機動戦士ガンダムUCとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > OVA > 機動戦士ガンダムUCの意味・解説 

機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 00:40 UTC 版)

機動戦士ガンダムUC』(きどうせんしガンダムユニコーン)(英題: MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、矢立肇富野由悠季原案、福井晴敏著による日本小説角川書店ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載された。また、この小説を原作とする[1]アニメ作品(原作・矢立肇、富野由悠季、監督・古橋一浩、ストーリー・福井晴敏)と漫画(作画・大森倖三)が制作されている。


  1. ^ a b c d テレビシリーズ版のオフィシャル表記は全角カタカナ表記の「ユニコーン」になっている(EPGでも同様の表記)。
  2. ^ 角川文庫版の方が設定されている発売日の関係上、1週間ほど早く店頭に並んだ。
  3. ^ カバー表紙面および背表紙、扉の書名の下には、小さい文字で『機動戦士ガンダムUC ○○』と明記されている(○○には巻数が入る)。また、カバー表紙面でもデザイン処理によって目立たない形ではあるが『MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN』の文字が入り、『機動戦士ガンダムUC-○○』(○○は巻数表記)の文字も帯に隠れる形で配されている。
  4. ^ Vol.3からVol.5は『月刊ニュータイプ』の増刊号として発売。
  5. ^ 「獅子の帰還」に関連する日付は、ドラマCDのチャプター・タイトルによる[18]
  6. ^ 脚本では「バナージらしきパイロットスーツの人影」と表現されるが、単に「バナージ」と表記している箇所もあり、リディもバナージであると認識している。
  7. ^ 小説版ではバンクロフトの生死は言及がないものの、該当場面の爆発は核爆発と表現されており[20]マリーダが「よりにもよって」と不運を嘆くが、それでも反応炉炉心保護のためのIフィールドによって、放射線が漏れることだけは防がれたという描写となっている[20]。アニメ版では爆光が他と描き分けられているのみで、特に言及はない。
  8. ^ 原作小説では、物語序盤でビスト財団の館に飾られた「まっすぐな瞳」を向ける羊飼いを描いた油絵を見たオードリー(ミネバ)が、バナージと少し面影が似ているという印象を受ける描写があり[30]、油絵に描かれた羊飼いがサイアム自身であるとは明言されないものの、サイアムは過去に羊飼いであったと言及されている[27]。また物語の終盤、サイアムから見せられた映像に登場するラプラス事件当時の彼に対し、バナージがその横顔を「自分とよく似た」と形容する場面がある[31]。アニメ版でもサイアムの過去(ラプラス事件前後)の姿はバナージと似た容姿で描かれている。
  9. ^ 名前は不明。カーディアスとマーサの実父であり、アルベルトとバナージの祖父。サイアムの跡目候補筆頭であり、生真面目な男であったとされる。連邦政府の議員や官僚に焚き付けられ、クーデターまがいの財団の乗っ取りを計画していた。
  10. ^ 名前については、小説版4巻でのマーサとアルベルトとの会話中にのみ登場。
  11. ^ 小説版9巻において、マーサの思考の中に肩書きと名前のみ登場。父方か母方かは語られない。
  12. ^ フル・フロンタルの声がシャア・アズナブルと酷似しているという原作小説での設定から、アニメ版ではシャアの担当声優である池田秀一がフロンタル役に起用された。
  13. ^ その経緯の詳細は、福井晴敏が書き下ろした朗読劇『赤の肖像』でも語られている。
  14. ^ アニメではストーリーを担当した福井は、フロンタルに宿っていた残留思念についてシャアの「納得できずにそのまま滞留した“怨念”のような一部分」で、シャアそのものではなく、アニメ版でのフロンタルの最期にシャア本人の魂が現れたのは「“落とし物”を回収しに来た」と述べている。
  15. ^ 実際にタイムトラベルした訳ではなく、“宇宙の記憶”を精神的イメージとしてフラッシュして垣間見たとの事。
  16. ^ シャアがジンネマンを選んだ理由と、当時ジンネマンがシャアの周辺にいた理由は描写されていない。
  17. ^ 『機動戦士ガンダムUC パーフェクトガイド』97頁より。小説版では「ヤス」とのみ記載。名前の由来は漫画家の徳光康之から。
  18. ^ どちらも『ガンダムユニコーンエース Vol.3』に掲載された。
  19. ^ 『ガンダムユニコーンエース Vol.3』までは『E.F.S.F. 星月の欠片』表記。
  20. ^ スタッフロールでは役名は表記されずノンクレジット扱い。だが、テレビシリーズ『RE:0096』本放送の際の字幕放送では、台詞に三者の役名が表記されており、また各所インタビューの際にも演者三人や制作者らが、上記三人のキャラクター名を挙げている。
  21. ^ 同年6月7日付の週間ランキングで、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』が35.7万枚で、アニメ・BD総合の最高記録を更新。
  22. ^ 同一アニメ作品のダブル1位獲得は『コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01』(2008/9/1付)、『サマーウォーズ』(2010/3/15付)に続く3作目。
  23. ^ 上映期間中の2011年3月11日に東日本大震災が発生し、それに伴う計画停電により、一部劇場では3月10日までの上映となった。
  24. ^ 配信、劇場での公開日。
  25. ^ Blu-ray / DVDの発売日。
  26. ^ メ〜テレは3週連続放送ではなかったため、「地上波初!『機動戦士ガンダムUC』完結記念スペシャル」と題して放送した。
  27. ^ DVDではドルビーデジタルの5.1チャンネルサラウンドである。
  28. ^ 第1話で例を挙げると、ユニコーン初搭乗時のバナージの掌の作画の修正、工専講義中のカメラの回転方向が左回転から右回転へ変更、などがある。
  29. ^ ANNフルネット局が存在しない山梨県富山県福井県鳥取県島根県徳島県高知県佐賀県宮崎県を除く。
  30. ^ プラモデル「MGユニコーンガンダム専用ビーム・ガトリングガン2丁セット」が付属する。
  31. ^ プラモデル「MGシナンジュ専用バズーカ」が付属する。
  32. ^ プラモデル「MGユニコーンガンダム専用シールド増加ユニット【アームド・アーマーDE】」が付属する。
  33. ^ プラモデル「MG フルアーマー・ユニコーンガンダム専用シールド増加ユニット【アームド・アーマーDE(発動仕様)】」が付属する。
  34. ^ プラモデル「HGUC ガンダムユニコーン2号機バンシィ・ノルン(デストロイ・モード)専用【ハイパー・ビーム・ジャベリン】」が付属する。



機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ここには、小説及びOVA『機動戦士ガンダムUC』登場人物挙げる地球連邦軍ロンド・ベル) アンナ・ハナン オットー・ミタス ジョナ・ギブニー ソートン ダリル・マッギネス ナイジェル・ギャレット ノーム・バシリコック ハサン バナージ・リンクス ブライト・ノア ホマレ ボラード ミヒロ・オイワッケン メラン リディ・マーセナス レイアム・ボーリンネア ワッツ・ステップニー 地球連邦軍エコーズギャリティ コンロイ・ハーゲンセン ダグザ・マックール ナシリ・ラザー 地球連邦軍宇宙軍) マセキ・ダンバエフ 地球連邦軍海軍アディ 艦長 ゲノン 長 地連邦軍上層部) テッド・チェレンコフ マウリ 地球連邦政府移民問題評議会) ローナン・マーセナス パトリック・マーセナス ネオ・ジオン残党軍フル・フロンタル旗下) アンジェロ・ザウパー キュアロン・マスカ セルジ・ヘルファー ヒル・ドーソン フル・フロンタル ネオ・ジオン残党軍(ガランシェール隊) アイバン アレク ギルボア・サント クワニ サボア スベロア・ジンネマン トムラ フラスト・スコール ベッソン マリーダ・クルス ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン) ネオ・ジオン残党軍ガーベイ家) アッバス・ガーベイ マハディ・ガーベイ ロニ・ガーベイ ワリード・ガーベイ ジオン残党兵 ヨンム・カークス キャンドル ジオン共和国軍 ギリガン・ユースタス ケイマン ホーギー モナハン・バハロ ビスト財団 アルベルト・ビスト カーディアス・ビスト ガエル・チャン サイアム・ビスト マーサ・ビスト・カーバイン 民間人・その他アナハイム・エレクトロニクス含む) アーロン・テルジェフ カイ・シデン シンシア・マーセナス ダイナー主人 タクヤ・イレイ ダグラス・ドワイヨン ティクバ・サント ハロ バロウズ夫人 バンクロフト ペペ・メンゲナン ベルトーチカ・イルマ ベントナ ミコット・バーチ

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 09:12 UTC 版)

福井晴敏による小説『機動戦士ガンダムUC』には、ユニコーンガンダムの各関節マグネット・コーティング施されているという言及登場する登場人物一人であるアーロン・テルジェフによる解説によればユニコーンガンダム内骨格であるムーバブルフレーム構造材サイコフレーム使用することにより、各関節駆動装置操縦者感応波(脳波)をダイレクトに受け取ることができ、マグネット・コーティングされた関節部との組み合わせによって「天井知らずと形容されるような反応速度実現しているという。マグネット・コーティングへの言及には「無論」という枕詞がついており、この技術一般的に普及していることを示唆した描写になっている

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「マグネット・コーティング (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。» 「マグネット・コーティング (ガンダムシリーズ)」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:15 UTC 版)

『機動戦士ガンダムUC』バナージ役については、最初に行われたオーディションではスタッフ納得のいく結果出ず内山追加オーディション行った際に呼ばれた。そのオーディションの中で最後に受けたのが内山だったが、彼の演技聞いたスタッフ意見が一致してバナージ役に決まったという。

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「内山昂輝」の解説の一部です。» 「内山昂輝」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:15 UTC 版)

『機動戦士ガンダムUC』バナージ役については、最初に行われたオーディションではスタッフ納得のいく結果出ず内山追加オーディション行った際に呼ばれた。そのオーディションの中で最後に受けたのが内山だったが、彼の演技聞いたスタッフ意見が一致してバナージ役に決まったという。

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「内山昂輝」の解説の一部です。» 「内山昂輝」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 03:44 UTC 版)

U.C.0096 第三次ネオ・ジオン抗争では、プルシリーズ生き残り12番目のマリーダ・クルス、ジオン共和国開発したフル・フロンタル登場する

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「強化人間」の解説の一部です。» 「強化人間」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 22:09 UTC 版)

声 - 広橋涼 小説アニメ『機動戦士ガンダムUC』では、バナージ・リンクス5歳クリスマスのときに父親のカーディアス・ビストからプレゼントされ個体登場小説版によれは、1年経たずにブーム過ぎ去り製造元アフターサービス中止したとされるが、バナージ独自に改良加えて宇宙世紀0096年に連れ歩いている。

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「ハロ (ガンダムシリーズ)」の解説の一部です。» 「ハロ (ガンダムシリーズ)」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:03 UTC 版)

ここでは、小説及びOVA『機動戦士ガンダムUC』登場兵器挙げる地球連邦軍 サラミス級宇宙警備艇 ネェル・アーガマ強襲揚陸艦宇宙空母ネェル・アーガマ ラー・カイラム戦艦宇宙大気圏内戦艦ラー・カイラム クラップ軽巡洋艦宇宙巡洋艦キャロット テネンバウム ドゴス・ギア級戦艦宇宙戦艦)ゼネラル・レビル コロンブス補給艦宇宙補給艦アラスカ アイリッシュ戦艦 ジュノー級潜水艦ボーンフィッシュ ベースジャバーサブフライトシステム89式ベースジャバーサブフライトシステム94式ベースジャバーサブフライトシステムエルキャックエアクッション型揚陸艇TINコッドII ミデア大気圏内輸送機ガルダ大型輸送機ガルダ ヒマラヤ級対潜空母 アーレイバーク級イージス艦艦名不明) FF-S3DF セイバーフィッシュMS誘導弾 M-101A3 リジーナ ネオ・ジオン残党軍 (「袖付き」) ガランシェール級 (航宙貨物船)ガランシェール レウルーラ級大型戦艦宇宙戦艦)レウルーラ エンドラ軽巡洋艦 ムサカ軽巡洋艦ガロム グスコー シャルネ ムサイ級軽巡洋艦 シャクルズサブフライトシステムジオン残党軍 ルッグン グレイファントムペガサス級強襲揚陸艦ジオン兵の隠れ拠点一つとして登場) ファット・アンクルファット・アンクル改 ベースジャバーサブフライトシステムドダイ改(サブフライトシステムドダイYSサブフライトシステムドダイIIサブフライトシステムジオン共和国軍 チベ級練習艦 ムサイ改級軽巡洋艦ビフレスト グルトップ ドローミ

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 17:16 UTC 版)

『機動戦士ガンダムUC』とその関連作品登場する機体No.商品名発売時期備考040 ユニコーンガンダム(ユニコーンモード) 2009年01128日 051 ユニコーンガンダム(デストロイモード) 2010年0220日 054 ギラ・ズール 2010年0327日 055 スタークジェガン SP ジェガンD型2010年09月発送 魂ウェブ商店限定販売 079 シナンジュ 2010年01120日 083 ギラ・ズール(アンジェロ・サウパー機) 2010年012月17日 SP ギラ・ズール親衛隊機) 2011年02発送 魂ウェブ商店限定販売 103104 ユニコーンガンダム(デストロイモード)フルアクションVer. 2011年01029日 No.051のリニューアル版 - バイアラン・カスタム 2012年04発送 魂ウェブ商店限定販売 117 バンシィ 2012年05月19日 - ガンキャノン・ディテクター 2012年06月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP ザクI・スナイパータイプ 2012年08月発送 SP ユニコーンガンダムサイコ・フレーム発光仕様2012年09月発送 SP ユニコーンガンダムサイコ・フレーム発光仕様)GLOWING STAGEセット 魂ウェブ商店限定販売ユニコーンガンダムサイコ・フレーム発光仕様)』と専用のGLOWING STAGE台座セット SP ユニコーンガンダム覚醒仕様2013年04発送 魂ウェブ商店限定販売 SP ユニコーンガンダム覚醒仕様)GLOWING STAGEセット 魂ウェブ商店限定販売ユニコーンガンダム覚醒仕様)』と専用のGLOWING STAGE台座セット 140 フルアーマー・ユニコーンガンダム(ユニコーンモード) 2013年05月25日 No.040のリニューアル版ノーマルユニコーンガンダム(ユニコーンモード)にも換装可能 141 バンシィ・ノルン(ユニコーンモード) 2013年05月31日 ボーナスパーツとしてアームド・アーマーVN クロー展開Ver.付属 ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver. 2013年0111日 No.104を、フルアーマーパーツに対応したハードポイント追加魂ネイション2013会場にて限定販売及び、魂ウェブ商店にて抽選販売 155 シナンジュAnimation edit.) 2014年0118日 ボーナスパーツとして、破損した交換頭部ユニコーンガンダムに付属するビーム・ガトリングガンをシールド裏に取り付けられるジョイントパーツそれぞれ付属 157 クシャトリヤ 2014年0321日 ボーナスパーツとして、スラスターエフェクトとリゼルから奪取したビームサーベルそれぞれ付属 158 バンシィ・ノルン(デストロイモード) 2014年0426日 ボーナスパーツとして、バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)をバンシィ(ユニコーンモード)にするバックパックパーツ付属 159 ユニコーンガンダム(デストロイモード)フルアーマー対応版 2014年0419日 フルアーマーパーツに対応したハードポイント追加 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) 2014年07月ガンダムフロント東京2014年010発送魂ウェブ商店ガンダムフロント東京オフィシャルショップにて限定販売及び、魂ウェブ商店にて抽選販売 SP ユニコーンガンダム(シールドファンネル装備2014年09月発送 魂ウェブ商店限定販売フルアーマーパーツに対応したハードポイント追加 SP クシャトリヤ・リペアード&ベッセルングパーツセット 2014年010発送 魂ウェブ商店限定販売クシャトリヤに対応 バンシィ・ノルン(最終決戦Ver.2014年01031日 右膝破損交換パーツとビーム・ジュッテのエフェクトパーツが新規付属魂ネイション2014会場にて限定販売及び、魂ウェブ商店にて抽選販売 - シルヴァ・バレト 2014年012月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP ユニコーンガンダム&バンシィ・ノルンファイナルシューティングVer. 2015年010発送 魂ウェブ商店限定販売2体セット SP ユニコーンガンダム結晶体Ver.2017年01発送 魂ウェブ商店限定販売 - ユニコーンガンダム3号機 フェネクス type RC(デストロイモード) 2017年02月(ガンダムフロント東京2017年06月発送魂ウェブ商店ガンダムフロント東京オフィシャルショップ及び東京特設ショップにて限定販売及び、魂ウェブ商店にて抽選販売 235 ユニコーンガンダム覚醒仕様)[リアルマーキングVer.] 2018年0421日 本体ユニコーンガンダム(シールドファンネル装備)をベースにしている SP シナンジュ[リアルマーキングVer.] 2018年06月発送 魂ウェブ商店限定販売 SP シナンジュ FINAL BATTLE SET :Feat.ネオ・ジオング 2018年07月発送 魂ウェブ商店限定販売シナンジュシリーズとの合体も可能 SP バンシィ・ノルン SPパック[リアルマーキングVer.] 2018年09月発送 魂ウェブ商店限定販売バンシィ(デストロイモード)への換装も可能 SP ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ・ディバイン 2020年012月発送 魂ウェブ商店限定販売

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「ROBOT魂」の解説の一部です。» 「ROBOT魂」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ここには、小説及びOVA『機動戦士ガンダムUC』登場人物挙げる地球連邦軍ロンド・ベル) アンナ・ハナン オットー・ミタス ジョナ・ギブニー ソートン ダリル・マッギネス ナイジェル・ギャレット ノーム・バシリコック ハサン バナージ・リンクス ブライト・ノア ホマレ ボラード ミヒロ・オイワッケン メラン リディ・マーセナス レイアム・ボーリンネア ワッツ・ステップニー 地球連邦軍エコーズギャリティ コンロイ・ハーゲンセン ダグザ・マックール ナシリ・ラザー 地球連邦軍宇宙軍) マセキ・ダンバエフ 地球連邦軍海軍アディ 艦長 ゲノン 長 地連邦軍上層部) テッド・チェレンコフ マウリ 地球連邦政府移民問題評議会) ローナン・マーセナス パトリック・マーセナス ネオ・ジオン残党軍フル・フロンタル旗下) アンジェロ・ザウパー キュアロン・マスカ セルジ・ヘルファー ヒル・ドーソン フル・フロンタル ネオ・ジオン残党軍(ガランシェール隊) アイバン アレク ギルボア・サント クワニ サボア スベロア・ジンネマン トムラ フラスト・スコール ベッソン マリーダ・クルス ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン) ネオ・ジオン残党軍ガーベイ家) アッバス・ガーベイ マハディ・ガーベイ ロニ・ガーベイ ワリード・ガーベイ ジオン残党兵 ヨンム・カークス キャンドル ジオン共和国軍 ギリガン・ユースタス ケイマン ホーギー モナハン・バハロ ビスト財団 アルベルト・ビスト カーディアス・ビスト ガエル・チャン サイアム・ビスト マーサ・ビスト・カーバイン 民間人・その他アナハイム・エレクトロニクス含む) アーロン・テルジェフ カイ・シデン シンシア・マーセナス ダイナー主人 タクヤ・イレイ ダグラス・ドワイヨン ティクバ・サント ハロ バロウズ夫人 バンクロフト ペペ・メンゲナン ベルトーチカ・イルマ ベントナ ミコット・バーチ

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を見る


機動戦士ガンダムUC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:15 UTC 版)

『機動戦士ガンダムUC』バナージ役については、最初に行われたオーディションではスタッフ納得のいく結果出ず内山追加オーディション行った際に呼ばれた。そのオーディションの中で最後に受けたのが内山だったが、彼の演技聞いたスタッフ意見が一致してバナージ役に決まったという。

※この「機動戦士ガンダムUC」の解説は、「内山昂輝」の解説の一部です。» 「内山昂輝」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機動戦士ガンダムUCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダムUCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダムUC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)、マグネット・コーティング (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)、内山昂輝 (改訂履歴)、内山昂輝 (改訂履歴)、強化人間 (改訂履歴)、ハロ (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧 (改訂履歴)、ROBOT魂 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)、内山昂輝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS