シン・アスカとは?

シン・アスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/31 22:53 UTC 版)

シン・アスカShinn Asuka)はテレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』およびその関連作品に登場する架空の人物であり、同作品の主人公である。声の出演鈴村健一




注釈

  1. ^ 一方で、アニメーション『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第20話においては、シンのモノローグにおいて「自身の父と母もコーディネイター」といった旨の台詞が存在する。『SEED』シリーズの設定においては、第一世代コーディネイターの両親から出生した子供は第二世代コーディネイターとして扱われている[4]
  2. ^ 相手パイロットの殺傷を出来るだけ回避するため、カメラや頭部など機体の制御に関係した部分や武装などをピンポイントで狙い、機体の破損によって戦闘継続を不可能にするというキラの戦い方に注目、彼の射撃精度の高さを逆手に取り、狙われると分かっている部分を少しずらすという最低限の動きで回避したり、シールドでガードする事で受け流した。また、避け切れずに損傷を受けた箇所についてはこれを切り離し、換装して戦闘を継続した。
  3. ^ ダメージを受けて切り離した機体パーツをフリーダムに向けて特攻させ、爆破、その隙に新しいパーツに換装する。フリーダムの斬撃を機体を上下に分離させて躱し、分離状態のまま、意表を突かれたフリーダムの背後に回り込んで後ろから射撃する。フォースシルエットを装備したまま、ソードシルエットを運んできたシルエットフライヤーからエクスカリパー対艦刀だけを手に取り、フォースシルエットの高い推進力を活かして剣による猛攻撃を加える。

出典

  1. ^ 『アニメコミックス ガンダムSEED DESTINY』第1巻、2005年2月、132頁。ISBN 978-4063101935
  2. ^ a b c d e f 『公式ガイドブック3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 誓いの宇宙』角川書店、2005年12月、8頁。(ISBN 978-4048539272)
  3. ^ 『公式ガイドブック 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 運命の架け橋』角川書店、2005年2月、8-9頁。(ISBN 978-4048538350)
  4. ^ 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月、231頁。ISBN 978-4-575-46469-6
  5. ^ 『ロマンアルバム 機動戦士ガンダムSEED DESTINY-デスティニー編-』徳間書店、2006年2月、101頁。(ISBN 9784197202430)
  6. ^ 『公式ガイドブック3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 誓いの宇宙』角川書店、2005年12月、88頁。(ISBN 978-4048539272)
  7. ^ 『月刊アニメージュ』2005年11月号、徳間書店、5-6頁。
  8. ^ 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4 示される世界』角川書店、2005年11月1日初版発行、452-456頁。(ISBN 4-04-429111-X)
  9. ^ 『公式ガイドブック3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 誓いの宇宙』角川書店、2005年12月、96頁。(ISBN 978-4048539272)
  10. ^ 『Official File Magazine機動戦士ガンダムSEED DESTINY OFIFICIAL FILE メカ04』講談社、2005年11月、27頁。ISBN 4-06-367159-3
  11. ^ 発表!全ガンダム大投票”. NHK. 2020年3月15日閲覧。
  12. ^ アニメーション『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第20話参照
  13. ^ アニメーション『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション2 それぞれの剣』参照
  14. ^ スーパーロボット大戦Z オフィシャルWEBマガジン トライアウト インタビュー第4弾より。


「シン・アスカ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シン・アスカ」の関連用語

シン・アスカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シン・アスカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシン・アスカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS