マン・マシーンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マン・マシーンの意味・解説 

マン・マシーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 12:09 UTC 版)

マン・マシーンMan Machine, MM)は、小説およびラジオドラマ作品『ガイア・ギア』に登場する架空の兵器の分類の一つで、作中での人型をした有人機動兵器の総称。




注釈

  1. ^ 「ミノフスキードライブ」という単語の初出は、ザ・テレビジョンにおける連載『月刊ガイア・ギア通信Vol.3』のガイア・ギアα解説ページである[27]。小説およびラジオドラマでは、ミノフスキードライブという名称は登場しない。この「ミノフスキードライブ」という力強い語感を気に入ったカトキハジメは、後に『機動戦士Vガンダム』の後半の主役機V2ガンダムにて、ガイア・ギアのオマージュとして「ミノフスキードライブ」を設定した[28]

出典

  1. ^ a b “Gレコ”の原点!? シャアのクローンが活躍する富野ガンダムの黒歴史『ガイア・ギア』が復刻されないワケ”. おたぽる. サイゾー (2014年6月27日). 2021年6月11日閲覧。
  2. ^ 月刊ニュータイプ1987年11月号, p. 117.
  3. ^ a b c d 『サウンドシアター ガイア・ギア CD3巻ブックレット』 アポロン、P14-15, 1993年7月21日
  4. ^ a b 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 9.
  5. ^ a b 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 4.
  6. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 8.
  7. ^ a b 月刊ホビージャパン1991年3月号, p. 49.
  8. ^ a b c d e f 月刊ホビージャパン1991年2月号, p. 48.
  9. ^ a b c d 『サウンドシアター ガイア・ギア CD3巻ブックレット』 アポロン、P20-21, 1993年3月21日
  10. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 164-165.
  11. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 5.
  12. ^ 小説『ガイア・ギア』第5巻, p. 7.
  13. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 13.
  14. ^ a b c 『サウンドシアター ガイア・ギア CD5巻ブックレット』 アポロン、P17, 1993年7月21日
  15. ^ a b 月刊ニュータイプ1989年12月号 141.
  16. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 6.
  17. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 11.
  18. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 14-15.
  19. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 8-9.
  20. ^ a b c 月刊ホビージャパン1991年4月号, p. 33.
  21. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 57.
  22. ^ 小説『ガイア・ギア』第5巻, p. 90.
  23. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 44.
  24. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 61.
  25. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 33-34.
  26. ^ ニュータイプ1987年11月号, p. 121.
  27. ^ ザ・テレビジョン 1992年6月12日号, p. ?.
  28. ^ ガイア・ギアサウンドシネマ全巻購入特典『VIEW OF THE MANMACHINE』
  29. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 196.
  30. ^ 小説『ガイア・ギア』第3巻, p. 66.
  31. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 179.
  32. ^ 小説『ガイア・ギア』第2巻, p. 8.
  33. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 158.
  34. ^ 月刊ホビージャパン1991年4月号, p. 32.
  35. ^ 小説『ガイア・ギア』第4巻, p. 28.
  36. ^ 月刊ホビージャパン1991年4月号, p. 38.
  37. ^ 月刊ホビージャパン1991年3月号, p. 35.


「マン・マシーン」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マン・マシーン」の関連用語

マン・マシーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マン・マシーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマン・マシーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS