Νガンダムとは?

νガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 04:11 UTC 版)

νガンダム(ニューガンダム[注 1]、NU GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」のひとつ。初出は、1988年公開のアニメーション映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。


注釈

  1. ^ 機動戦士Ζガンダム』第1話冒頭では、アポリーがテスト飛行中だったガンダムMk-IIを「ニューガンダム」と呼ぶ場面がある。
  2. ^ シルエットとしてマントをしているというこのコンセプトが結果的にフィン・ファンネルの搭載に繋がって行った[1]
  3. ^ 劇場映画『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』のポスター用に大河原邦男が描きおろした画稿の一つには、大河原のミスにより「へ」の字スリットが3本付いたRX-78-2 ガンダムがある。
  4. ^ アニメ雑誌「月刊ニュータイプ」編集長だった井上伸一郎によると、富野監督はシャアのスペルが「S」から始まると思い込んでいたために(実際はCharなので「C」)、「シャアを超える」という意味でHi-Sとしたという[6]
  5. ^ 細身のHi-Sガンダム以外は全て恐竜や怪獣モチーフとした「ごつく怖い」デザインラインで進行していた[8]
  6. ^ 富野監督からは「チョンマゲをデカくし、顔の側面に芸を付けろ」の注文あり[5]
  7. ^ 加えて、ラフな組み立てなら二週間で可能であり、MS製造の歴史の証明と小説版作中でオクトーバーが語っている。その製造スピードについて、アムロは「まるでプラスチック・モデル並のスピードだな」と感嘆の声を上げる[16]
  8. ^ マスターグレード付属説明書でもこれを踏襲し、本機の基礎設計は歴代のガンダム・タイプの平均値を参考に、技術発展によるアップデートがほどこされているとしている[19]
  9. ^ Ζガンダムにおいては高性能ではあるものの、操縦系統の反応が先鋭化しており、その操作はデリケートなものとなっていた[19]
  10. ^ 劇中では戦場に割って入ったνガンダムのライフル射撃を、敵パイロットのレズンが艦戴のメガ粒子砲だと一瞬勘違いするシーンがある。
  11. ^ 劇中では、バリアー展開中にその内側から攻撃を行い、敵ファンネルを撃墜している描写が見られる。
  12. ^ 『逆襲のシャア』劇中では、サイコフレームの導入により機体重量が3キログラム減ったとされるが、重量を含む本仕様のスペックの数値はすべて実戦配備仕様と同じになっている[42]
  13. ^ 後発機のユニコーンガンダムのデストロイモードの装甲展開ギミックをνガンダムまで逆算した形。同時期に発売された『MG サザビー Ver.Kaバージョン・カトキ』も同様にサイコフレーム発動状態が追加されている。
  14. ^ プラモデルなどで採用している型番。
  15. ^ 執筆者の富野由悠季は同作のあとがきに際し、「ベルトーチカ・チルドレンは逆襲のシャアのシナリオ第一稿をベースとしたモチーフ小説」という立場を説明している[48]
  16. ^ 『Gジェネレーション』シリーズ、『MSモビルスーツ大全集2013』などで分類している。しかし『データコレクション』では未定義、CCA-MSVを扱っている『MSモビルスーツ大全集98』ではHi-νガンダムを掲載しておらず、『2003』ではM-MSVのページに掲載している。
  17. ^ 小説のサイコ・ドーガは映画におけるヤクト・ドーガに相当する機体で、『CCA-MSV』に存在する同名の機体とは別物である。
  18. ^ 『Gジェネレーションオーバーワールド』ほか。『データコレクション』の解説文にも「ハイパー・メガビーム・ランチャー」と記載されている[35]
  19. ^ 商品の箱などに明記。
  20. ^ 付属解説書では「YRA-90A」だが、ゲーム本編では「YRX-90A」であり、こちらのほうが地球連邦軍MSモビルスーツの型式番号の法則にも合致する。

出典

  1. ^ a b c d e f 『グレートメカニックG 2017WINTER』双葉社、2017年12月、12-36頁。ISBN 978-4575465068
  2. ^ a b c d e f 出渕裕『出渕裕メカニカルデザインワークス (1)』ムービック、2000年8月、4-5頁。ISBN 978-4896014907
  3. ^ a b c d 『グレートメカニックG 2020WINTER』双葉社、2020年12月、14-45頁。ISBN 978-4575465259
  4. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムMS大全集』バンダイ、1988年、102-104頁。ISBN 9784891893361
  5. ^ a b c d 『フィギュア王 no.41』ワールドフォトプレス、2001年3月、72頁。ISBN 978-4846523046
  6. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムエピソードガイド Vol.3』角川書店、1999年12月、151頁。ISBN 978-4048530705
  7. ^ ガンプラファクトリー 2005, p. 98.
  8. ^ a b c d 『Newtype2007年1月号 ポスター』角川書店、2006年12月。
  9. ^ a b 『ZGUNDAM A (ゼータガンダムエース)』角川書店、2005年7月、82-85頁。
  10. ^ a b 封入特典「逆襲のシャア ドキュメントコレクション」収録インタビュー冒頭公開”. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 株式会社サンライズ (2018年6月22日). 2021年5月6日閲覧。
  11. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、52-53頁。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『1/144 νガンダム』付属説明書、バンダイ、1987年12月。
  13. ^ 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』学習研究社、1988年4月、64頁。
  14. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』徳間書店、2009年7月、53頁。ISBN 978-4-19-908005-0
  15. ^ a b c d 『1/100 νガンダム フィン・ファンネル装備型』付属説明書、バンダイ、1988年10月。
  16. ^ a b c 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 中篇』徳間書店、2009年7月、79-80頁。ISBN 978-4-19-908005-0
  17. ^ a b c d e f g 『ハイグレードユニバーサルセンチュリー RX-93 νガンダム』付属説明書、バンダイ、2008年3月。
  18. ^ a b 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア パンフレット』5ページ
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m 『マスターグレード RX-93 ニューガンダム』付属説明書、バンダイ、2000年12月。
  20. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(中篇)』徳間書店、1988年2月29日、50-53頁。ISBN 4-19-669575-2
  21. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』角川書店、1988年2月20日、108頁。ISBN 978-4-04-410109-1
  22. ^ a b 『ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、73頁。(ISBN 978-4499205306)
  23. ^ 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、20頁。(ISBN 978-4063700824)
  24. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店、1998年8月15日初版発行、58-62頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  25. ^ 劇場用アニメ「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」13分頃
  26. ^ a b c d 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、18-23頁。(ISBN 978-4063700824)
  27. ^ 『Bクラブスペシャル15 機動戦士ガンダムMSモビルスーツ大全集』バンダイ、1988年2月10日初版発行、80-82頁。(ISBN 4-89189-336-2)
  28. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、126頁。(ISBN 978-4891890193)
  29. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMSモビルスーツ大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑』バンダイ、1993年2月28日初版発行、39-40頁。(ISBN 978-4891892067)
  30. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集98』メディアワークス、1998年4月、146頁。ISBN 4073085190
  31. ^ a b c 『1/144νガンダム フィン・ファンネル装備型』付属説明書、バンダイ、1988年7月。
  32. ^ a b c 『電撃ホビーマガジン』2007年1月号掲載「U.C. ARMS GALLERY」、メディアワークス。
  33. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、66頁。(ISBN 978-4891890193)
  34. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第5号 2019, p. 18-25.
  35. ^ a b c d e f g 『データコレクション7 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店、1998年8月、4-11頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  36. ^ 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ Part2』KADOKAWA、2016年7月、76-77頁。ISBN 978-4041046685
  37. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第5号 2019, p. 10-11.
  38. ^ ガンダム・オデッセイ 1991.
  39. ^ B-CLUB』vol.21より。
  40. ^ 「ガンダムファンクラブ」プレミアム会員限定特典ガンプラの「νガンダム(ファーストロット)」設定画到着!”. ガンダムインフォ. サンライズ (2020年4月10日). 2020年4月10日閲覧。
  41. ^ a b ガンダムファンクラブプレミアム会員初回入会特典ガンプラ「HG νガンダム(ファーストロットカラーVer.)」の詳細設定をチェック!”. 電撃ホビーウェブ. KADOKAWA (2020年4月10日). 2020年4月10日閲覧。
  42. ^ HGUCνガンダム1stロット 2020.
  43. ^ a b c d 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2019年12月、 34頁、 JAN 4910124011294。
  44. ^ プラモデル『HGUC FA-93HWS νガンダム(ヘビー・ウエポン・システム装備型)』付属説明書、バンダイ、2009年2月。
  45. ^ Gジェネレーション』シリーズ
  46. ^ a b 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』角川スニーカー文庫、1988年2月、口絵。(ISBN 978-4044101091)
  47. ^ 『ハイグレードユニバーサルセンチュリー RX-93-ν2 Hi-νガンダム』付属説明書、バンダイ、2009年6月。
  48. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』角川書店、1988年2月20日発行、372-373頁、ISBN 978-4-04-410109-1
  49. ^ a b MSV The Second-Generation 1986-1993. 双葉社. (2019/10/19) 
  50. ^ マスターグレード νガンダムの組立解説書より。
  51. ^ a b c d 『ガンダムウェポンズ “逆襲のシャア”編』ホビージャパン、2001年3月。(ISBN 978-4894252462)
  52. ^ a b c ガンダム・モビルスーツ・バイブル 01 νガンダム. デアゴスティーニ・ジャパン. (2019年1月29日) 
  53. ^ FW GUNDAM CONVERGE ♯05”. バンダイ. 2019年11月18日閲覧。
  54. ^ a b c d 『マスターグレード 1/100 Hi-νガンダム』付属説明書、バンダイ、2007年2月。
  55. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』角川書店、1988年2月20日発行、107-108頁、ISBN 978-4-04-410109-1
  56. ^ 『1/144 HGUC Hi-νガンダム』付属説明書、2009年6月、バンダイ
  57. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン”. 月刊ガンダムエース. 2019年11月18日閲覧。
  58. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』角川書店、1988年2月20日発行、130-131頁、ISBN 978-4-04-410109-1
  59. ^ a b c d 『月刊ホビージャパン』2014年10月号、30頁。
  60. ^ METAL ROBOT魂 <SIDE MS> Hi-νガンダム専用ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー”. プレミアムバンダイ. 2020年9月20日閲覧。
  61. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『SD CLUB』第11号、バンダイ、1990年4月、121頁。
  62. ^ 『データコレクション13 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝3プラス ORIGINAL MSモビルスーツ IN GAMES』メディアワークス、1999年12月、37頁。(ISBN 978-4840213783)
  63. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑【PART.4 MSモビルスーツ開発競争編】』バンダイ、1991年2月、51頁。(ISBN 978-4891891305)
  64. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑【PART.4 MSモビルスーツ開発競争編】』バンダイ、1991年2月、121頁。
  65. ^ SDガンダム GGENERATION』バンダイ、1998年8月。
  66. ^ a b c d 『ガンダムマガジン』No.4、講談社、1991年4月、69頁。
  67. ^ a b c MSV 2nd-G 2019, p. 55.
  68. ^ 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第1号 2018, p. 20-23.
  69. ^ MSV 2nd-G 2019, p. 90.
  70. ^ 『SD CLUB』第15号、バンダイ、1990年9月、23頁(SDイラストより)。
  71. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE. 25 機動戦士ガンダム MSモビルスーツ大図鑑【PART.4 MSモビルスーツ開発競争編】』バンダイ、1991年2月、6-7頁。
  72. ^ 『機動戦士ガンダム公式設定集 アナハイム・ジャーナル U.C.0083-0099』エンターブレイン、2003年12月。(ISBN 978-4757716636)
  73. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月、122頁。(ISBN 978-4041039311)
  74. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、4頁。
  75. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第1巻、2015年6月26日、188-189頁。(ISBN 978-4041031384)
  76. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月、156頁。(ISBN 978-4041039311)
  77. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月24日、36-38頁。(ISBN 978-4041039311)
  78. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、51頁。(ISBN 978-4041057810)
  79. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月、122-123頁。(ISBN 978-4041039311)
  80. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、171頁。
  81. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、4頁。
  82. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第6巻、2017年7月、4、173頁。
  83. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月、172-176頁。(ISBN 978-4041039311)
  84. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月、170-171頁。(ISBN 978-4041039311)
  85. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月24日、43頁。(ISBN 978-4041039311)
  86. ^ 『機動戦士ガンダムU.C.0096 ラスト・サン』第3巻、2016年2月24日、60頁。(ISBN 978-4041039311)
  87. ^ 『機動戦士ガンダム「新世代へ捧ぐ」GUNDAM NEW GENERATION』1988年8月、ホビージャパン






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Νガンダム」の関連用語

Νガンダムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Νガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのνガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS