オートマタとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オートマタの意味・解説 

オートマタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/08 14:40 UTC 版)

オートマタ: Automata [ɔːˈtɑmətə] 複数形)、オートマトンAutomaton [ɔːˈtɑməˌtɑn] 単数形)は、主に12世紀から19世紀にかけてヨーロッパ等で作られた機械人形ないしは自動人形のこと。


注釈

出典

  1. ^ 人形の文化史 2016, p. 100.
  2. ^ 竹下 2001, pp. 134-136.
  3. ^ "Philo of Byzantium." Complete Dictionary of Scientific Biography. . Retrieved December 03, 2016 from Encyclopedia.com: http://www.encyclopedia.com/science/dictionaries-thesauruses-pictures-and-press-releases/philo-byzantium
  4. ^ フィロン(ビザンチンの)”. 古代アレクサンドリア探訪. Bibliotheca Alexandrina Construction. 2016年12月3日閲覧。
  5. ^ 図説からくり 2002, pp. 50-54.
  6. ^ 図説からくり 2002, pp. 61-62.
  7. ^ 千田 2005, p. 485.
  8. ^ 図説からくり 2002, pp. 62-63.
  9. ^ 人形の文化史 2016, p. 103.
  10. ^ a b マイヤー 1997, p. 18.
  11. ^ 荒俣 1993, pp. 122-123.
  12. ^ マイヤー 1997, p. 31.
  13. ^ 図説からくり 2002, pp. 63-64.
  14. ^ 図説からくり 2002, pp. 64-65.
  15. ^ 上島 & 永島 1997, pp. 48-50.
  16. ^ 上島 & 永島 1997, pp. 7-9.
  17. ^ 竹下 2001, pp. 82-83.
  18. ^ 竹下 2001, pp. 97-98.
  19. ^ 竹下 2001, pp. 99-100.
  20. ^ La tonotechnie ou l’art de noter les cylindres, et tout ce qui est susceptible de notage dans les instruments de concerts méchaniques. 「トノテクノニー、またはシリンダー記譜法と全ての自動楽器記譜について」,ジョゼフ・アングラメル,1775年,2017年4月26日閲覧
  21. ^ 竹下 2001, pp. 101-103.
  22. ^ 人形の文化史 2016, p. 102.
  23. ^ 人形の文化史 2016, pp. 102-103.
  24. ^ 図説からくり 2002, p. 30.
  25. ^ ウッド 2004, pp. 47-50.
  26. ^ 図説からくり 2002, p. 83.
  27. ^ スタンデージ 2011, pp. 177-183.
  28. ^ 時計職人からフランスの伝統技術を伝えるオートマタ作家に
  29. ^ Him she found sweating with toil as he moved to and fro about his bellows in eager haste; for he was fashioning tripods, twenty in all, to stand around the wall of his well-builded hall, and golden wheels had he set beneath the base of each that of themselves they might enter the gathering of the gods at his wish and again return to his house, a wonder to behold. Homer, Iliad 18. 371




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートマタ」の関連用語

オートマタのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オートマタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートマタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS