オーブ連合首長国とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オーブ連合首長国の意味・解説 

オーブ連合首長国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 17:53 UTC 版)

オーブ連合首長国(オーブれんごうしゅちょうこく、Orb Union)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空国家




注釈

  1. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のシン・アスカの回想シーンでは、国内に紅葉の観光シーズンが存在しているが、設定上どのような整合がとられているのかは不明。
  2. ^ a b 同時に北海道を除く日本列島は朝鮮半島や中国、台湾、モンゴルといった地域と合併し東アジア共和国が成立した[4]。そのため、コズミックイラにおいては日本という国家は消滅している[5]
  3. ^ 多数の日本人移民を受け入れて来た事などの背景は、『SEED DESTINY』公式サイトの「D-I.Q.」のPHASE_14とPHASE_28などを参照[7][8]
  4. ^ 一例として、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第14話にて、カガリがキラに宛てた手紙が日本語で書かれている。
  5. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」アニメーション第31話においては、連合によるオーブ侵攻の折に支援を行った事がアマギの口頭で明かされている。
  6. ^ a b オーブは国防軍を有するが、CE73年の連合加盟までは災害救助などを除いて、国外に派兵された事はなかったとされる[45]。尚、アニメーション作中においては「SEED DESTINY」第28話においてウズミ・ナラ・アスハによる中立宣言の様子が描かれたのみで、その成立時期は説明されていない。
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』第28話でのカガリ・ユラ・アスハのセリフ。
  8. ^ a b ハウメアという女神を奉っている文化が劇中頻繁に登場する。国家元首の結婚にもこの様式。アメリカ合衆国ハワイ州伝説に同名の女神Haumeaがいる。ただし現実のソロモン諸島にはハウメア信仰はない。
  9. ^ この際にオーブの所有するメビウスがイライジャ・キールや叢雲劾へ攻撃を加えた[23]。後にこれらの機体はアストレイの情報を秘匿しようとするサハク家の一部の差し金であった事が判明する[24]
  10. ^ C.E.71年6月15日、ウズミ首長らの自爆の後にオーブ本国は地球連合に降伏した。しかし、ミナ率いるアメノミハシラは本国の方針に反旗を翻し、新型宇宙用MS「M1Aアストレイ」の製造等の活動を継続した[26]
  11. ^ ロンドによる支配後はアメノミハシラはオーブから独立した立ち位置にある[28]
  12. ^ モルゲンレーテ社のような国営企業にもコーディネイター技術者が在籍しており、元在住者も含めたコーディネイター技術者で明示的なキャラクターはエリカ・シモンズやリンナ・セラ・イヤサカが挙げられる。
  13. ^ 国営企業であるモルゲンレーテ社は地球連合加盟国にも国外支社を持っており、初期GAT-X開発計画の際には大西洋連邦との窓口として用いられた[32]
  14. ^ 地球連合のオーブ侵攻(オーブ解放作戦)の際にはオーブの技術とマスドライバーが奪取される事を恐れ、ザフト側からの救援も打診されたが、当時のオーブ政府はこれを断っている[33]
  15. ^ CE73年においてはキオウ家、マシマ家、トキノ家、セイラン家、アスハ家が五大氏族として君臨している[36]
  16. ^ 代表首長は長らくアスハ家が代々務めており、この事実にサハク家のロンド姉弟は反感を持っていた[34]。彼らはCE71年のオーブ解放作戦後はオーブの主導権を握るべくカガリ・ユラ・アスハの暗殺計画を立てるが、失敗に終わっている[37]。その後、姉であるロンド・ミナ・サハクはオーブから独立し、アメノミハシラを拠点として活動している[28]
  17. ^ アニメーション劇中においては計12脚の閣僚会議の席が描かれている。
  18. ^ ただし、アスハ家の政策を議会側が妄信している事から、このシステムは形骸化している[35]。『SEED C.E.73 Δ ASTRAY』では、オーブ国民はカガリ達首長家に頼り切っているとマーシャンからは見られている[41]
  19. ^ a b 小説版ではウズミの死後、その弟ホムラに地上での国政が任された事が示唆されている[58]。また、CE73年以降は、こうした戦後処理に携わった人員は責任から地位を退いている[59]
  20. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』でカガリがユウナ・ロマ・セイランに対し、周囲の将兵に逮捕を命令したが、これが代表首長の権限として定められているかは定かではない
  21. ^ 連合で採用されているものとは異なるデザイン
  22. ^ これは大西洋連邦とムルタ・アズラエルの意向が大きかったため、同じ連合内でもユーラシア連邦や東アジア共和国は反対を表明していた[57]
  23. ^ 『SEED DESTINY』の小説版第2巻では、カガリ・ユラ・アスハとユウナ・ロマ・セイランの挙式について、一部の軍人達はアークエンジェルが現れた理由などを理解して、連れ去りについては黙認した。
  24. ^ この時、既にムルタ・アズラエルやロード・ジブリールといった地球連合の軍産複合体幹部は他界しており、それらの事態に彼らはコミットしていない。

出典

  1. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、284-285頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル キャラ編 Vol.2』講談社、2003年5月、20頁。ISBN 978-4063347241
  3. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、228-229頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  4. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、256頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  5. ^ a b c d 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、134頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  6. ^ a b 『機動戦士ガンダム SEED RGB ILLUSTRATIONS DESTINY』角川書店、2006年8月、6-10頁。(ISBN 978-4048539920)
  7. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式 PHASE_14
  8. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式 PHASE_28
  9. ^ 『グレートメカニック9』双葉社、2003年6月、68-73頁。ISBN 978-4575464146
  10. ^ 『電撃ホビーマガジン』2003年5月号、メディアワークス、64頁。
  11. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、231頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  12. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、205頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  13. ^ a b c 『パーフェクトグレード 1/60 ストライクルージュ+スカイグラスパー』バンダイ、2005年8月発売、組立説明書。
  14. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、217頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  15. ^ a b c d 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 3 平和の国』角川書店、2003年9月1日初版発行、115頁。(ISBN 4-04-429103-9)
  16. ^ ロマンアルバム機動戦士ガンダムSEED ストライク編』徳間書店、2003年7月、89頁。(ISBN 978-4197202263)
  17. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED 公式ガイドブック2 大地の戦士』角川書店、2003年6月、80頁。(ISBN 978-4048536301)
  18. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、223頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  19. ^ a b c d e 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、164-167頁。(ISBN 9784044297039)
  20. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、224-225頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  21. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、218頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  22. ^ a b 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス、2004年10月15日初版発行、63頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  23. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1』角川書店、2003年9月1日初版発行、41-42頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  24. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、82-83頁。(ISBN 9784044297039)
  25. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、216-217頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  26. ^ 『機動戦士ガンダムSEEDモデル VOL.3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、17頁。(ISBN 4-89425-336-4)
  27. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、180-182頁。(ISBN 9784044297039)
  28. ^ a b 『1/100 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天』バンダイ、2006年7月発売、組立説明書。
  29. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 怒れる瞳』角川書店、2005年2月、294頁。(ISBN 4-04-429108-X)
  30. ^ a b c d 『僕たちの好きなガンダムSEED』別冊宝島、2006年8月、81頁。(ISBN 978-4796654203)
  31. ^ 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol3』講談社、2003年9月9日第一版発行、15頁。(ISBN 4-06-334770-2)
  32. ^ 『マスターグレード 1/100 GAT-X105 エールストライクガンダム』バンダイ、2003年10月、組立説明書。
  33. ^ a b 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣』角川書店、2003年11月1日初版発行、300-301頁・380-382頁。(ISBN 4-04-429104-7)
  34. ^ a b c d 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝』メディアワークス、2007年8月15日初版発行、70-71頁。(ISBN 978-4-8402-3907-3)
  35. ^ a b c d 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、66-67頁。(ISBN 9784044297039)
  36. ^ 『PERFECT ARCHIVE SERIES 5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、21頁。(ISBN 4-8124-2687-1)
  37. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、91-101頁。(ISBN 9784044297039)
  38. ^ a b c d e 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 3 平和の国』角川書店、2003年9月1日初版発行、136-137頁。(ISBN 4-04-429103-9)
  39. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2』角川書店、2004年7月1日、167-169頁。(ISBN 9784044297039)
  40. ^ a b c 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、70-71頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  41. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』1巻、角川書店、2007年2月。(ISBN 978-4047139015)
  42. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、216頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  43. ^ 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル キャラ編 Vol.2』講談社、2003年5月、23頁。ISBN 978-4063347241
  44. ^ a b 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 3 平和の国』角川書店、2003年9月1日初版発行、127頁。(ISBN 4-04-429103-9)
  45. ^ 後藤リウ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2 さまよう眸」角川書店 2005年6月 310-311頁。(ISBN 978-4044291099)
  46. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、188-189頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  47. ^ 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、168-170頁。(ISBN 978-4812426876)
  48. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、183頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  49. ^ アニメ「機動戦士ガンダムSEED」第38話「決意の砲火」参照
  50. ^ 『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、105-109頁。(ISBN 4-89425-336-4)
  51. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、134頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  52. ^ a b c d e f g h i 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式ガイドブック2 崩れ行く絆』角川書店、2005年6月、180頁。(ISBN 978-4048538800)
  53. ^ SEED DESTINY PHASE-40「黄金の意志」
  54. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式ガイドブック2 崩れ行く絆』角川書店、2005年6月、104頁。(ISBN 978-4048538800)
  55. ^ 『1/144 HG ガンダムアストレイ レッドフレーム』バンダイ、2004年4月発売、組立説明書。
  56. ^ 「機動戦士ガンダムSEED」アニメーション第38話
  57. ^ 『電撃ホビーマガジン』2004年3月号、メディアワークス、86頁。
  58. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣』角川書店、2003年11月1日初版発行、404-405頁。(ISBN 4-04-429104-7)
  59. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4 示される世界』角川書店、2005年10月、343-344頁。(ISBN 4-04-429111-X)
  60. ^ 『HG 1/144 オオワシアカツキガンダム』バンダイ、2006年4月、取扱説明書。


「オーブ連合首長国」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーブ連合首長国」の関連用語

オーブ連合首長国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オーブ連合首長国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーブ連合首長国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS