機動戦士ガンダム0080_ポケットの中の戦争の登場人物とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 架空の名前 > 架空の生物 > 架空の人物 > 宇宙世紀の人物 > 機動戦士ガンダム0080_ポケットの中の戦争の登場人物の意味・解説 

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 01:28 UTC 版)

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物(きどうせんしガンダム ダブルオーエイティ ポケットのなかのせんそうのとうじょうじんぶつ)は、OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する架空の人物を解説する。




  1. ^ 「機動戦士ガンダムUC」Blu-ray BOX特集 内山昂輝(バナージ・リンクス役)×浪川大輔(リディ・マーセナス役)×藤村歩(オードリー・バーン役)インタビュー”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年12月11日). 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ a b Blu-rayメモリアルボックス 8月29日発売!ガンダムシリーズ初のOVA作品『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』浪川大輔スペシャルインタビュー!!”. V-STORAGE. バンダイナムコアーツ (2017年8月25日). 2018年12月11日閲覧。
  3. ^ 真偽は定かでないらしい。『OVAフィルムコミック機動戦士ガンダム0080・ポケットの中の戦争1』(旭屋出版)11頁より。
  4. ^ 実はおもちゃ屋で買ったもの。DVD1巻付属ブックレットより。
  5. ^ 「フィルムコミック」より。
  6. ^ キャラクターデザインに際し、担当した美樹本晴彦は当時の浅野温子今井美樹をイメージして設計した事を当時のアニメ誌等で明らかにしている。
  7. ^ 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』角川書店、2010年4月、175頁。(ISBN 978-4047154452)
  8. ^ a b c d e 石井誠・市ヶ谷ハジメ・岡島正晃 『MOBILE SUIT GUNDAM 80/83/08』 太田出版、2003年、40頁より。
  9. ^ 書籍『M.S.ERA』、プラモデル「U.C.ハードグラフNo.5 1/35ジオン公国軍 サイクロプス隊セット」より。
  10. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2013』29頁のズゴックEの搭乗者を参照。その他、公式非公式問わず様々な雑誌にて散見される。
  11. ^ ゲーム内の名前は「シュタイナー」のみ。エンディングのクレジットでクルト・シュタイナーとなっている
  12. ^ 『機動戦士ガンダム公式百科事典』(P.304) より
  13. ^ EDクレジットでは辻谷耕二と誤記されている。
  14. ^ フィルムコミックより
  15. ^ 1stガンダムのナレーションでコロニーが落下する大都市はシドニーとされており、爆心地はシドニー湾と呼ばれる巨大な内海になっているが、本作ではこの件については触れられていない。MSの設定などでは以前からムック『ガンダムセンチュリー』の影響を受けてはいたが、同書に記載された設定が映像作品に導入されるのは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』以降である。
  16. ^ “辻谷耕史さん死去 ファンや声優仲間から悲しみの声「嘘だといってよ、バーニィ」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2122069/full/ 2018年11月7日閲覧。 


「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム0080_ポケットの中の戦争の登場人物」の関連用語

機動戦士ガンダム0080_ポケットの中の戦争の登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



機動戦士ガンダム0080_ポケットの中の戦争の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS