小栗虫太郎とは?

小栗虫太郎(おぐり・むしたろう)

本名小栗次郎1901年(明34)年、東京神田生まれ酒問屋を営む旧家生まれる。別名覆面作家
1922年(大11)、父の遺産元に四海印刷所設立し、「紅殻駱駝の秘密」(1936年(昭11)刊行)、「魔童子」「源内焼六術和尚」(1936年(昭11)ぷろふいる)などを書く。
1926年(大15)、四海印刷所倒産後は父が残した書画骨董売りながら、生活。働く気はなかったという。
1927年(昭2)、織田清七名義で、「ある検事遺書」を「探偵趣味」に投稿発表
1933年(昭8)、病に倒れ横溝正史代打として、甲賀三郎推薦により、「完全犯罪」を「新青年」に掲載注目の的になる。
1934年(昭9)に「新青年」に掲載された「黒死館殺人事件」は日本屈指の名作として名高い機械的トリック使用しながら抽象的非現実性あふれる中世的な暗黒世界構築し、ペダントリー神秘性が一体となった作品が多い。不条理知的迷宮世界であり、結末至っても常に不可解な謎を残している。ヴァンダイン影響を受けながら、まったく異なった空間構築している。
1935年(昭10)、「白蟻」を「ぷろふいる」に発表
1936年(昭11)、第4回直木賞候補となる。この時に受賞したのは木々高太郎だった。
1937年(昭12)、海野十三木々高太郎との共同編集で「シュピオ」を創刊
1939年(昭14)、「有尾人」を「新青年」に発表
1939年(昭14)、「大暗黒」を「新青年」に発表し、第2回新青年賞を受賞
1941年(昭16)、陸軍報道班員としてマレーに赴き、橋本五郎山本周五郎行動共にするまた、戦時中長野菊芋栽培し、甘味料を採る事業没頭した。
1946年(昭21)、「ロック」に社会主義探偵小説悪霊」の第一回が書かれただけで、脳溢血により没する。後を追ってロック」に掲載されたのは横溝正史の「蝶々殺人事件」だった。



小栗虫太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/13 09:07 UTC 版)

小栗 虫太郎(おぐり むしたろう、1901年(明治34年)3月14日 - 1946年(昭和21年)2月10日)は、日本小説家推理作家、秘境冒険作家。東京都千代田区外神田出身。本名は小栗 栄次郎(おぐり えいじろう)。漢語カタカナルビと西洋の知識に彩られた、極度のペダントリー(衒学趣味)的作風で著名。代表作は、デビュー作『完全犯罪』、推理小説三大奇書の一つといわれる『黒死館殺人事件』、秘境探検小説の連作『人外魔境』など。


注釈

  1. ^ たとえば江戸川乱歩『探偵小説四十年』(江戸川 2006, pp. 242-243)など。乱歩は小栗虫太郎の未亡人に聞いた話としている。
  2. ^ 『人外魔境』(1968年)、『二十世紀鉄仮面・他』、『成吉思汗の後宮』、『完全犯罪』、『黒死館殺人事件』(以上、1969年)、『紅殻駱駝の秘密』、『絶景万国博覧会』(以上、1970年)、『成層圏魔城』(1971年)の8冊。
  3. ^ 1935年2月22日付書簡。西原和海「虫太郎とQ書簡」(小栗 2001, p. 514, 初出『彷書月刊』1989年11月号)。「九州男」は夢野久作、「大舌」は大下宇陀児、「えど川」は江戸川乱歩を暗示している。
  4. ^ 乱歩はこれに対して、「君の方がぼくより一枚上の作家じゃないか」と返したという。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 小栗宣治「小伝・小栗虫太郎」『日本探偵小説全集6 小栗虫太郎集』付録〈創元推理文庫〉(東京創元社、1987年)所収。
  2. ^ 横溝正史「小栗虫太郎に関する覚書」『白蟻 小栗虫太郎傑作選II』〈現代教養文庫〉(社会思想社、1976年)。
  3. ^ 川口則弘 『直木賞物語』 バジリコ2014年1月11日、29頁。ISBN 978-4-86238-206-1 
  4. ^ 小栗 1977, pp. 305-307, 松山俊太郎「解題」.
  5. ^ 松山 2012, p. 402.
  6. ^ 松山 2012, p. 403.
  7. ^ 小栗虫太郎関連資料について”. 成蹊大学図書館 (2017年4月13日). 2017年7月2日閲覧。
  8. ^ 江戸川 2006, p. 243.
  9. ^ 小栗 1987, p. 付録8, 小栗宣治「小伝・小栗虫太郎」.
  10. ^ a b 鮎川 1990, p. 233.
  11. ^ 江戸川 2006, p. 242.
  12. ^ 小栗 1987, p. 714, 戸川安宣「編集後記」.
  13. ^ 鮎川 1990, p. 230.
  14. ^ 鮎川 1990, p. 235.
  15. ^ 鮎川 1990, pp. 236-237.
  16. ^ 乾信一郎 『「新青年」の頃』 早川書房1991年11月15日、186頁。ISBN 4-15-203498-X 
  17. ^ 小栗 1977, pp. 319-323, 松山俊太郎「解説」.
  18. ^ a b c 横溝正史「小栗虫太郎とピンチヒッター」(『朝日新聞』昭和48年4月23日)。
  19. ^ a b 横溝正史『蝶々殺人事件』あとがき(昭和22年5月)。


「小栗虫太郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小栗虫太郎」の関連用語

小栗虫太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小栗虫太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小栗虫太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS