SDガンダムフルカラー劇場とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 日本の漫画作品一覧 > SDガンダムフルカラー劇場の意味・解説 

SDガンダムフルカラー劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 15:37 UTC 版)

SDガンダムフルカラー劇場』(エスディーガンダムフルカラーげきじょう)は、あずま勇輝漫画作品。アニメ機動戦士ガンダム』をはじめとする「ガンダムシリーズ」のうち、「SDガンダムシリーズ」に属するギャグ漫画作品。講談社の児童向け漫画雑誌「コミックボンボン」において、1997年11月号から2007年12月号(最終号)まで連載された。ボンボンの休刊に伴って一旦休止となり、2008年発売のテレビマガジンまんが増刊号「テレまんがヒーローズ」にて再開。それに合わせてタイトルロゴのみ『SDガンダムフルカラー劇場TM』に変更され一旦は続けられたものの、5号2009年夏号で終了した。単行本11巻で描き下ろしが掲載された。




  1. ^ 一部書下ろしもあるが、KADOKAWA小学館で展開されている『ガンダム』作品のキャラクター(『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムAGE』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』など)は登場しない。
  2. ^ 本来SEED系作品ではガンダムが存在しない(詳しくはガンダムSEEDの概要にて)のだが、ラインナップ名に入っているためガンダムと呼ばれている。
  3. ^ 話本編に出なくても、表紙にのみ登場した人間キャラ(主に夏に多い水着を着た女性キャラ)も数名いる。
  4. ^ 原作においてパイロットが同じモビルスーツ・モビルアーマーは一部を除いて「同一キャラの変身」という扱いにして、キャラ数が増えすぎないようにしている(その代表例がガンダムとシャア)。原作で後継機に当たるが、パイロットの異なるキャラクターは兄弟・親戚として登場しているケースが多い(例として特に後継機が多いΖガンダム)。また、原作でのパイロット同士の人間関係がモビルスーツやモビルアーマーのキャラ設定に反映されていることも多いが、性格などは原作の設定を大きく逸脱することも珍しくない。
  5. ^ ただし、この設定は逆襲のシャア編からの設定のため、それ以前の設定と矛盾が生じることがある。


「SDガンダムフルカラー劇場」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SDガンダムフルカラー劇場」の関連用語

SDガンダムフルカラー劇場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SDガンダムフルカラー劇場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSDガンダムフルカラー劇場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS