第一次ネオ・ジオン抗争とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第一次ネオ・ジオン抗争の意味・解説 

第一次ネオ・ジオン抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 09:24 UTC 版)

第一次ネオ・ジオン抗争(だいいちじネオ・ジオンこうそう)は、アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』の舞台となった架空の戦争の名称。エゥーゴおよびカラバと、ネオ・ジオンとの戦争である。「ハマーン戦争」とも呼ばれる[1]。劇中ではグリプス戦役と一体の名称不明の戦いとして描かれ、放映後に「グリプス戦役」や「第一次ネオ・ジオン戦争」という名称が設定された[2]




  1. ^ 小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では「ハマーンのクレイジー・ウォー」とも称されていることが語られている。
  2. ^ MODELKASTEN - 書籍 - ガンダム アーカイヴス『第一次/二次ネオ・ジオン戦争』編
  3. ^ TV版では百式のメガバズーカランチャーによる攻撃、劇場版では、同時にコロニーレーザーの試射が行われたことで喪失している。
  4. ^ エゥーゴ、ティターンズのしがらみが残る連邦軍にとって、軍内部の意志統一が最も優先順位の高い課題であった。(『ガンダム・センチネル』)
  5. ^ ただし、実際には撤退する描写も撤退しない描写も無い。
  6. ^ 一方でエゥーゴは、ハマーン不在の隙を突いてメッチャーを司令官とするアクシズ攻略戦を開始するが、ネオ・ジオンの思わぬ反撃により失敗してしまう。(『ジオンの幻陽』)
  7. ^ 漫画『ジオンの幻陽』ではエゥーゴのアクシズ攻略戦に対する報復も含まれている。
  8. ^ アニメ第37話冒頭で語られる。
  9. ^ アニメ第33話におけるタンデムの台詞で停戦とサイド3譲渡について言及している。
  10. ^ 40話での、スタンパの配下とジュドーらの会話から。
  11. ^ 第45話では、グレミー軍を倒すのではなく、グレミー本人を旗艦ごと叩くと語っている。
  12. ^ バンダイ『機動戦士ガンダムキャラクター大図鑑II巻』P37より。
  13. ^ ゲームブック『機動戦士ガンダム シャアの帰還』より。
  14. ^ PCゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』より。
  15. ^ 成すべきことを成し遂げた主人公が、家族や友人の元を離れて新たな旅・新たな人生へと雄飛するのは、1980年代までのアニメや漫画やドラマの定番の結末であった。


「第一次ネオ・ジオン抗争」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一次ネオ・ジオン抗争」の関連用語

第一次ネオ・ジオン抗争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第一次ネオ・ジオン抗争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一次ネオ・ジオン抗争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS