機動戦士ガンダムF90とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > 機動戦士ガンダムF90の意味・解説 

機動戦士ガンダムF90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 04:22 UTC 版)

機動戦士ガンダムF90』(きどうせんしガンダムエフきゅうじゅう)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』の一つで、1990年バンダイから発売されたプラモデル、及びそれを元に描かれた漫画などによるマルチメディア展開作品[1]。1991年のアニメーション映画機動戦士ガンダムF91』のスピンオフでもある。


注釈

  1. ^ 外観こそ特異だがMSA-0120はヘビーガンの改良発展型にすぎない機体であるとした資料も見られる[21]
  2. ^ U.C.0111年10月にMSA-120を下し、F90が正式採用を勝ち得た[23]
  3. ^ 高価格ゆえに採用が見送られたとする資料もみられる[17]
  4. ^ メガブースト・エネルギーCAP利用の新技術と記述した資料もみられる[17]

出典

  1. ^ ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 302.
  2. ^ a b F90 A to Z PROJECT”. バンダイホビーサイト. 2020年3月29日閲覧。
  3. ^ ABOUT”. バンダイホビーサイト. 2020年3月29日閲覧。
  4. ^ SDクラブ第15号、第17号〜第20号まで連載されたが、雑誌休刊のため未完に終わり、単行本化されていない。
  5. ^ 26種類のミッションパックを持つ「ガンダムF90」がついにMGに!”. GAME Watch. 2020年2月16日閲覧。
  6. ^ プレミアムバンダイの「1/100 MG ガンダムF90」商品販売ページの説明文より。
  7. ^ F90 A to Z PROJECT公式ページ”. バンダイホビーサイト. 2020年2月16日閲覧。
  8. ^ ガンダムエース2019年8月号”. KADOKAWA. 2020年2月16日閲覧。
  9. ^ a b c 『機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション (B‐CLUB SPECIAL)』バンダイ、1991年5月、48-58頁。ISBN 978-4891891558 
  10. ^ 『ガンダムF91』の物語の12年前である。
  11. ^ 『グレートメカニック14』双葉社、2004年10月、45頁。ISBN 4-575-46424-4 
  12. ^ 機動戦士ガンダムF90”. KADOKAWA. 2020年3月29日閲覧。
  13. ^ a b MSヒストリカVol.5 2010, p. 32.
  14. ^ a b c 1/100 ガンダムF-90 増装ウェポン 1990, p. 組立説明書.
  15. ^ a b c d ニュータイプ9007 1990, p. 4-5.
  16. ^ a b ニュータイプ9008 1990, p. 13.
  17. ^ a b c d e f g h i j k l Cyber comix No24 1990, p. 3.
  18. ^ ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 368.
  19. ^ モビルスーツハンドブック 1992, p. 14-15.
  20. ^ a b ガンダムF91オフィシャルエディション 1991, p. 62.
  21. ^ 最新MS造形資料集 1992, p. 79.
  22. ^ MSヒストリカVol.6 2010, p. 29-30.
  23. ^ シルエットフォーミュラ91 2000, p. 8.
  24. ^ a b c d ガンダム辞典Ver1.5 2009, p. 301.
  25. ^ a b c d プレミアムバンダイにて「MG ガンダムF90」&ミッションパックセット3種、2020年5月発送分予約受付スタート!”. GUNDAM.INFO. 2020年2月27日閲覧。
  26. ^ F90 A to Z PROJECT「MG ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプ」本日13時より予約開始!”. GUNDAM.INFO. 2020年2月27日閲覧。
  27. ^ a b c d ガンダムエース2105 2021, p. 354.
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n ガンダムエース2010 2020, p. 28-29.


「機動戦士ガンダムF90」の続きの解説一覧

機動戦士ガンダムF90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ここには、プラモデル企画及び漫画『機動戦士ガンダムF90』登場人物挙げる地球連邦軍 エリク グッテンバイガー シド・アンバー ジョブ・ジョン デフ・スタリオン ナヴィ ノヴォトニー マーク オールズモビル火星独立ジオン軍ベイリー ボッシュ

※この「機動戦士ガンダムF90」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を見る


機動戦士ガンダムF90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:03 UTC 版)

ここでは、プラモデル企画『機動戦士ガンダムF90』登場兵器挙げる地球連邦軍 L-233系掃海艇宇宙艇)アーレイバーグ、トレッド アイリッシュ巡洋艦宇宙巡洋艦コングラチュレーション セント・アイヴス 降下船(大気圏突入カプセルジュピトリス超大型輸送艦宇宙輸送艦コバヤシ随行補給機(宇宙艇ソルマック惑星雷撃艦(宇宙艇ラー・カイラム戦艦宇宙戦艦アドミラル・ティアンム 等級不明ミッテラン宇宙駆逐艦

※この「機動戦士ガンダムF90」の解説は、「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧」の概要を見る


機動戦士ガンダムF90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 06:17 UTC 版)

ここには、プラモデル企画及び漫画『機動戦士ガンダムF90』登場人物挙げる地球連邦軍 エリク グッテンバイガー シド・アンバー ジョブ・ジョン デフ・スタリオン ナヴィ ノヴォトニー マーク オールズモビル火星独立ジオン軍ベイリー ボッシュ

※この「機動戦士ガンダムF90」の解説は、「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の解説の一部です。» 「ガンダムシリーズの登場人物一覧」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機動戦士ガンダムF90のお隣キーワード

機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜

機動戦士ガンダムAGE トレジャースター

機動戦士ガンダムAGEの登場人物

機動戦士ガンダムAGEの登場兵器

機動戦士ガンダムAGE編

機動戦士ガンダムALIVE

機動戦士ガンダムF90

機動戦士ガンダムF91

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122

機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122詳細は「機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122」を参照劇場公開後の1991年夏に発売された、スーパーファミコン用のゲームソフト。「SFC版F91」「ゲーム版F91」のように呼称される場合も多いが、実際には前述の『F90』の展開上で発表された外伝作品であり、登場人物が異なるほか、登場MSも一部が共通するのみである。ガンダムF90の装備としてガンダムF91の試験のためのVタイプなどが登場している。物語の舞台は『F91』の1年前。ジオン公国軍の残党の壊滅と、その裏でのクロスボーン・バンガードの暗躍が描かれる。機動戦士ガンダム クライマックスU.C.詳細は「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」を参照2006年に発売された、PlayStation 2用のゲームソフト。ガンダムシリーズの映像作品の1つとして『F91』が収録されている。SDガンダム作品以外で初めて『F91』のシナリオが再現されているほか、ゲームのエンディング曲として『F91』のテーマ曲である『ETERNAL WIND』が使用されている。また、漫画版『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』は『F91』の時間軸での物語と、『機動戦士ガンダム』から『逆襲のシャア』までの時間軸での物語を並行する構成となっている。F91パーフェクト3

機動戦士ガンダムF91〈番外編〉シーブックの騎士道物語

機動戦士ガンダムF91の登場人物

機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダムF90のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダムF90 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場艦船及びその他の兵器一覧 (改訂履歴)、ガンダムシリーズの登場人物一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS