ラクダ ラクダの概要

ラクダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 20:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ラクダ

ヒトコブラクダ(上)、フタコブラクダ(家畜種)(中)、フタコブラクダ(野生種) (英語版)(下)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄類 Artiodactyla
: ラクダ科 Camelidae
: ラクダ属 Camelus
学名
Camelus
Linnaeus1758
Camelus dromedarius Linnaeus1758
Camelus bactrianus Linnaeus1758
Camelus ferus Przhewalski, 1878
ラクダの生息域 }

分類

フタコブラクダは古くから家畜種 Camelus bactrianus Linnaeus1758 が知られていた。19世紀後半に、ロシア人の探検家ニコライ・プルジェワーリスキー(プルツェワルスキー)が中央アジアで野生の個体群を発見し、Camelus ferus Przhewalski, 1878 と命名した。この二つは最近まではどちらも Camelus bactrianus に含まれていたが、2003年動物命名法国際審議会は、C. ferus を保全名とし、より古い C. bactrianus に対して有効であるとの裁定を下した[3](Opinion 2027)。これは野生種と家畜種とを同種として扱う場合には C. ferus としなければならないことを示しており、IUCNレッドリストにおいては C. bactrianusC. ferusシノニムとして扱われている[4]

その後、C. bactrianusC. ferus は、近縁ではあるが別種としてみなされている[5][6][7][8][9][10][11]。それぞれのフタコブラクダを和名でどう呼ぶのかは未定である。

体の構造

ヒトコブラクダのコブの中身(脂肪)。国立科学博物館の展示[12]

背中のコブの中には脂肪が入っており、エネルギーを蓄えるだけでなく、断熱材として働き、をほとんどかかないラクダの体温が日射によって上昇し過ぎるのを防ぐ役割もある。いわば、皮下脂肪がほとんど背中に集中したような構造であり、日射による背中からの熱の流入を妨げつつ、背中以外の体表からの放熱を促す。「コブの中に水が入っている」というのは、長期間乾燥に耐えることから誤って伝えられた迷信に過ぎない。ただし、水を一度に80リットル程度摂取することが可能である。出生時にコブは無く、背中の将来こぶになる部分は皮膚がたるんでいる。つまり脂肪を蓄える袋だけがある状態で生まれてくる。

ラクダは砂漠のような乾燥した環境に適応しており、水を飲まずに数日間は耐えることができる。砂塵を避けるため、鼻の穴を閉じることができ、目は長い睫毛(まつげ)で保護されている。哺乳類には珍しく瞬膜を完全な形で備えている。また、塩性化の進行した地域における河川の水など塩分濃度の非常に高い水でも飲むことができる。さらに胼胝と呼ばれる皮膚が分厚く角質化した箇所が左右の前脚の付け根、後脚の、胸の5か所にある。胼胝は断熱性に優れ、ここを接地して座れば高温に熱された地面の影響を受けることなく休むことが出来る[13]。 Wild Bactrian camel は、他のラクダ類も耐えられない、海水よりも塩分の強い水を水分として確保できる唯一の哺乳類である。

他の偶蹄目の動物と同様、ラクダは側対歩(交互に同じ側面の前後肢を出して歩く)をする。しかし、偶蹄目の特徴が必ずしも全て当てはまるわけではなく、偶蹄目の他の動物などのように、胴と大腿部の間に皮が張られてはいない。また、同様に反芻を行うウシ亜目(反芻亜目)は4室のをもつが、ラクダには第3の胃と第4の胃の区別がほとんどない。従来ラクダ科を含むラクダ亜目は反芻をしないイノシシ亜目と反芻するウシ亜目の中間に置かれていた。しかし遺伝子解析による分析では、ラクダ亜目は偶蹄目の中でもかなり早い時期にイノシシ亜目とウシ亜目の共通祖先と分岐しており、同じように反芻をするウシヒツジヤギなどは、ラクダ科よりもむしろイノシシ科カバ科クジラ目の方に近縁であることが明らかになっている。

ラクダの(ひづめ)は小さく、指は2本で、5本あったうちの中指と薬指が残ったものである。退化した蹄に代わり、脚の裏は皮膚組織が膨らんでクッション状に発達している。これは歩行時に地面に対する圧力を分散させて、脚が砂にめり込まないようにするための構造で、雪上靴やかんじきと同じ役割を持つ。砂地においては、蹄よりもこちらの構造が適しているのである。


注釈

  1. ^ らくだ (落語)を参照。

出典

  1. ^ Burger, P.; Silbermayr, K.; Charruau, P.; Lipp, L.; Dulamtseren, E.; Yadmasuren, A.; Walzer, C.. Genetic status of wild camels (Camelus ferus) in Mongolia. in press. 
  2. ^ Chuluunbat, B.; Charruau, P.; Silbermayr, K.; Khorloojav, T.; Burger, P. A. (2014). “Genetic diversity and population structure of Mongolian domestic Bactrian camels (Camelus bactrianus)”. Anim Genet 45: 550–558. doi:10.1111/age.12158. PMC: 4171754. PMID 24749721. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4171754/. 
  3. ^ BZN vol.60 : OPINION 2027 (Case 3010)”. 2008年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  4. ^ Camelus ferus (Bactrian Camel, Wild Bactrian Camel)”. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources.. 2012年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  5. ^ Silbermayr, K.; Orozco-terWengel, P.; Charruau, P.; Enkhbileg, D.; Walzer, C.; Vogl, C.; Schwarzenberger, F.; Kaczensky, P. et al. (2010-06-01). “High mitochondrial differentiation levels between wild and domestic Bactrian camels: a basis for rapid detection of maternal hybridization” (英語). Animal Genetics 41 (3): 315–318. doi:10.1111/j.1365-2052.2009.01993.x. ISSN 1365-2052. PMID 19968638. 
  6. ^ Ji, R.; Cui, P.; Ding, F.; Geng, J.; Gao, H.; Zhang, H.; Yu, J.; Hu, S. et al. (2009-08-01). “Monophyletic origin of domestic bactrian camel (Camelus bactrianus) and its evolutionary relationship with the extant wild camel (Camelus bactrianus ferus)” (英語). Animal Genetics 40 (4): 377–382. doi:10.1111/j.1365-2052.2008.01848.x. ISSN 1365-2052. PMC: 2721964. PMID 19292708. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2721964/. 
  7. ^ Burger, Pamela Anna (2016-04-05). “The history of Old World camelids in the light of molecular genetics” (英語). Tropical Animal Health and Production 48 (5): 905–913. doi:10.1007/s11250-016-1032-7. ISSN 0049-4747. PMC: 4884201. PMID 27048619. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4884201/. 
  8. ^ Mohandesan, Elmira; Fitak, Robert R.; Corander, Jukka; Yadamsuren, Adiya; Chuluunbat, Battsetseg; Abdelhadi, Omer; Raziq, Abdul; Nagy, Peter et al. (2017-08-30). “Mitogenome Sequencing in the Genus Camelus Reveals Evidence for Purifying Selection and Long-term Divergence between Wild and Domestic Bactrian Camels” (英語). Scientific Reports 7 (1): 9970. doi:10.1038/s41598-017-08995-8. ISSN 2045-2322. PMC: 5577142. PMID 28855525. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5577142/. 
  9. ^ Burger, P., Silbermayr, K., Charruau, P., Lipp, L., Dulamtseren, E., Yadmasuren, A. and Walzer, C. (in press). Genetic status of wild camels (Camelus ferus) in Mongolia.
  10. ^ See, for example: Hare (2008) and Potts (2004)
  11. ^ Cui, Peng; Ji, Rimutu; Ding, Feng; Qi, Dan; Gao, Hongwei; Meng, He; Yu, Jun; Hu, Songnian et al. (2007-01-01). “A complete mitochondrial genome sequence of the wild two-humped camel (Camelus bactrianus ferus): an evolutionary history of camelidae”. BMC Genomics 8: 241. doi:10.1186/1471-2164-8-241. ISSN 1471-2164. PMC: 1939714. PMID 17640355. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1939714/. 
  12. ^ The National Science Museum,Tokyo”. 国立科学博物館. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  13. ^ 堀内 2015, pp. 80-89.
  14. ^ Kiple & Ornelas 2004, pp. 519-520.
  15. ^ a b マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 p.93.
  16. ^ Kiple & Ornelas 2004, p. 526.
  17. ^ 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、p68
  18. ^ Bactrian Camel: Camelus bactrianus”. National Geographic. 2012年11月28日閲覧。
  19. ^ Hare, J.. “Camelus ferus”. IUCN Redlist. International Union for Conservation of Nature and Natural Resources. 2018年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  20. ^ Bernstein, William J. (2009). A Splendid Exchange: How Trade Shaped the World. Grove Press. p. 56. ISBN 9780802144164 
  21. ^ Mukasa-Mugerwa, E. (1981 pages=1, 3, 20–21, 65, 67–68). The Camel (Camelus Dromedarius): A Bibliographical Review. International Livestock Centre for Africa Monograph. 5. Ethiopia: International Livestock Centre for Africa
  22. ^ Camel Milk”. Milk & Dairy Products. FAO's Animal Production and Health Division (2012年9月25日). 2013年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月6日閲覧。
  23. ^ Abokor, Axmed Cali (1987). The Camel in Somali Oral Tradition. Nordic Africa Institute. pp. 7, 10–11. ISBN 9789171062697 
  24. ^ Drought threatening Somali nomads, UN humanitarian office says”. UN News Centre (2003年11月14日). 2012年12月7日閲覧。 “A four-year drought is threatening the lives of Somali nomads, and those of the camel herds on which they depend for transportation and milk”
  25. ^ Farah, K. O.; Nyariki, D. M.; Ngugi, R. K.; Noor, I. M.; Guliye, A. Y. (2004). “The Somali and the Camel: Ecology, Management and Economics”. Anthropologist 6 (1): 45–55. オリジナルの2016-03-04時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160304194526/http://www.mbali.info/doc265.htm. "Somali pastoralists are a camel community...There is no other community in the world where the camel plays such a pivotal role in the local economy and culture as in the Somali community. According to the UN Food and Agriculture Organization (FAO, 1979) estimates, there are approximately 15 million dromedary camels in the world" 
  26. ^ Fedewa, Jennifer L. (2000). "Camelus bactrianus". Animal Diversity Web. University of Michigan Museum of Zoology. Retrieved 4 December 2012
  27. ^ a b Dolby, Karen (2010-08-10). You Must Remember This: Easy Tricks & Proven Tips to Never Forget Anything, Ever Again. Random House Digital, Inc. p. 170. ISBN 9780307716255 
  28. ^ Bactrian Camel”. Denver Zoo. 2013年5月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  29. ^ Kiple & Ornelas 2004, pp. 518-519.
  30. ^ a b 【世界発2018】豪州 隠れたラクダ大国/野生化30万頭 政府「産品輸出を支援」乳製品からスキンケアまで/もとは「アフガン」一時駆除/輸送業の歴史「誇り」朝日新聞』朝刊2018年5月15日(国際面)2019年5月25日閲覧。
  31. ^ Webster, George (2010年2月9日). “Dubai diners flock to eat new 'camel burger'”. CNN World. CNN. 2012年12月7日閲覧。
  32. ^ Saalfeld, W.K.; Edwards, GP (2008). “Ecology of feral camels in Australia” (DKCRC Report 47). Managing the impacts of feral camels in Australia: a new way of doing business. Alice Springs: Desert Knowledge Cooperative Research Centre. ISBN 1741580943. ISSN 18326684. http://www.desertknowledgecrc.com.au/resource/DKCRC-Report-47-Managing-the-impacts-of-feral-camels-in-Australia_A-new-way-of-doing-business.pdf 
  33. ^ Pople, A.R.; McLeod, S.R.. “Demography of Australian feral camels in Central Australia and its relevance to population control”. The Rangeland Journal 32: 11–19. doi:10.1071/RJ09053. http://www.publish.csiro.au/paper/RJ09053 2011年6月6日閲覧。. 
  34. ^ Tsai, Vivian (2012年9月14日). “Australia Culls 100,000 Feral Camels To Limit Environmental Damage, Many More Will Be Killed”. U.S. Edition. International Business Times. 2012年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月1日閲覧。
  35. ^ a b APPENDICES ワシントン大学
  36. ^ 『サハラが結ぶ南北交流』(世界史リブレット60)p9 私市正年 山川出版社 2004年6月25日1版1刷
  37. ^ a b c d フェイガン 2016, pp. 225-243.
  38. ^ 週刊朝日百科世界の地理99 アフリカ西部諸国』朝日新聞社 昭和60年9月15日 p10-236
  39. ^ “インド、ダルフールにラクダ部隊派遣へ”. AFPBB NEWS. (2007年11月22日). http://www.afpbb.com/articles/-/2315639 2015年1月4日閲覧。 
  40. ^ 堀内 1992, pp. 58-59.
  41. ^ 堀内 1992, p. 74.
  42. ^ “干ばつに強く栄養価高い「ラクダの乳」、世界的ヒットなるか ケニア”. AFPBB News. https://www.afpbb.com/articles/-/2812359 2015年1月4日閲覧。 
  43. ^ 話題の「ラクダ」食品、世界に売り込み”. CNN (2014年11月6日). 2015年1月4日閲覧。
  44. ^ 次のスーパー食品ラクダ乳の力”. ニューズウィーク日本語版 (2014年9月10日). 2015年1月4日閲覧。
  45. ^ a b Rebecca Keenan (2018年5月24日). “The World Wants More Camel Milk. Australia Can Help”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/features/2018-05-23/the-world-wants-more-camel-milk-australia-can-help 2018年10月18日閲覧。 
  46. ^ “世界初、ラクダ乳が原料の粉ミルク UAEで販売へ”. CNN. (2018年2月22日). https://www.cnn.co.jp/business/35115069.html 2018年10月18日閲覧。 
  47. ^ 『アフリカを食べる』pp208-209 松本仁一 朝日新聞社 1998年8月1日第1刷発行
  48. ^ 『世界の食文化〈2〉中国』p189 周達生著、石毛直道監修 農山漁村文化協会、2003年12月
  49. ^ a b Book 1, Number 0184”. Purification (Kitab Al-Taharah). Center for Muslim-Jewish Engagement. 2011年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。25 December閲覧。 “Narrated Al-Bara' ibn Azib: The Messenger of Allah (peace_be_upon_him) was asked about performing ablution after eating the flesh of the camel. He replied: Perform ablution, after eating it. He was asked about performing ablution after eating meat. He replied: Do not perform ablution after eating it. He was asked about saying prayer in places where the camels lie down. He replied: Do not offer prayer in places where the camels lie down. These are the places of Satan. He was asked about saying prayer in the sheepfolds. He replied: You may offer prayer in such places; these are the places of blessing.”
  50. ^ 『ラクダの文化誌 アラブ家畜文化考』p8 堀内勝 リブロポート 1986年3月25日初版第1刷
  51. ^ Heinemann, Moshe. “Cholov Yisroel: Does a Neshama Good”. Kashrus Kurrents. Star-K. 2015年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月7日閲覧。
  52. ^ 『アラブ首長国連邦(UAE)を知るための60章』pp88-89 細井長編著 明石書店 2011年3月18日初版第1刷発行
  53. ^ 「ラクダ・レースのジョッキーたち」縄田浩志/『サウジアラビアを知るための65章』所収 p153 中村覚編著 明石書店 2007年7月30日初版第1刷
  54. ^ “新時代のラクダレースはロボット騎手が対決”. AFPBB News. (2010年2月12日). https://www.afpbb.com/articles/-/2694081 2013年2月12日閲覧。 
  55. ^ Christie-Miller, Alexander (2011年1月27日). “Turkey: Tradition of Camel Wrestling Making a Comeback”. EurasiaNet. http://www.eurasianet.org/node/62784 2011年2月17日閲覧。 
  56. ^ “闘牛ならぬ「闘ラクダ」、新年祝う伝統行事 アフガニスタン”. AFPBB News. (2011年3月25日). https://www.afpbb.com/articles/-/2791900 2015年1月3日閲覧。 
  57. ^ 『アフリカを食べる』pp209-210 松本仁一 朝日新聞社 1998年8月1日第1刷発行
  58. ^ “ラクダに乗って気分は中東!メキシコの観光地”. AFPBB NEWS. (2012年7月1日). http://www.afpbb.com/articles/-/2887207 2015年1月3日閲覧。 
  59. ^ 鳥取県観光案内 とっとり旅の生情報”. 公益社団法人 鳥取県観光連盟. 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  60. ^ Wehr, Hans. Arabic English Dictionary of Modern Written Arabic (hw4). 1993.
  61. ^ イスラーム契約のシャリーア(イスラーム法)適合性 - 平成30年度土木学会 小林潔司会長情報発信プロジェクト 基礎知識 08_2018.10 月版
  62. ^ 『イスラーム世界がよくわかるQ&A100』/第6章 Q82:カフェでトランプをしているようですが、お金を賭けているのでしょうか。 - AA研
  63. ^ 坂本勉『イスラーム巡礼』p50 (岩波新書、2000) ISBN 4-00-430677-9
  64. ^ 堀内 2015, pp. 110-111.
  65. ^ 駱駝』 - コトバンク 典拠は小学館『デジタル大辞泉』





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ラクダ」の関連用語

ラクダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラクダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラクダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS