大河原邦男とは?

大河原邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 12:47 UTC 版)

大河原 邦男(おおかわら くにお、 (1947-12-26) 1947年12月26日(73歳) - )は、アニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイナー。『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで知られる。東京都稲城市出身[1]。息子はアニメーターの大河原烈[要出典]




  1. ^ 渋谷アニメランド”. NHK. 2012年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月13日閲覧。
  2. ^ 大河原邦男先生の特製サイン入り色紙公開!”. 織田廣喜美術館. 2016年6月9日閲覧。
  3. ^ School TV DREAM TRAIN J-WAVE 2015年8月31日
  4. ^ メカニックデザイナー 大河原邦男展 ガイドコメント 2015年
  5. ^ 荻原博之、2010年、「大河原邦男 メカニックデザイナー 自己満足ではいけない」、『日経ものづくり』2010年10月号(673)、日経BP、ISSN 1349-2772 pp. pp.6-8
  6. ^ a b タイムボカン:新作アニメは10月からであらすじも公開 メカデザインは大河原邦男! - MANTANWEB(まんたんウェブ)
  7. ^ 第1作『タイムボカン』ではヤゴマリンを担当しただけであり、本格的に担当したのは第2作『ヤッターマン』の途中からであるが、第1作のリメイク作品『タイムボカン24』では本格的に担当するため、一応はシリーズ全作品に関わったことになる[6]
  8. ^ 実際にはメカマン所属時代、『ザンボット3』に先駆けて制作されていた『超電磁マシーン ボルテスV』の主役メカ・ボルテスVのクリンナップを手がけており、これがサンライズ制作作品への初参加となる。
  9. ^ 2012年5月18日付 日経MJ紙 16面 『「ガンダム」のデザイナー 大河原邦男氏に聞く』
  10. ^ バイファム、ダンバインなどの初版にのみ付属。正確な名称は『HYPER MECHANICAL ANIMATION WORLD』
  11. ^ テレビマガジン特別編集「ガンダム誕生の時代 大河原邦男」『機動戦士ガンダム大全集』講談社、1991年4月12日、ISBN 4-06-178412-9、117頁。
  12. ^ ブロッカー軍団Ⅳマシーンブラスター 全38話保存プロジェクト - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)” (日本語). readyfor.jp. 2021年3月6日閲覧。
  13. ^ スタッフ&キャスト”. 太陽の牙ダグラム公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  14. ^ タイムボカン2000 怪盗きらめきマン :作品情報”. アニメハック. 2020年5月27日閲覧。
  15. ^ “ガンダム公式 YouTube チャンネル「ガンダムチャンネル」開設!『ビルドダイバーズRe:RISE』10月配信決定!”. GUNDAM.INFO. (2019年7月31日). https://www.gundam.info/news/video-music/news_video-music_20190731_26.html 2019年7月31日閲覧。 
  16. ^ 名鉄創業120周年記念乗車券「The second」を発売します。 - 名鉄のオススメ”. 名古屋鉄道. 2014年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月12日閲覧。
  17. ^ 該当形式は名電1号3400系7000系2000系
  18. ^ 新キャラで特殊詐欺根絶へ 大河原邦男さん制作「ストッポ君」お披露目産経ニュース2017年9月4日)


「大河原邦男」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大河原邦男」の関連用語

大河原邦男のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大河原邦男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大河原邦男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS