フォーミュラ計画とは? わかりやすく解説

フォーミュラ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 15:23 UTC 版)

フォーミュラ計画(フォーミュラけいかく、またはフォーミュラプロジェクト、英語名はFormula Project)は、アニメーション映画機動戦士ガンダムF91』のバックボーンを描くために設定された架空の計画。S.N.R.I.(サナリィ)が発動した小型モビルスーツ (MS) 開発計画で、主役機であるガンダムF91などが開発されている。


注釈

  1. ^ 最初、胸のダブルエアインテーク以外にも、Vアンテナ、ふくらはぎなど、ガンダムの特徴とされるものをすべて無くして描いてみたらガンダムに見えなくなったため、それは元に戻した。
  2. ^ 大河原からは、被弾した際に表面全体に衝撃を散らして表層だけ日焼けの皮みたいにふるい落とせるチョバム・アーマーの進化系という案が出ていた。[1]
  3. ^ 一方、MSA-120とF90のコンペティション以降、A・Eに対して連邦軍から提示された数年後以降の開発計画として、F90の兵装バリエーションであるF90S簡易生産バージョンのGキャノンのライセンス生産、および自社開発のヘビーガンの暫定量産にとどまり、次期主力MSの開発計画は、事実上棚上げされたとした資料もみられる[36]
  4. ^ 胸部ユニットに大改造を施したほか、ジェネレーターを増設したバックパックを追加装備しヴェスバーを使用可能としたタイプとした資料もみられる[47]
  5. ^ Nタイプをベースにしたとする資料もあるが[30]、「ビーム・シールドとヴェスバーを装備した」とVタイプの特徴が記されている。
  6. ^ 同月をロールアウトとする資料もある[52]
  7. ^ 開発時にも「ガンダム」というコードネームの候補は挙がったが、サナリィの正規開発品であるために却下された[57]
  8. ^ 劇中では二度目の出撃でシーブックがバイオセンサーと自身のバイオリズムが合っていることを機体内で確認、それが母の調整によるものであろうことを推測している。
  9. ^ F90の開発当時からサナリィは、地球圏では禁止されたこれらの禁忌技術を、アナハイムに対抗するために、木星のみならず元ネオジオンやティターンズ技術者等も含めて集めていた。
  10. ^ 『週刊 ガンダム パーフェクト・ファイル』ではサイコフレーム搭載MS[65]や、サイコフレーム機の発展[66]での機体一覧に本機の名前が無い。また別の資料では研究・開発を凍結された後、サイコフレームに代わる新素材としてMCA装甲が誕生したとする旨も見られる[67]。また、劇場作品『機動戦士ガンダムNT』では、宇宙世紀0097年にミネバ・ラオ・ザビと地球連邦軍との間で、地球圏ではサイコフレームに関する研究は封印されたと説明され、サイコフレームを搭載した機体を使用するのも条約違反であると指摘されている。しかし、劇中においてはナラティブガンダムやシナンジュ・スタインといった過去に製造されたサイコフレーム採用機が戦線に投入され、使用されている。
  11. ^ バイオマトリクスで構成されたコンピュータとした資料もみられる[72]
  12. ^ 障碍者用のデバイスとして開発されていたものを軍事転用したとする資料も見られる[74]
  13. ^ 敵MSを撃墜した際にパイロットの生死をシーブックに伝える、劇中中盤にV.S.B.R.の存在をシーブックへ認識させる、ラフレシアとの決戦前に連邦の月軌道艦隊の被害状況を伝えるなどの描写がある。また、ラフレシア撃破後にはバイオ・コンピューターの回路を用い、セシリーを探し出すのに使われた[78]
  14. ^ 宇宙空間においては大気圏内のような冷却が行えないため、採用された[72]
  15. ^ 劇中では残像に攻撃するラフレシアを見てシーブックはMEPEに気づいている。相対したカロッゾ・ロナは「質量を持った残像」と称した。また、この戦闘をレーダー画面で見ていたザビーネ・シャルはMSの大部隊がいるものと誤認したが、現場では破損したF91しか確認できず困惑していた。なお、劇中で1時間46分頃に機体すべてを金色のオーラ状のものが覆い始めているが、これに関して説明する資料は見当たらない。『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』における設定担当の井上幸一へのインタビューでは「熱放出時の温度によって色が多少違って見えたりもする」と述べている[82]
  16. ^ 機体が小型化したため、外付け方式を取ったとする資料も見られる[84]
  17. ^ ミノフスキー粒子による立方格子を核に軽量かつ強固な金属素材を作り上げるもので、従来のガンダリウム合金を凌駕する強度を達成したほか、装甲やムーバブルフレームを薄くして重量軽減することが可能な技術[15]
  18. ^ 一方、F91には試験型のミノフスキー・ドライブを搭載したとする資料[87]、フォーミュラ計画において開発された機体には戦艦用であったミノフスキードライブを小型化し、試験的に導入。F91においては短時間のスラスター出力を補うと推察した資料もみられる[88]
  19. ^ 劇中ではビーム・シールドを展開したデナン・ゲーを貫通し、撃墜している。
  20. ^ 一方、ビームライフルのようにコンデンサーを持たないことから、機体のエネルギー切れや接続を断たれた際に発砲できなくなるとした資料もみられる[63]
  21. ^ 宙返りをしながらアサルトライフルのように連射する場面もあるが、バグとの交戦で失われている。
  22. ^ エネルギーコンデンサーを内蔵したとする資料もみられる[98]
  23. ^ 3号機も登場し、こちらはモノクロでしか確認できないがアニメ版と同様の塗り分けとなっている。『F91プリクエル』では動作不能の状態である。
  24. ^ 『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート』では、この時の戦いが『月刊MS』なる雑誌に「名勝負10選」として選出されたと語られている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、48-58頁。ISBN 978-4891891558 
  2. ^ a b c 封入特典「F91 ドキュメントコレクション」収録インタビュー冒頭公開”. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 株式会社サンライズ (2018年5月25日). 2021年5月8日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『グレートメカニックG 2018WINTER』双葉社、2018年12月、92頁。ISBN 978-4575465136 
  4. ^ a b c 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、30頁。ISBN 978-4575465259 
  5. ^ 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、21頁。ISBN 978-4575465174 
  6. ^ a b c d e f g h i j 『グレートメカニックG 2018WINTER』双葉社、2018年12月、38-42頁。ISBN 978-4575465136 
  7. ^ 『グレートメカニックG 2019AUTUMN』双葉社、2019年9月、38頁。ISBN 978-4575465174 
  8. ^ 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、45頁。ISBN 978-4575465259 
  9. ^ 市川大賀 (2021年11月2日). “出渕裕ロングインタビュー5 出渕裕とガンダムZZと小林誠と”. 2022年4月4日閲覧。
  10. ^ METAL BUILD ガンダムF91 スペシャルページ”. 魂ウェブ. BANDAI SPIRITS. 2021年2月26日閲覧。
  11. ^ METAL BUILD ガンダムF91 CHRONICLE WHITE Ver. スペシャルページ”. 魂ウェブ. BANDAI SPIRITS. 2021年2月26日閲覧。
  12. ^ 最新MS造形資料集 1992, p. 53.
  13. ^ a b モビルスーツハンドブック 1992, p. 15.
  14. ^ ガンダム辞典v1.5 2009, p. 121.
  15. ^ a b 1/100 ガンダムF-90 増装ウェポン 1990.
  16. ^ a b MS大図鑑8 SPECIALガンダム大鑑 1993, p. 40.
  17. ^ a b c d e f g h i j k 最新MS造形資料集 1992, p. 82.
  18. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第24号 2019, p. 32.
  19. ^ a b c d ガンダム辞典v1.5 2009, p. 297.
  20. ^ メカニカルアーカイブス 2010, pp. 28–31.
  21. ^ 『B-CLUB the PLASTIC 1 機動戦士ガンダム作例集』バンダイ出版、1992年7月1日、20頁。ISBN 978-4891892326 
  22. ^ a b c d e f g h 1/100 ガンタンクR-44 1991.
  23. ^ a b MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 36.
  24. ^ F91オフィシャルエディション 1991, p. 4.
  25. ^ a b MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 77.
  26. ^ ガンダムエース2005-4 2005, pp. 174–175.
  27. ^ ガンダムマガジン5 1991, pp. 12–17.
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u B-CLUB 70 1991, pp. 44–47, 「月刊MSジャーナル」.
  29. ^ MS大全集2013 2012, p. 87.
  30. ^ a b c d F91オフィシャルエディション 1991, p. 62.
  31. ^ a b c d e f g h i 1/100 Gキャノン 1990.
  32. ^ F91オフィシャルエディション 1991, pp. 62, 74.
  33. ^ a b c d MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 38.
  34. ^ a b c d e f B-CLUB 70 1991, p. 47.
  35. ^ a b c d モビルスーツハンドブック 1992, p. 12.
  36. ^ 1/100 ガンダムRXF91改 1992.
  37. ^ MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 72.
  38. ^ ガンダム辞典v1.5 2009, p. 300.
  39. ^ a b c d e パーフェクト・ファイル21 2012, pp. 21–8.
  40. ^ パーフェクト・ファイル21 2012, pp. 21-7、8.
  41. ^ F91オフィシャルエディション 1991, p. 74.
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ガンダムマガジン5 1991, pp. 14–15.
  43. ^ a b ガンダムマガジン1 1990, p. 145.
  44. ^ a b c F91モビルスーツ・イン・アクション 1991, p. 134.
  45. ^ a b c ガンダムマガジン2 1991, pp. 18–19.
  46. ^ a b B-CLUB 66 1991, pp. 8–9.
  47. ^ MS大全集2015 2015, p. 397.
  48. ^ ガンダムエース2018-8 2018, p. 140.
  49. ^ a b c d e f g h NT100%F91 1991, pp. 36–37.
  50. ^ a b ガンダムマガジン5 1991, pp. 3–6.
  51. ^ B-CLUB 68 1991, pp. 20–23.
  52. ^ MS大図鑑8 SPECIALガンダム大鑑 1993, p. 54.
  53. ^ B-CLUB 74 1991, p. [要ページ番号].
  54. ^ a b c d e 1/100 ガンダムF91 1991.
  55. ^ F91オフィシャルエディション 1991, p. 11.
  56. ^ 小説版F91下 1991, pp. 314–315.
  57. ^ 小説版F91下 1991, pp. 315–317.
  58. ^ a b c d e f g h i j k l m n 1/60 ガンダムF91 1991.
  59. ^ a b MG ガンダムF91 v2.0 2018, p. 13.
  60. ^ a b c d MSヒストリカ6 2010, p. 6.
  61. ^ a b c d MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 58.
  62. ^ a b ガンダムエース10 2022, p. 316-317.
  63. ^ a b ニュータイプ1991-1 1991, p. 6.
  64. ^ a b c d F91オフィシャルエディション 1991, pp. 60–61.
  65. ^ パーフェクト・ファイル15 2012, p. 22.
  66. ^ パーフェクト・ファイル157 2014, p. 22.
  67. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第3号 2019, p. 19.
  68. ^ ガンダムエース03 2020, pp. 53–54.
  69. ^ a b c d MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 60.
  70. ^ a b c d MSヒストリカ6 2010, pp. 5–9.
  71. ^ a b MSヒストリカ6 2010, p. 30.
  72. ^ a b c d e MS大図鑑5 コスモ・バビロニア建国戦争編 1991, p. 62.
  73. ^ MG ガンダムF91 2006, p. 6.
  74. ^ ガンダム辞典v1.5 2009, pp. 124–125.
  75. ^ a b c MS大図鑑8 SPECIALガンダム大鑑 1993, p. 41.
  76. ^ 小説版F91下 1991, pp. 312–313.
  77. ^ ガンダム最強伝説 2009, p. 238.
  78. ^ F91オフィシャルエディション 1991, p. 23.
  79. ^ ガンダム最強伝説 2009, p. 226.
  80. ^ a b データコレクション8 F91 1998, pp. 75–76.
  81. ^ MSV 2nd-G 2019, p. 91.
  82. ^ a b F91オフィシャルエディション 1991, p. 58.
  83. ^ a b MG ガンダムF91 2006, p. 14.
  84. ^ a b ガンダムマガジン1 1990, pp. 146–147.
  85. ^ パーフェクト・ファイル91 2013, p. [要ページ番号].
  86. ^ NT100%F91 1991, p. 35.
  87. ^ MS回顧録 1999, p. 161.
  88. ^ F91フィルムコミック 1998, p. 278.
  89. ^ a b F91オフィシャルエディション 1991, p. 59.
  90. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第23号 2019, pp. 24–29.
  91. ^ a b MS大図鑑8 SPECIALガンダム大鑑 1993, p. 64.
  92. ^ 1/100 ガンダムRXF91改 1992, pp. 3–4.
  93. ^ モデルグラフィックス1991-3 1991, p. [要ページ番号]- 「F91のここがわからない!!-下編-」サンライズ企画室 井上幸一氏談より
  94. ^ パーフェクト・ファイル83 2013, p. 8.
  95. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第24号 2019, p. 9.
  96. ^ a b c d HGUC ガンダムF91 2013.
  97. ^ ガンダム最強伝説 2009, p. 240.
  98. ^ NT100%F91 1991, p. 36.
  99. ^ F91大百科 1991, p. 6.
  100. ^ 1/100 ビギナ・ギナ 1990.
  101. ^ 小説版F91下 1991, p. 158.
  102. ^ 小説版F91下 1991, pp. 140–141.
  103. ^ a b B-CLUB 72 1991, pp. 54–59.
  104. ^ a b ホビージャパン03 1993, p. 12-13.
  105. ^ a b c d e ウェブHGUC F91ヴァイタル 2021.
  106. ^ ガンダムエース03 2020, p. 28.
  107. ^ a b F91プリクエル3 2021, p. 190.
  108. ^ MG ガンダムF91ハリソン機 2006, p. 7.
  109. ^ HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 2013.
  110. ^ MG ガンダムF91ハリソン機 2006.
  111. ^ 『ガンダムトライエイジ』DW1-049「ガンダムF91RR」裏書より。
  112. ^ 毎弾好評のトライエイジオリジナルMSの裏話が満載!「ガンダムトライエイジBUILD G1弾」特集【第4回】”. GUNDAM.INFO (2014年10月2日). 2021年2月26日閲覧。
  113. ^ G20 volume.9 2000, pp. 104–105.


「フォーミュラ計画」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フォーミュラ計画」の関連用語

フォーミュラ計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フォーミュラ計画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォーミュラ計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS