駱賓王とは?

らく ひんおう -ひんわう 【駱賓王】 ○

中国初唐詩人則天武后に対して敬業らと反乱起こし失敗し、行方不明となる。初唐詩人の四傑の一人で、七言古詩長編帝京編」は特に有名。著作「駱賓王集」。生没年未詳

駱賓王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/18 08:16 UTC 版)

駱 賓王(らく ひんおう、640年 - 684年?)は、中国代初期の詩人[1]王勃楊炯盧照鄰とともに「初唐の四傑」と称せられる[2]


  1. ^ a b c 松枝茂夫 編 『中国名詩選』中 1984年 岩波文庫 ISBN 978-4003203323 p.214 。
  2. ^ 新唐書 卷二百零一 列傳第一百二十六 文藝上』 王勃 の条 弟助の記事終結部に、《勃與楊炯、盧照鄰、駱賓王皆以文章斉名、天下稱「王、楊、盧、駱」四傑。》とあり、附として各人の略歴が述べられている。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:新唐書/卷201
  3. ^ 旧唐書 卷一百九十上 列傳第一百四十上:文苑上』 駱賓王の条に、「嘗作「帝京篇」、當時以為絶唱。然落魄無行、好與博徒遊。」とある。出典:種村由季子(九州大学大学院) 『駱賓王「帝京篇」と則天武后の洛陽駐輦(ちゅうひつ)』 2012年 日本中国学会報 Vol. No. 64、p.74 。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:舊唐書/卷190上
  4. ^ 補佐官。
  5. ^ 「徐敬業に武曌(『照』の則天文字)を討つを為さしめん檄」ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:為徐敬業討武曌檄
  6. ^ 一説には誅殺されたともされるが典拠不明。
  7. ^ 康熙年間に墨浪子(ぼくろうし、本作では古呉墨浪子と称す)によって編纂刊行された、西湖をめぐる短編小説集 《西湖佳話》(せいこかわ)全16話の第4話に収録されている『霊隠詩蹟』(れいいんしせき)は、駱賓王の行方が知れなくなった後を描く説話である。日本語訳は内田道夫(うちだみちお、1916-2000年。東北大学教授(1954-1972年)、文学博士) 訳 『霊隠の詩跡』がある。平凡社 中国古典文学大系 39 1969年 p.311-320、 ISBN 9784582312393
  8. ^ 種村由季子 『駱賓王「帝京篇」と則天武后の洛陽駐輦』(中国・アジア研究論文データベースpdf)に、全98句の訓読等がある。ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:帝京篇
  9. ^ 『旧唐書』は10巻とするが散逸し、明清本4巻が残存する。
    『舊唐書 卷一百九十上 列傳第一百四十上:文苑上』 駱賓王の条(最後から二人目)に「有兗州人郗雲卿集成十卷、盛傳於世。」とある。


「駱賓王」の続きの解説一覧



駱賓王と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「駱賓王」の関連用語

1
50% |||||

2
18% |||||

3
18% |||||

4
14% |||||

5
12% |||||

6
12% |||||

7
10% |||||

8
6% |||||


10
6% |||||

駱賓王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



駱賓王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駱賓王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS