Ζガンダムとは?

Ζガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 16:02 UTC 版)

Ζガンダム(ゼータガンダム、ZETA GUNDAM) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ (MS)」のひとつ。初出は、1985年放送のテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』。正式な表記はギリシャ文字「ζ(ゼータ)」の大文字を使用した「Ζガンダム」である。しかし、「サンライズ」や「バンダイ」の公式サイトの案内ではラテン文字のZ(ゼット/ズィー)が使われている。




注釈

  1. ^ プラモデルキットの説明書には「カミーユ提案によるフライングアーマー分割案」という設定がある[2]
  2. ^ このZ計画においては、機体の開発コードをギリシャ文字で割り当てていた。リック・ディアス(γガンダム)から数えて4番目にあたる機体がδ(デルタ)ガンダム(後の百式を含む)である[8]。この機体(後のΖガンダム)は元々大気圏突入装備とMS形態とを独立したコンセプトで計画していたが、敵陣営が可変MSを導入したことを受け、仕様変更された。その際、Ζ計画に因みΖガンダムの型式番号と名が冠された[9]
  3. ^ このMSN-001の設計をベースとし、再び非変形仕様に差し戻した機体として後に百式は完成している[13]
  4. ^ 劇場版『機動戦士Ζガンダム A New Translation』ではカミーユが開発協力に携わった描写はない。
  5. ^ 月刊「モデルグラフィックス」別冊『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』表紙のΖプラスが初出。同誌による設定ではウェイブライダーではない形態に変形するΖΖガンダムSガンダムにもこのマークが付けられており、「アナハイム・エレクトロニクス社製で変形するガンダムタイプMS」といった意味合いに変化している。
  6. ^ 平成からの各ゲーム作品ではWR形態での体当たり=ウェイブライダー突撃も再現されるようになった。
  7. ^ この名称は公式サイトでも使われているほか、「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト」では「ザク頭Ζガンダム」と表記されている。
  8. ^ ロンド・ベルはデルタプラスの配備申請も行ったが、これも同部隊の戦力増強を快く思わない軍上層部の意向から却下されている[39]
  9. ^ 本ムックは宇宙世紀0100年代にサイド6で出版されたΖガンダムに関する特集本という設定となっている。また『アナハイムジャーナル』『ガンダムMSグラフィカ』と異なり、公式設定でない旨の但し書きもある。
  10. ^ 特に肩が小さなボールジョイント接続だったために、ビームライフルを片手で持つ程度でも角度が保てなかった。
  11. ^ 本機はムーバブルフレームの実装が見送られてブロックビルドアップ方式が採用されており[52]、Ζガンダムではフレームの一部を残してほぼ新造パーツに換装されたとする資料もある[53]
  12. ^ 中断[62]、または試作機が1機のみ完成したとする資料もある[63]。また、競合機を百式とする資料もある[64]

出典

  1. ^ 機動戦士ΖガンダムII A New Translation 恋人たち”. GUNDAM.INFO (2019年5月12日). 2020年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e パーフェクトグレード 1/60 ゼータガンダム』バンダイ、2000年3月、説明書。
  3. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、13頁。 (ISBN 978-4797370959)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム』近代映画社、1985年8月、109頁。
  5. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、52-53頁。
  6. ^ 『ガンダムメカニクスIII』ホビージャパン、1999年3月。
  7. ^ 『ジ・アニメ特別編集 機動戦士Ζガンダム PART3』近代映画社、1986年4月、86頁。
  8. ^ マスターグレード MSN-00100 百式』バンダイ、2001年3月、説明書。
  9. ^ 『1/100 ゼータガンダム』バンダイ、1985年10月、説明書。
  10. ^ a b c 『ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー ゼータガンダム』バンダイ、2017年4月、組立説明書。
  11. ^ 藤田一己「Ζ WORLD 宇宙世紀0087へのアプローチ Step.ε デザイナーからの証言」『OUT』1985年12月号、みのり書房、136-137頁。
  12. ^ a b c d 『アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』エンターブレイン、2003年12月、25-29頁。(ISBN 978-4757716636)
  13. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、42頁。(ISBN 978-4891890186)
  14. ^ 『ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー 1/144 デルタガンダム』バンダイ、2012年3月、説明書。
  15. ^ a b c 『ガンダムマガジン』1991年2月号、講談社、65-70頁。
  16. ^ a b c d 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 下巻』角川書店、1997年6月、54-60頁。(ISBN 978-4073065326)
  17. ^ a b 『マスターグレード 1/100 ゼータガンダム』バンダイ、1996年4月、説明書。
  18. ^ a b c d e 『マスターグレード 1/100 ゼータガンダムver.2.0』バンダイ、2005年12月、説明書。
  19. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.3 アクシズ戦争編』バンダイ、1989年6月、64頁。(ISBN 978-4891890193)
  20. ^ a b c d e f g 『1/144 RG ゼータガンダム』バンダイ、2012年11月、組立説明書。
  21. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑』バンダイ、1993年2月、38-39頁。(ISBN 978-4891892067)
  22. ^ 『電撃ホビーマガジン』2007年3月号、メディアワークス、16-18頁。
  23. ^ 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編」バンダイ、1989年3月、46頁。(ISBN 978-4891890186)
  24. ^ a b c d e 伸童舎「ガンダム・ワールド70の謎」『ジ・アニメ』1986年6月号、13頁。
  25. ^ 『ニュータイプ100%コレクション 機動戦士Ζガンダム メカニカル編1』角川書店、1985年10月、1998年8月(復刻版)、79頁。(ISBN 978-4048529808)
  26. ^ a b 『アニメ・フィルムブック1 機動戦士Ζガンダム PART2』旭屋出版、1999年6月、168頁。(ISBN 978-4751101605)
  27. ^ a b 『Model Graphix1986年3月号別冊 GUNDAM WARS PROJECT Ζ』大日本絵画、1986年3月、1988年12月(新装版)、153頁。(ISBN 978-4499205252)
  28. ^ 『GUNDAM ΖΖ&Ζ 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月25日、85頁。(ISBN 4-89189-373-7)
  29. ^ 『ハイグレード・ユニバーサルセンチュリー ゼータガンダム』バンダイ、2003年10月、組立説明書。
  30. ^ 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 下巻』角川書店、1997年6月、23頁。
  31. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、57頁。(ISBN 978-4797370959)
  32. ^ a b c d e 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、21-23頁。(ISBN 978-4797370959)
  33. ^ 『機動戦士ガンダムZZ&Z 保存版設定資料集』バンダイ、1986年6月、33頁。ISBN 4-89189-373-7
  34. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、22頁。(ISBN 978-4797370959)
  35. ^ 「機動知識 imidam」『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1988年9月。
  36. ^ a b 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、110-111頁。(ISBN 978-4797370959)
  37. ^ 同じ方法は、小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下)』136ページでも使われていた。Ξガンダムに搭乗したハサウェイ・ノアが、ペーネロペーのファンネルに狙われた際に、ビーム・ライフルを乱射して、ビーム・サーベルの一本ビームを拡散させてファンネルを阻止している。
  38. ^ 「HYAKUSHIKI」『ガンダムMSグラフィカ』ソフトバンククリエイティブ、2006年12月31日発行、P.18-19。(ISBN 978-4797331523)
  39. ^ 『機動戦士ガンダムUC テスタメント』角川書店、2012年3月、60-61頁。(ISBN 978-4041202111)
  40. ^ 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中編』54ページ。
  41. ^ 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中編』49ページ。
  42. ^ 兵庫のJA支店に高さ2メートルの手作り「Ζガンダム」模型 孫喜ばせようと8カ月……関心示さず(産経新聞) - ねとらぼ(ITmedia) 2014年3月10日。
  43. ^ 『ホビージャパン』2001年12月号。
  44. ^ a b c 「「ガンダムフロント東京」2機の新型ガンダムが登場するドームスクリーン新作映像、11月7日公開決定!」gundam.info、2015年9月28日。
  45. ^ ** 『ガンダムイボルブマテリアル』一迅社、2007年8月15日、57頁。ISBN 978-4-7580-1081-8
  46. ^ 『機動戦士ガンダム画報2』竹書房、2008年5月。(ISBN 978-4812434741)
  47. ^ 週刊MSバイブル17 2019, p. 22-27.
  48. ^ ムック『マスターピース ダブルゼータ・ガンダム』より。
  49. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、56頁。
  50. ^ a b c d e f g 『B-CLUB SPECIAL 15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、66頁。
  51. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、137頁。
  52. ^ a b c 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、24-26頁。
  53. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ MSZ-006 Ζガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2012年12月、40-41頁。
  54. ^ ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、96-97頁。(ISBN 978-4499205306)
  55. ^ a b c 『B-CLUB SPECIAL 15 機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、65頁。
  56. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .52 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.8 SPECIALガンダム大鑑】』バンダイ、1993年2月、66頁。
  57. ^ 『データコレクション5 機動戦士Ζガンダム 下巻』メディアワークス、1997年7月、38頁。
  58. ^ 『B-CLUB』第6号、バンダイ、1986年4月、68頁。
  59. ^ a b c d 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1989年3月、138頁。
  60. ^ a b c d e f g アクションフィギュア『ガンダムフィックスフィギュレーション #0030 ΖII ゼッツー』パッケージ裏面、バンダイ、2006年6月。
  61. ^ a b c d 「ヴァルプルギス新聞 Vol.2」『ガンダムエース』2017年11月号、KADOKAWA、151頁。
  62. ^ a b 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第11号、デアゴスティーニ、2011年12月、9頁。
  63. ^ ゲーム『機動戦士ガンダム デザートオペレーション』追加シナリオ解説書より。
  64. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .52 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.8 SPECIALガンダム大鑑】』バンダイ、1993年2月、69頁。
  65. ^ a b c d プラモデル『HGUC MSZ-008 ΖII』付属説明書、バンダイ、2014年9月。
  66. ^ 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part1』角川コミックス・エース、2013年3月9日発行、P.101。(ISBN 978-4041206416)
  67. ^ a b 『ガンダムエース』2018年10月号、KADOKAWA、32頁。
  68. ^ 『データコレクション(6)機動戦士ガンダムΖΖ』メディアワークス、1997年11月、67頁。(ISBN 978-4073075721)
  69. ^ 『マスターグレード MSZ-010 ダブルゼータガンダム』付属説明書、バンダイ、1999年12月。
  70. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、76頁。
  71. ^ 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、135頁。
  72. ^ 『マスターグレード MSA-0011 Sガンダム』バンダイ、2002年10月、組立説明書。
  73. ^ 『機動戦士ガンダムMS大図鑑PART.3アクシズ戦争編』バンダイ、1989年6月、95頁。
  74. ^ 『機動戦士ガンダムMS大図鑑PART.3アクシズ戦争編』バンダイ、1989年6月、104頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Ζガンダム」の関連用語

Ζガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Ζガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのΖガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS