ダブルフェイク_アンダー・ザ・ガンダムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 た > ダブルフェイク_アンダー・ザ・ガンダムの意味・解説 

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 02:02 UTC 版)

ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』(DOUBLE FAKE UNDER THE GUNDAM)は、雑誌『MJ』で連載された、うしだゆうじによる『ガンダムシリーズ』の漫画作品。




  1. ^ a b c 本編では氏名不詳。連載中の扉絵でフルネームが判明している(英文表記のみ[2]。カタカナ表記は便宜上のもの)。
  2. ^ a b c d e f 本編ではファーストネームのみ。連載中の扉絵でフルネームが判明している(英文表記のみ[2]。カタカナ表記は便宜上のもの)。
  3. ^ 本編では氏名不詳。フルネーム(カタカナ表記)は『データガンダム』より[4]
  4. ^ 本編ではラストネームのみ。連載中の扉絵でフルネームが判明している(英文表記のみ[2]。カタカナ表記は便宜上のもの)。
  5. ^ a b c d 本編では氏名不詳。フルネーム(カタカナ表記)は『データガンダム』より[3]
  6. ^ 本編ではラストネームのみ。フルネーム(カタカナ表記)は『データガンダム』より[3]
  7. ^ a b c d 本編ではファーストネームのみ。フルネーム(カタカナ表記)は『データガンダム』より[3]
  1. ^ 「MS大図鑑 PART.3アクシズ戦争編」57ページの年表など。0090年1月に記述される「NSP」という組織名が本作独自の用語である。しかし一部の電撃コミックスに掲載されていた「宇宙世紀公式年表」など、この記述を掲載していない年表もある。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「ACT.2 変則攻撃」扉絵『MJ』1988年8月号、バンダイ。
  3. ^ a b c d e 岡崎昭行『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』角川書店、2010年6月、147頁。
  4. ^ a b 岡崎昭行『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』角川書店、2010年6月、73頁。
  5. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】 』123頁。
  6. ^ a b 『模型情報1988年9月号』43頁。
  7. ^ a b c d 模型情報1989年2月号』43頁。
  8. ^ 『模型情報1988年12月号』43ページでは「ネオジオン製のボリノーク・サマーン」。『MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』123ページの設定では作業用可変MSという不自然な記述で、同ページではガザBがギラ・ドーガの前段階、クェル・ドーガがザク系重MSとして掲載されている。『GジェネF』では『アクシズ戦争編』のガザBの記述に基づく設定となっている。


「ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダブルフェイク_アンダー・ザ・ガンダム」の関連用語

ダブルフェイク_アンダー・ザ・ガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダブルフェイク_アンダー・ザ・ガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS