ラクス・クラインとは? わかりやすく解説

ラクス・クライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 01:10 UTC 版)

ラクス・クライン (Lacus Clyne) は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物で、ヒロイン。


注釈

  1. ^ 福田は自身のTwitter上の発言は、あくまで私的なものでサンライズ公認のものではないことも認めている。
  2. ^ ハリー・オードを介して聞かされたカミーユ・ビダンの一言を受けたラクス(とキラ)が反省し、クライン派が考えそのものを変えるというストーリーが描かれている。

出典

  1. ^ 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル キャラ編vol.4」講談社 2003年11月 28-29頁。(ISBN 4-06-334807-5)
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』36話
  3. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』42話
  4. ^ “ガンダム、ロミオの青い空、らき☆すた…名作の記憶が歌で蘇る「声優紅白歌合戦」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月7日). https://natalie.mu/comic/news/460490 2022年1月8日閲覧。 
  5. ^ 『月刊ニュータイプ』2003年5月号、角川書店、20-23頁。
  6. ^ ガンダムエース』、『アニメージュ』、『アニメディア』、『コミックボンボン』[要ページ番号]
  7. ^ ガンダム史上最も「顔が可愛い」ヒロインランキング - gooランキング
  8. ^ ガンダム史上最も「怖い女」ランキング - gooランキング


「ラクス・クライン」の続きの解説一覧

ラクス・クライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 05:03 UTC 版)

機動戦士ガンダムSEEDの登場人物」の記事における「ラクス・クライン」の解説

声 - 田中理恵 プラント最高評議会議長シーゲル・クライン一人娘で、プラント国民では絶大な人気を誇る歌姫詳細は「ラクス・クライン」を参照

※この「ラクス・クライン」の解説は、「機動戦士ガンダムSEEDの登場人物」の解説の一部です。
「ラクス・クライン」を含む「機動戦士ガンダムSEEDの登場人物」の記事については、「機動戦士ガンダムSEEDの登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ラクス・クライン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラクス・クラインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラクス・クラインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラクス・クライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機動戦士ガンダムSEEDの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS