サーカスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サーカスの意味・解説 

サーカス【circus】

読み方:さーかす

円形広場競技場。「ピカデリー—」

動物人間曲芸中心とした見世物また、その一座曲馬団曲芸団

サーカスの画像
サーカス(1)ロンドンピカデリーサーカス撮影Andrew https://goo.gl/nhqkH6
サーカスの画像
サーカス(2)のようす/撮影・jjwhite01 https://goo.gl/N79Y7L
サーカスの画像
サーカス(2)のようす/撮影Chad Cassin https://goo.gl/xQ1859

トゥリーナ:サーカス

英語表記/番号出版情報
トゥリーナ:サーカスEl circo Op.68作曲年1931年  出版年1932年  初版出版地/出版社Schott 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 ファンファーレ FanfareNo Data No Image
2 大道芸人 JongleursNo Data No Image
3 曲馬師 EcuyereNo Data No Image
4  Le chien savantNo Data No Image
5 ピエロ ClownsNo Data No Image
6 空中ぶらんこ Trapezes volantsNo Data No Image

サーカス

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書近代短編 10
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書三島由紀夫集―文豪ミステリ傑作選
出版社河出書房新社
刊行年月1998.8
シリーズ名河出文庫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 16 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.3


サーカス

作者ウィンストン・グレアム

収載図書現代イギリス・ミステリ傑作集 2
出版社早川書房
刊行年月1988.1
シリーズ名ハヤカワ・ポケット・ミステリ


サーカス

作者寺山修司

収載図書ちくま日本文学全集 002 寺山修司
出版社筑摩書房
刊行年月1991.2

収載図書寺山修司―1935-1983
出版社筑摩書房
刊行年月2007.11
シリーズ名ちくま日本文学


サーカス

作者高纓

収載図書孔雀の舞
出版社朝日ソノラマ
刊行年月1995.1


サーカス

作者内海隆一郎

収載図書人びと坂道
出版社弥生書房
刊行年月1995.11


サーカス

作者北川

収載図書組曲―めぐり来る夏のために
出版社近代文芸社
刊行年月1998.10


サーカス

作者矢国銘

収載図書逝き給い母なる
出版社文芸社
刊行年月2002.7


サーカス

作者穂苅耕作

収載図書UFOキャッチャー
出版社新風舎
刊行年月2004.11


サーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 01:48 UTC 版)

サーカス: circus)とは、見世物円形広場・劇場で催す形態を指す。その見世物は、動物人間曲芸が多い。


  1. ^ 田中未知子『サーカスに逢いたい』pp.22
  2. ^ a b c 長塚英雄(編)『ロシアの文化・芸術』 生活ジャーナル 2011年、ISBN 978-4-88259-148-1 pp.311-323.
  3. ^ 東京日日新聞
  4. ^ 続々歌舞伎年代記 田村成義編
  5. ^ サーカスの猛獣使いも都市での興行禁止(昭和18年9月6日 日本産業経済新聞 『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p738 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  6. ^ キグレサーカスが事業停止…新型インフル打撃」『読売新聞』2010年10月20日。「倒産速報(株)キグレサーカス」東京商工リサーチ、2010年10月20日。2012年9月14日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ “[France bans wild circus animals and mink farms, but not bullfighting https://www.theguardian.com/world/2021/nov/18/france-bans-wild-circus-animals-and-mink-farms-but-not-bullfighting]”. 20210107閲覧。
  9. ^ “[サーカスでの動物の利用を禁止している国等の一覧 https://circuscruelty.animals-peace.net/worldtide/ban_list]”. 20210107閲覧。
  10. ^ <EU>サーカスでの野生動物使用禁止を求める署名が100万人超を達成”. 20220107閲覧。
  11. ^ ゲイリー・L・フランシオン 『動物の権利入門』緑風出版、2018年、80頁。 
  12. ^ アムステルダムでサーカスの動物脱走、犯人はキリン”. ロイター (2008年7月1日). 2019年10月27日閲覧。
  13. ^ サーカスのクマ、公演中に調教師襲撃 柵なく観客も悲鳴”. CNN (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  14. ^ 蘆原英了『サーカス研究』新宿書房 1984年
  15. ^ 日本迷信調査会『なぜ秋ナスを嫁に食わせてはいけないのか?迷信を科学する』 扶桑社 2010年
  16. ^ 中元さおり 「三島由紀夫 二つの『サーカス』――虚構性への欲望」 『国文学攷』 203号 広島大学国語国文学会、1-13頁、2009年9月


「サーカス」の続きの解説一覧

サーカス(Exidy)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 02:24 UTC 版)

ブロックくずし」の記事における「サーカス(Exidy)」の解説

シーソー操作してピエロ飛ばし画面上部の風船当てる日本でも多数コピーゲーム作られた

※この「サーカス(Exidy)」の解説は、「ブロックくずし」の解説の一部です。
「サーカス(Exidy)」を含む「ブロックくずし」の記事については、「ブロックくずし」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サーカス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サーカス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サーカスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サーカスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサーカス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブロックくずし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS