トニーたけざきのガンダム漫画とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > トニーたけざきのガンダム漫画の意味・解説 

トニーたけざきのガンダム漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 09:10 UTC 版)

トニーたけざきのガンダム漫画』(トニーたけざきのガンダムまんが)は、『機動戦士ガンダム』をベースに『月刊ガンダムエース』誌上にて不定期に掲載されている、トニーたけざき作の漫画作品。単行本は現在3巻まで発売中。本稿では後継作であるトニーたけざきのサクサク大作戦についても記述する。




  1. ^ やはり3人は何かを蹴っている描写である。
  2. ^ 当然のことながら本来なら「め」と書くべき。シャアは部下から即座にツッコまれている(「木馬」では拷問SMプレイである)。
  3. ^ a b 茶化した描写ではあるが戦時設計の概念としてはあながち間違いでもない。多少の粗製濫造には目を瞑り物量作戦で押し通すためのものなので、サクの極度に簡易な構成はこの要件を満たしている。
  4. ^ 1990年代初頭のJRでの普及初期であれば定期券でこうした不正を働く者が実際に存在しテレビ等でも問題提起されたが、早急に対策されこの手口は封じられている。ICカード乗車券も普及した2010年代後半ではほぼ不可能である。つまり古い手口をやろうとしては捕まるという、底抜けのアホとして描かれている。
  5. ^ 言うまでもなくこの留年は余りにアレな非行歴のせいである。
  6. ^ 元々デミトリーが搭乗する機体であり、影武者とかではない。
  7. ^ この超量産型モビルスーツはその手ですらもフレキシブル管のような構造であり、戦闘で損傷した場合セルフ修理で済まされる描写がある(整備場には予め補修用の手足パーツがホースのように巻かれて用意されている)。また左右の腕は河童のように胴体を貫き繋がっている模様であるが、一定限度以上片方に引くと機体がばらけてしまうため目印に黄色いテープが巻かれている
  8. ^ 月刊ヤングマガジン「トニーたけざきの攻殻機動隊」がやりたい放題! 「ガンダム」「エヴァ」に続き「攻殻」までエジキに”. ITmedia (2017年3月23日). 2017年4月1日閲覧。


「トニーたけざきのガンダム漫画」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トニーたけざきのガンダム漫画」の関連用語

トニーたけざきのガンダム漫画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トニーたけざきのガンダム漫画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトニーたけざきのガンダム漫画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS