駱駝とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 駱駝の意味・解説 

らく だ [0] 【駱

ラクダ科哺乳類のうち、ヒトコブラクダフタコブラクダをさす。肩高2メートル 内外ほどの大形草食獣。背のこぶに養分貯蔵し、鼻孔を閉じることができる。足の裏は丸く広がった肉質部があって砂の上を歩くのに適し、長時間を飲まずにいられるなど、砂漠の生活によく適応した体をもつ。家畜化歴史古く古代より「砂漠の船」とよばれて乗用運搬用に使われ、毛・皮・肉・乳も利用された。北アフリカ・西アジア・モンゴルなどに分布する。
ラクダの毛から製する繊維柔らか温かいので冬の肌着コートなどとする。 「 -のシャツ
近世、形ばかり大きく品質の劣るもの。 「にしやあおれをば-のさつま芋だと思ふか/歌舞伎御国入曽我中村
落語の一。河豚ふぐ)で死んだ「駱駝の馬」という無頼漢兄弟分が、通りかかった屑屋をおどして死骸を踊らせて大家などを強請ゆす)るが、酔いまわった屑屋逆におどされる。二人で死骸を入れたをかついで焼場に行くが途中で死骸落とし願人坊主間違えに入れる。


駱駝

読み方:ラクダ(rakuda)

偶蹄目ラクダ類の


らくだ 【駱駝】

ウシ目ラクダ科ラクダ属総称。人に従順なので、キリスト教では、ラクダ人類の罪を背負ったキリストなぞらえる。また「倹約」「忍耐」の象徴ともする。を飲む姿や、砂漠に立つ姿からの連想である。

駱駝

読み方:ラクダ(rakuda)

ラクダ科ラクダ属動物総称


駱駝

読み方:らくだ

  1. 〔情〕楽だの意。夫婦連れ立つて歩くことにも云ふ。「オシドリ」「複数」と同じ。駱駝を「楽だ」に通じ、楽しみといふ場合にも使はれる。
  2. 背部或は夫婦同伴にて行くこと。〔京都
  3. 背中或いは夫婦同伴にてゆくこと。

分類 京都、情


駱駝

読み方:らくだ

  1. 背部。〔第二類 人物風俗

駱駝

読み方:らくだ

  1. 夫婦連れ立ちて行くこと。京阪方言
  2. 夫婦つれだつて道を歩くことをいふ。「らく(楽)だ」即ち「お楽み」であるといふ洒落からいつたものである。〔情事語〕
  3. 夫婦つれだつて道を歩くことをいふ。「らく(楽)だ」即ち「お楽み」であるといふ洒落からいつたものである
  4. 同伴で歩くこと。
  5. 夫婦つれだつて歩くことをいふ。「お楽み」をらくと洒落た言葉

分類 ルンペン大阪京阪俗語情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

駱駝

読み方:ラクダ(rakuda)

作者 中里恒子

初出 昭和52年

ジャンル 小説


駱駝

読み方:ラクダ(rakuda)

作者 萩原朔太郎

初出 大正13年

ジャンル


ラクダ

(駱駝 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/08 05:41 UTC 版)

ラクダ駱駝)は、哺乳類ウシ目偶蹄目)・ラクダ科ラクダ属 Camelus動物の総称。西アジア原産で背中に1つのコブ(瘤)を持つヒトコブラクダ Camelus dromedarius と、中央アジア原産で2つのコブをもつフタコブラクダ Camelus ferus の2種が現存する。砂漠などの乾燥地帯に最も適応した家畜であり、古くから乾燥地帯への人類の拡大に大きな役割を果たしている。


注釈

  1. ^ らくだ (落語)を参照。

出典

  1. ^ BZN vol.60 : OPINION 2027 (Case 3010)”. 2008年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  2. ^ Camelus ferus (Bactrian Camel, Wild Bactrian Camel)”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources.. 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  3. ^ The National Science Museum,Tokyo”. 国立科学博物館. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  4. ^ 堀内 2015, pp. 80-89.
  5. ^ Kiple & Ornelas 2004, pp. 519-520.
  6. ^ a b マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 p.93.
  7. ^ Kiple & Ornelas 2004, p. 526.
  8. ^ 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、p68
  9. ^ Bactrian Camel: Camelus bactrianus”. National Geographic. 2012年11月28日閲覧。
  10. ^ Hare, J.. “Camelus ferus”. IUCN Redlist. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2018年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  11. ^ Bernstein, William J. (2009). A Splendid Exchange: How Trade Shaped the World. p. 56. ISBN 9780802144164. 
  12. ^ Mukasa-Mugerwa, E. (1981 pages=1, 3, 20–21, 65, 67–68). The Camel (Camelus Dromedarius): A Bibliographical Review. International Livestock Centre for Africa Monograph. 5. Ethiopia: International Livestock Centre for Africa
  13. ^ Camel Milk”. Milk & Dairy Products. FAO's Animal Production and Health Division (2012年9月25日). 2013年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月6日閲覧。
  14. ^ Abokor, Axmed Cali (1987). The Camel in Somali Oral Tradition. Nordic Africa Institute. pp. 7, 10–11. ISBN 9789171062697. 
  15. ^ Drought threatening Somali nomads, UN humanitarian office says”. UN News Centre (2003年11月14日). 2012年12月7日閲覧。 “A four-year drought is threatening the lives of Somali nomads, and those of the camel herds on which they depend for transportation and milk”
  16. ^ Farah, K. O.; Nyariki, D. M.; Ngugi, R. K.; Noor, I. M.; Guliye, A. Y. (2004). “The Somali and the Camel: Ecology, Management and Economics”. Anthropologist 6 (1): 45–55. オリジナルの2016-03-04時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160304194526/http://www.mbali.info/doc265.htm. "Somali pastoralists are a camel community...There is no other community in the world where the camel plays such a pivotal role in the local economy and culture as in the Somali community. According to the UN Food and Agriculture Organization (FAO, 1979) estimates, there are approximately 15 million dromedary camels in the world" 
  17. ^ Fedewa, Jennifer L. (2000). "Camelus bactrianus". Animal Diversity Web. University of Michigan Museum of Zoology. Retrieved 4 December 2012
  18. ^ a b Dolby, Karen (2010-08-10). You Must Remember This: Easy Tricks & Proven Tips to Never Forget Anything, Ever Again. Random House Digital, Inc. p. 170. ISBN 9780307716255. 
  19. ^ Bactrian Camel”. Denver Zoo. 2013年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  20. ^ Kiple & Ornelas 2004, pp. 518-519.
  21. ^ a b 【世界発2018】豪州 隠れたラクダ大国/野生化30万頭 政府「産品輸出を支援」乳製品からスキンケアまで/もとは「アフガン」一時駆除/輸送業の歴史「誇り」朝日新聞』朝刊2018年5月15日(国際面)2019年5月25日閲覧。
  22. ^ Webster, George (2010年2月9日). “Dubai diners flock to eat new 'camel burger'”. CNN World. CNN. 2012年12月7日閲覧。
  23. ^ Saalfeld, W.K.; Edwards, GP (2008). “Ecology of feral camels in Australia” (DKCRC Report 47). Managing the impacts of feral camels in Australia: a new way of doing business. Alice Springs: Desert Knowledge Cooperative Research Centre. ISBN 1741580943. ISSN 18326684. http://www.desertknowledgecrc.com.au/resource/DKCRC-Report-47-Managing-the-impacts-of-feral-camels-in-Australia_A-new-way-of-doing-business.pdf. 
  24. ^ Pople, A.R.; McLeod, S.R.. “Demography of Australian feral camels in Central Australia and its relevance to population control”. The Rangeland Journal 32: 11–19. doi:10.1071/RJ09053. http://www.publish.csiro.au/paper/RJ09053 2011年6月6日閲覧。. 
  25. ^ Tsai, Vivian (2012年9月14日). “Australia Culls 100,000 Feral Camels To Limit Environmental Damage, Many More Will Be Killed”. U.S. Edition. International Business Times. 2012年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月1日閲覧。
  26. ^ 『サハラが結ぶ南北交流』(世界史リブレット60)p9 私市正年 山川出版社 2004年6月25日1版1刷
  27. ^ a b c d フェイガン 2016, pp. 225-243.
  28. ^ 週刊朝日百科世界の地理99 アフリカ西部諸国』朝日新聞社 昭和60年9月15日 p10-236
  29. ^ “インド、ダルフールにラクダ部隊派遣へ”. AFPBB NEWS. (2007年11月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/2315639 2015年1月4日閲覧。 
  30. ^ 堀内 1992, pp. 58-59.
  31. ^ 堀内 1992, p. 74.
  32. ^ “干ばつに強く栄養価高い「ラクダの乳」、世界的ヒットなるか ケニア”. AFPBB News. https://www.afpbb.com/articles/-/2812359 2015年1月4日閲覧。 
  33. ^ 話題の「ラクダ」食品、世界に売り込み”. CNN (2014年11月6日). 2015年1月4日閲覧。
  34. ^ 次のスーパー食品ラクダ乳の力”. ニューズウィーク日本語版 (2014年9月10日). 2015年1月4日閲覧。
  35. ^ a b Rebecca Keenan (2018年5月24日). “The World Wants More Camel Milk. Australia Can Help”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/features/2018-05-23/the-world-wants-more-camel-milk-australia-can-help 2018年10月18日閲覧。 
  36. ^ “世界初、ラクダ乳が原料の粉ミルク UAEで販売へ”. CNN. (2018年2月22日). https://www.cnn.co.jp/business/35115069.html 2018年10月18日閲覧。 
  37. ^ 『アフリカを食べる』pp208-209 松本仁一 朝日新聞社 1998年8月1日第1刷発行
  38. ^ 『世界の食文化〈2〉中国』p189 周達生著、石毛直道監修 農山漁村文化協会、2003年12月
  39. ^ a b Book 1, Number 0184”. Purification (Kitab Al-Taharah). Center for Muslim-Jewish Engagement. 2011年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。25 December閲覧。 “Narrated Al-Bara' ibn Azib: The Messenger of Allah (peace_be_upon_him) was asked about performing ablution after eating the flesh of the camel. He replied: Perform ablution, after eating it. He was asked about performing ablution after eating meat. He replied: Do not perform ablution after eating it. He was asked about saying prayer in places where the camels lie down. He replied: Do not offer prayer in places where the camels lie down. These are the places of Satan. He was asked about saying prayer in the sheepfolds. He replied: You may offer prayer in such places; these are the places of blessing.”
  40. ^ 『ラクダの文化誌 アラブ家畜文化考』p8 堀内勝 リブロポート 1986年3月25日初版第1刷
  41. ^ Heinemann, Moshe. “Cholov Yisroel: Does a Neshama Good”. Kashrus Kurrents. Star-K. 2015年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  42. ^ 『アラブ首長国連邦(UAE)を知るための60章』pp88-89 細井長編著 明石書店 2011年3月18日初版第1刷発行
  43. ^ 「ラクダ・レースのジョッキーたち」縄田浩志/『サウジアラビアを知るための65章』所収 p153 中村覚編著 明石書店 2007年7月30日初版第1刷
  44. ^ “新時代のラクダレースはロボット騎手が対決”. AFPBB News. (2010年2月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/2694081 2013年2月12日閲覧。 
  45. ^ Christie-Miller, Alexander (2011年1月27日). “Turkey: Tradition of Camel Wrestling Making a Comeback”. EurasiaNet. http://www.eurasianet.org/node/62784 2011年2月17日閲覧。 
  46. ^ “闘牛ならぬ「闘ラクダ」、新年祝う伝統行事 アフガニスタン”. AFPBB News. (2011年3月25日). https://www.afpbb.com/articles/-/2791900 2015年1月3日閲覧。 
  47. ^ 『アフリカを食べる』pp209-210 松本仁一 朝日新聞社 1998年8月1日第1刷発行
  48. ^ “ラクダに乗って気分は中東!メキシコの観光地”. AFPBB NEWS. (2012年7月1日). http://www.afpbb.com/articles/-/2887207 2015年1月3日閲覧。 
  49. ^ 鳥取県観光案内 とっとり旅の生情報”. 公益社団法人 鳥取県観光連盟. 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  50. ^ イスラーム契約のシャリーア(イスラーム法)適合性 - 平成30年度土木学会 小林潔司会長情報発信プロジェクト 基礎知識 08_2018.10 月版
  51. ^ 『イスラーム世界がよくわかるQ&A100』/第6章 Q82:カフェでトランプをしているようですが、お金を賭けているのでしょうか。 - AA研
  52. ^ 坂本勉『イスラーム巡礼』p50 (岩波新書、2000) ISBN 4-00-430677-9
  53. ^ 堀内 2015, pp. 110-111.


「ラクダ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駱駝」の関連用語

駱駝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



駱駝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラクダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS