ジムシリーズのバリエーションとは?

ジムシリーズのバリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 16:50 UTC 版)

ジムシリーズのバリエーションではアニメ『機動戦士ガンダム』をはじめとする『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器「モビルスーツ (MS)」、ジムの派生機について記述する。




注釈

  1. ^ U.C.0223年を舞台にした映像作品『G-SAVIOUR』においては、作中から30年前における地球連邦軍後期の主力MSとして、RGMの型式番号を継承した機体であるフリーダムが運用されていた[11]
  2. ^ 初出の『MSV』では通常のジムと同じ"RGM-79"であった。『ENTERTAINMENT BIBLE .1 MS大図鑑【PART.1 1年戦争編】』では"RGM-79(L)"と括弧書きで追加され[13]、『MJ(模型情報)』1992年5月号で括弧が外された[14]
  3. ^ ゲーム『GGENERATION』シリーズでは「ビームスプレーガン」とされている。
  4. ^ HGUC『陸戦型ガンダム地上戦セット』パッケージイラストでジム頭が装備しているのが確認できる。
  5. ^ ほかに「ガンダイバー」の名称を用いているのは『SDガンダムGNEXT』、『ガンダムネットワークオペレーション3』、カードゲーム『ガンダムウォー』。

出典

  1. ^ 『1/144ジム・スナイパーカスタム』バンダイ、1983年12月、付属解説書。
  2. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、2010年9月、17-23頁。(ISBN 978-4797371239)
  3. ^ 『B-CLUB』70号 バンダイ、1991年7月、46頁。(ISBN 4-89189-450-4)
  4. ^ 『Newtype 100% コレクション23 機動戦士Vガンダムvol.2 SHAHKTI'S PRAYER』 角川書店、1994年6月15日、38-40頁。ISBN 4-04-852485-2
  5. ^ 『1/144 ジムII』バンダイ、1985年8月、組立説明書。
  6. ^ 『マスターグレード 1/100 ネモ』バンダイ、2006年2月、組立説明書。
  7. ^ 『HGUC 1/144 ジムIII』バンダイ、2011年7月、組立説明書。
  8. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .3 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.3 アクシズ戦争編】』バンダイ、1989年6月、132頁。ISBN 4-89189-019-3
  9. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE.35 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.5 コスモ・バビロニア建国戦争編』 バンダイ、1991年6月、36頁および78頁。ISBN 4-89189-157-2
  10. ^ 『機動戦士Vガンダム NEWモビルスーツバリエーションハンドブック1』 バンダイ、1993年11月、14頁。
  11. ^ 『ニュータイプ100%コレクション 4 G-SAVIOUR Full Weapon』 角川書店、2001年3月、65頁。ISBN 4-04-853338-X
  12. ^ 型式番号はゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』より。
  13. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』バンダイ、1989年2月20日、18頁。
  14. ^ a b 『MJ』1992年5月号、バンダイ、10頁。
  15. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MS大全集98』メディアワークス、1998年5月15日、21頁。
  16. ^ a b 「012 ジム・ライトアーマー」『機動戦士ガンダム MSV コレクションファイル[宇宙編]』講談社、1999年11月19日。
  17. ^ a b c d e f g h i j k プラモデル『1/144 RGM-79 ジム・スナイパーカスタム』付属説明書、バンダイ、1983年12月。
  18. ^ a b c 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月1日、20頁。
  19. ^ a b 『HISTORY OF MOBILE SUIT』裏表紙、バンダイ、1984年。
  20. ^ a b 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月1日、92頁。
  21. ^ アーケードゲーム『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン』、『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』ほか。
  22. ^ ゲーム『機動戦士ガンダム 一年戦争』。
  23. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月1日、22頁。
  24. ^ a b c 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月1日、94頁。
  25. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、30-31頁および110-112頁。ISBN 978-4041202104
  26. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R 連邦編』角川書店、2012年3月、33-35頁および113-117頁。ISBN 978-4041202104
  27. ^ 『総解説 ガンダム事典 Ver.1.5』218頁より。
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『SD CLUB』第10号、バンダイ、1990年4月、32頁。
  29. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、46頁。
  30. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールド ep 4-6』双葉社、2013年5月、56-57頁。
  31. ^ 『SD CLUB』第13号掲載「モビルスーツコレクション・ノベルズAct.6 Fifty-Fifty」バンダイ、1990年6月。
  32. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、17頁。
  33. ^ 『ENTERTAINMENT BIBLE .25 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.4 MS開発競争編】』バンダイ、1991年2月、88頁。
  34. ^ 『機動戦士ガンダム0080 B-LUB VISUAL COMIC vol.2』122-123頁(バンダイ、1989)ISBN 4-89189-047-9-C0079
  35. ^ 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part.1』講談社、2013年3月、87頁。
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『SD CLUB』第10号、バンダイ、1990年4月、33頁。
  37. ^ 『コミックボンボンスペシャル35 カードダス20 SDガンダムカラー完全大図鑑』講談社、1989年3月、70頁。
  38. ^ 「HG 1/144 局地型ガンダム」バンダイホビーサイト
  39. ^ 「プラモデル - RX-78-01[N] 局地型ガンダム」『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』公式サイト
  40. ^ 『HG 1/144 局地型ガンダム』、バンダイ、2016年7月。
  41. ^ 「メカニカル - RX-78-01[N] 局地型ガンダム」『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』公式サイト
  42. ^ 「地球連邦軍のMS開発の流れ」『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』公式サイト
  43. ^ 『HG 1/144 水中型ガンダム』バンダイ、2016年10月。
  44. ^ 月刊ホビージャパン』2005年2月号、27頁。
  45. ^ a b c d e 『電撃ホビーマガジン』2000年12月号、メディアワークス、75頁。
  46. ^ a b c d GA Graphic『マスターアーカイブ モビルスーツ RGM-79 ジム Vol.2』SBクリエイティブ、2015年、68・69頁。ISBN 978-4-7973-7123-9
  47. ^ a b 模型情報』1989年6月号が初出。
  48. ^ 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』171頁より。


「ジムシリーズのバリエーション」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジムシリーズのバリエーション」の関連用語

ジムシリーズのバリエーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジムシリーズのバリエーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジムシリーズのバリエーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS