擬人観とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 擬人観の意味・解説 

ぎじん‐かん〔‐クワン〕【擬人観】

人間特性を他の事物あてはめ人間類似したものとして説明しようとする考え方例えば、神が人間と同じような姿をして同じ言葉を使うと考えるような見方


ぎじん‐かん ‥クヮン 【擬人観】

〔名〕 神々とか自然の事物の形態性質が、人間形態性質と同じであるとみなして、これらを記述解釈する見方


ぎじんかん 【擬人観】


擬人観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 20:39 UTC 版)

擬人観(ぎじんかん)とは人間以外の動植物、無生物、事物、自然概念などに対し人間と同様の姿形、性質を見いだすことである。


  1. ^ トム・スタッフォード&マット・ウェッブ 『MIND HACKS:実験で知る脳と心のシステム』夏目大訳 オライリー・ジャパン 2008年、初版第13刷、ISBN 4873112710 pp.299-307.
  2. ^ a b マット・カートミル『人はなぜ殺すか:狩猟仮説と動物観の文明史』 内田亮子訳 新曜社 1995年、ISBN 4-7885-0537-1 第9章
  3. ^ “漫画・アニメに擬人化ブーム 物の形残さず、性格で表現”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年10月3日). http://www.asahi.com/national/update/0930/OSK201009290183.html 2010年10月3日閲覧。 


「擬人観」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擬人観」の関連用語

擬人観のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



擬人観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの擬人観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS