ドレッドノートガンダムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 架空の名前 > 架空の製品 > 架空の乗り物 > ザフトの機動兵器 > ドレッドノートガンダムの意味・解説 

ドレッドノートガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 09:01 UTC 版)

ドレッドノートガンダム (DREADNOUGHT GUNDAM) は、漫画機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』に登場する、モビルスーツ (MS) に分類される架空の有人式人型ロボット兵器のひとつ。作中の軍事勢力のひとつ「ザフト」が開発した試作機。テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』本編に登場する「フリーダムガンダム」などのザフト製ガンダムの原型機で、高出力の核エンジンを搭載した高性能機という設定。『SEED』劇中に登場する量産機「ゲイツ」をベースとしている。


注釈

  1. ^ ドレッドノートは新型OS、核エンジン、ドラグーンシステムの新技術を投入した機体となる[1]。型式番号の000は3つの新技術を導入されたことに起因している[2]
  2. ^ テストパイロット。叢雲劾 との模擬戦の折に搭乗した[3]
  3. ^ 運用テストで搭乗[4]
  4. ^ 書籍資料によっては、この機体のロールアウトはバルドフェルド隊との交戦中と同時期としている[6]
  5. ^ 『ガンダムSEED』シリーズにおいて設定を担当した下村敬治は書籍記事において、ザフトガンダムはGAT-X鹵獲以前からゲイツをベースに開発されていたニュートロンジャマーキャンセラー搭載型高性能試験機を母体としたと語っている[8]
  6. ^ 劇中でのリーアム・ガーフィールドの発言より[11]
  7. ^ 一部のゲーム作品では「ドレッドノートガンダム(ゲイツヘッド)」の名称でこの形態が登場している。

出典

  1. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』メディアワークス、2005年8月、18頁。(ISBN 978-4840231992)
  2. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』第1巻、角川書店、2004年5月、183頁。(ISBN 978-4047136250)
  3. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』メディアワークス、2005年8月、74-79頁。(ISBN 978-4840231992)
  4. ^ 電撃ホビーマガジン』2004年7月号、メディアワークス、35頁。
  5. ^ a b c d e f g h i 『1/144HGドレッドノートガンダム』バンダイ、2004年10月発売、付属解説書。
  6. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝』メディアワークス、2007年7月発売、78頁。(ISBN 978-4-8402-3907-3)
  7. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、116-117頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  8. ^ 『グレートメカニック11』双葉社、2003年12月、8-15頁。ISBN 978-4575464191
  9. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY Re MasterEdition』第6巻、角川書店、2013年7月、107-108頁。(ISBN 978-4041207925)
  10. ^ 『PERFECT ARCHIVE SERIES 5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、162-167頁。(ISBN 4-8124-2687-1)
  11. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY Re MasterEdition』第4巻、角川書店、2013年5月、137頁。(ISBN 978-4041207031)
  12. ^ a b 「ガンダムモデラーのための『SEED』設定大解剖 設定担当:森田繁氏インタビュー」『モデルグラフィックス』2003年8月号、大日本絵画、24-28頁。
  13. ^ 『データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻』メディアワークス、2004年11月15日初版発行、68-69頁。(ISBN 9784840228671)
  14. ^ 『機動戦士ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.3』講談社、2003年9月9日第一版発行、29頁。(ISBN 4063347702)
  15. ^ 『1/100 マスターグレード フリーダムガンダム』バンダイ、2004年7月発売、取扱説明書。
  16. ^ 『1/60SCALE ガンダムSEED フリーダムガンダム』 バンダイ、2003年8月、取扱説明書。
  17. ^ a b 『データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻』メディアワークス、2004年11月15日初版発行、72-73頁。(ISBN 9784840228671)
  18. ^ a b 『PERFECT ARCHIVE SERIES 5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 竹書房、2006年、168-170頁。(ISBN 4-8124-2687-1)
  19. ^ 『HG 1/144 ミーティアユニット+フリーダムガンダム』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  20. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2005年6月、60-61頁。(ISBN 4-04-471701-X)
  21. ^ a b c d e f g h 『ガンダムSEED ASTRAY MASTERS』メディアワークス、2006年4月発売、86-87頁。(ISBN 4-8402-3461-2)
  22. ^ a b 『電撃ホビーマガジン』2004年12月・2005年1月合併号、メディアワークス、48-49頁。
  23. ^ 『月刊ホビージャパン 2004年12月号』ホビージャパン、63頁。


「ドレッドノートガンダム」の続きの解説一覧

ドレッドノートガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 06:01 UTC 版)

SDガンダムフルカラー劇場」の記事における「ドレッドノートガンダム」の解説

こちらも背景一部

※この「ドレッドノートガンダム」の解説は、「SDガンダムフルカラー劇場」の解説の一部です。
「ドレッドノートガンダム」を含む「SDガンダムフルカラー劇場」の記事については、「SDガンダムフルカラー劇場」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ドレッドノートガンダム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ドレッドノートガンダムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドレッドノートガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドレッドノートガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSDガンダムフルカラー劇場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS