機動戦士ガンダム00外伝とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 き > 機動戦士ガンダム00外伝の意味・解説 

機動戦士ガンダム00外伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 17:44 UTC 版)

機動戦士ガンダム00外伝』(きどうせんしガンダムダブルオーがいでん)は、『電撃ホビーマガジン』、『ガンダムエース』、『月刊ホビージャパン』の3誌において、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』の放送と並行して展開が開始された、同作を別の視点から描くサンライズ公式の外伝の総称。




注釈

  1. ^ 機動戦士ガンダム00外伝 ポータルサイトには『00P SPECIAL EDITION (00P SE)』を除いた7作品がリストアップされており、『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム00外伝』の帯にも「全7作品」と記載されている(ただし『00P SE』初出の機体も掲載されている)。
  2. ^ 第10回までのMSの解説(ドラマパート)は、ロベール・スペイシーの著書や日記から引用したもの、という形で、第11回から第15回までは、エイミー・ジンバリストの視点で執筆されている。その後は毎回キャラクターが替わり、2009年6月号と12月号はシェリリン・ハイド、7月号と11月号はデボラ・ガリエナ、8月号はビリー・カタギリ、9月号はヒリング・ケア、10月号のセラヴィーガンダムGNHW/3Gはティエリア・アーデ、ザンライザーは沙慈・クロスロードとなっている。また、2009年9月号ではROBOT魂〈SIDE MS〉月刊ホビージャパン9月号限定アイテム「アドヴァンスドジンクス(デボラ機)」に関連して、デボラ・ガリエナ視点のエピソードが掲載されている。『GUNDAM WEAPONS 機動戦士ガンダム00V編』書き下ろしの「リボーンズガンダム オリジン」はリボンズ・アルマーク視点となっている。
  3. ^ 連載時そのままのものも掲載されている。
  4. ^ 同様に完全に存在を消去された、かつて父が救助した女性(マレーネ)の行方を探し続けている。
  5. ^ ヴェーダの合理主義により爆発の威力が最小限であった事と、パイロットスーツを着用していた事が奇跡的に助かった要因とされている(『00F』1巻巻末より)。
  6. ^ 『00I』において活動を再開した際に自機であるアストレアTYPE-Fにフェレシュテのマークを改造して「Troitor A13 FON SPAAK」と記し彼なりの皮肉を利かせている。
  7. ^ エクシアを襲った「カスタムフラッグ」についても計測されたスペックにばかり目を向け、その欠点に気がつかなかった。
  8. ^ しかし、その操縦技術は本物で、ガンダムアストレア(粒子貯蔵タンク型)にピースをさせる程の芸当を持つ(常人では出来ない)
  9. ^ 後にシェリリンにも同様の評価を受ける。
  10. ^ テリシラの発案でバランス計算を「ヴェーダに代行」させた。
  11. ^ 実際はフォンが意図的に撮影される様に行動した模様。

参考文献

  1. ^ 機動戦士ガンダム00外伝 スタッフ紹介”. 機動戦士ガンダム00 公式サイト. サンライズ. 2009年8月18日閲覧。
  2. ^ 『機動戦士ガンダム00N integrated G-ROOMS』204頁より。
  3. ^ a b 「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」参戦する新たなユニット&参戦キャラクターを公開!”. GUNDAM.INFO (2019年2月28日). 2019年3月2日閲覧。
  4. ^ プラモデル「GNX-603T ジンクス」付属解説書, 1/100スケールモデル MG ガンダム00, バンダイ, http://bandai-hobby.net/gundam00/product/mg/gnx.html 


「機動戦士ガンダム00外伝」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム00外伝」の関連用語

機動戦士ガンダム00外伝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダム00外伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム00外伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS