー川 / バート・フリードリヒスハル エンツ川 / ベージヒハイムグレムス川(ドイツ語版) / マルクグレーニンゲン・ウンターリーシンゲン(ドイツ語版地区近郊 ムル川 / マールバッハ・アム・ネッカー レムス川 / レムスエック・アム・ネッカー フィルス川 / プロッヒンゲン(ドイツ語版) クヴェイヒ川(ドイツ語版) / ゲルマースハイム近郊 プフィンツ川(ドイツ語版) / ゲルマースハイム近郊 ラウター川(ドイツ語版) / ローターブール ムルク川(ドイツ語版) / ラシュタット近郊 ザール川 (ライン川支流)(ドイツ語版)(フランス語では「ソエ川」) / フランス・セルツ アッハー川(ドイツ語版) / リヒテナウ (バーデン)(ドイツ語版近郊 レンヒ川(ドイツ語版) / リヒテナウ近郊 キンツィヒ川 (ライン川支流)(ドイツ語版) / ケール近郊シュター川(ドイツ語版) / ケール近郊 エルツ川 / ラール (シュヴァルツヴァルト)(ドイツ語版近郊 ヴィーゼ川(ドイツ語版) / スイス・バーゼル ヴータッハ川(ドイツ語版) / ヴァルツフート=ティンゲン(ドイツ語版アイセル川※(アイセル湖流入) / オランダ・カンペン近郊ベルケル川 / オランダ・ズトフェン 旧アイセル川 / オランダ・ドゥースブルフ ズワールテ・ワーテル川※(アイセル湖流入) / オランダ・ゲーネマイデン(オランダ語版近郊フェヒト川 / オランダ・ズヴォレ近郊ディンケル川(ドイツ語版) / ノイェンハウス(ドイツ語版エムス川 / オランダ・デルフゼイル近郊ハーゼ川 / メッペン(ドイツ語版ヴェーザー川 / ブレーマーハーフェン近郊フンテ川 / エルスフレート(ドイツ語版) レウム川 / ブレーメン・フェーゲサック(ドイツ語版地区ヴュンメ川 / リッターフーデ アラー川 / フェルデン (アラー)ベーム川 / レーテム(ドイツ語版近郊 ライネ川 / シュヴァルムシュテット近郊インナーシュテ川 / ザルシュテット(ドイツ語版近郊 ルーメ川 / ノルトハイムオーデル川 (ルーメ川支流) / カトレンブルク=リンダウ・カトレンブルク地区 エルツェ川 / ヴィンゼン (アラー)(ドイツ語版フーゼ川 / ツェレ オーカー川 / ミュデン(ドイツ語版)シュンター川(ドイツ語版) / ブラウンシュヴァイク近郊 ヴェルレ川(ドイツ語版) / バート・エーンハウゼン ディーメル川 / バート・カールスハーフェン フルダ川 / ハン・ミュンデンエーダー川 / エーダーミュンデシュヴァルム川(ドイツ語版) / フリッツラー近郊 ハウネ川 / バート・ヘルスフェルト ヴェラ川 / ハン・ミュンデンヘルセル川 / アイゼナハ近郊 ウルシュター川 / フィリップスタール (ヴェラ) エルベ川 / クックスハーフェン近郊オステ川 / オッテルンドルフ近郊 シュテーア川(ドイツ語版) / グリュックシュタット(ドイツ語版近郊 アルスター川(ドイツ語版) / ハンブルク ビレ川(ドイツ語版) / ハンブルク近郊 イルメナウ川 / ヴィンゼン (ルーエ)(ドイツ語版近郊 イェエッツェル川(ドイツ語版) / ヒッツアッカー(ドイツ語版) レックニッツ川 (エルベ川水系)(ドイツ語版) / デーミッツ(ドイツ語版近郊エルデ川 / レンツェン(ドイツ語版近郊 アラント川(ドイツ語版) / シュナッケンブルクドイツ語版) シュテフェニッツ川 (エルベ川水系)(ドイツ語版) / ヴィッテンベルゲ(ドイツ語版ハーフェル川 / ハーフェルベルク近郊ドッセ川 / ハーフェルベルク近郊 リーン川 / ヴァルナウ(ドイツ語版近郊 プラネ川(ドイツ語版) / ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル近郊ブライトリング湖(ドイツ語版)に流入) ヌーテ川 / ポツダム シュプレー川 / ベルリン・シュパンダウ区ダーメ川 / ベルリン・トレプトウ=ケーペニック区 オフルジェ川 / ブルク・バイ・マグデブルク(ドイツ語版近郊 ザーレ川 / バルビーボーデン川 / ニーンブルク (ザーレ)(ドイツ語版) ヴィッパー川 (ザーレ川支流)(ドイツ語版) / ベルンブルク(ドイツ語版近郊 白エルスター川 / ハレ (ザーレ)近郊パーテ川(ドイツ語版) / ライプツィヒ プライセ川 / ライプツィヒ ヴァイダ川 / ゲーラ近郊 ウンシュトルト川 / ナウムブルク (ザーレ)近郊ヴィッパー川 (ウンシュトルト川支流)(ドイツ語版) / ヘルルンゲン(ドイツ語版近郊 ゲーラ川(ドイツ語版) / シュトラウスフルト(ドイツ語版イルム川 / グロースハリンゲン(ドイツ語版) シュヴァルツァ川 / ルドルシュタット(ドイツ語版)・シュヴァルツァ(ドイツ語版地区 ムルデ川 / デッサウツヴィッカウアー・ムルデ川 / コルディッツドイツ語版近郊ケムニッツ川(ドイツ語版) / ヴェクセルブルク(ドイツ語版近郊 フライベルガー・ムルデ川 / コルディッツ近郊チョッパウ川 / デーベルン(ドイツ語版近郊エルスター川 / ルターシュタット・ヴィッテンベルク近郊 ヴァイセリッツ川(ドイツ語版) / ドレスデンヴィルデ・ヴァイセリッツ川(ドイツ語版) / フライタール(ドイツ語版) ヴェセニッツ川(ドイツ語版) / ピルナ(ドイツ語版エーガー川チェコ語では「オフジェ川」または「オフルジェ川」) / チェコ・リトムニェジツェ ヴルタヴァ川※ / チェコ・ムニェルニークベロウンカ川※ / チェコ・プラハ近郊ミース川(チェコ語では「ムジェ川」) / チェコ・プルゼニ アイダー川 / テンニング(ドイツ語版)トレーネ川(ドイツ語版) / フリードリッヒシュタット(ドイツ語版

※この「北海」の解説は、「ドイツの河川の一覧」の解説の一部です。
「北海」を含む「ドイツの河川の一覧」の記事については、「ドイツの河川の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「北海」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「北海」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「北海」に関係したコラム

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北海」の関連用語

北海のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲルマン人 (改訂履歴)、ワイルド7 (改訂履歴)、ジェーナス (駆逐艦・2代) (改訂履歴)、七つの海のティコ (改訂履歴)、ドイツの河川の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS