イソップ寓話とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > OVA > イソップ寓話の意味・解説 

イソップ寓話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 20:51 UTC 版)

イソップ寓話』(イソップぐうわ、古希: Αισώπου Μύθοι: Aesop's Fables)は、アイソーポス(イソップ)が作ったとされる寓話を集めたとされる寓話集。特に動物(下記を参照)、生活雑貨(例えば、瀬戸物と金物など)、自然現象(太陽と風)、様々な人々(旅人など)を主人公にしたものが有名で、イソップ物語イソップ童話等と呼ばれることもある。


  1. ^ イソップ 『通俗伊蘇普物語』渡部温訳、平凡社〈東洋文庫693〉、2001年9月。ISBN 4-582-80693-7 
  2. ^ イソップ(アイソーポス)『ヘビと農夫』 - LIBRAL


「イソップ寓話」の続きの解説一覧

イソップ寓話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 10:08 UTC 版)

トーマス・ビウィック」の記事における「イソップ寓話」の解説

ビウィック描いた「イソップ寓話」の仕事は、彼の創造的な人生のほぼ全体に及んでいる。最初のものは、ニューカッスル書店である、トーマス・セイント(Thomas Saint)の見習い時代作成されたもので、出版社、ロバート・ドズリーから1776年出版された選集である。ビウィックは弟のジョン協働して1776年版の版画援用しつつ、同じ出版社から1784年出され3巻本にも寄稿したビウィック寓話第3版制作続けた1812年重い病気からの恢復待ちつつ、彼は長年宿願だったイソップ寓話の大規模な3巻本注力し、それは最終的に "The Fables of Aesop and Others" として1818年出版された作品三部分かれており、第一部前に短い散文道徳句が付いたドズリー幾つかの寓話第二部は「反射のある寓話」で、物語のあとに散文と詩による反射的な文が続きその後長い散文による反射が続く。第三部は「韻文寓話」で、作者不明の詩と他の情報源からの寓話含まれている。版画はじめにビウィックによって木に描かれ彼の生徒たちによって綿密な監督のもとで彫られ必要に応じてビウィック手を加えた。これは、ビウィック開発した "ホワイト・ライン" という技法使用している。これは白い線切り取る暗から明を作り出す技法である。

※この「イソップ寓話」の解説は、「トーマス・ビウィック」の解説の一部です。
「イソップ寓話」を含む「トーマス・ビウィック」の記事については、「トーマス・ビウィック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イソップ寓話」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イソップ寓話のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イソップ寓話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイソップ寓話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトーマス・ビウィック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS