週刊ヤングマガジンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 出版物 > 雑誌 > 講談社の漫画雑誌 > 週刊ヤングマガジンの意味・解説 

週刊ヤングマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/23 14:17 UTC 版)

週刊ヤングマガジン』(しゅうかんヤングマガジン)は、講談社が発行する週刊漫画雑誌。ジャンルは青年漫画1980年6月23日創刊。略称は「ヤンマガ」、「週刊ヤンマガ」、「YM」、「週刊YM」。創刊時編集長は宮原照夫。発売日は毎週月曜日。掲載作品の単行本は、ヤングマガジン系列専用の総合レーベル「ヤンマガKC」より刊行されている。




  1. ^ 基本的に月曜日発売。ただし、月曜日が祝日の際は土曜日発売となる。
  2. ^ a b 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2014年2月7日時点のアーカイブ)
  3. ^ 講談社、全漫画雑誌を紙と同時に電子化へ 「ヤングマガジン」など3誌からスタート”. ITmedia NEWS (2015年1月5日). 2017年3月9日閲覧。
  4. ^ ヤンマガ最新号の発売が1月21日に延期、誌面修正のため”. コミックナタリー. 2013年1月12日閲覧。
  5. ^ AKB河西さん写真集、発売白紙に 男児の手で胸覆う”. 朝日新聞. 2013年1月12日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 「児ポ法に触れる!」ビッグダディ三姉妹グラビア、教育委員会から厳重注意!?サイゾーウーマン・2013年10月18日、2013年11月2日観覧
  7. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  8. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2012年10月14日時点のアーカイブ)
  9. ^ 社団法人 日本雑誌協会 - JMPAマガジンデータ - 男性 コミック - 一般社団法人日本雑誌協会(2013年6月15日時点のアーカイブ)
  10. ^ 社団法人日本雑誌協会
  11. ^ コミックナタリー - ヤンマガGAG増刊にミサワら新作!押切蓮介「でろでろ」も - コミックナタリー(2014年6月12日閲覧)
  12. ^ ヤンマガGAG増刊部 (yanmaga_gag) - Twitter
  13. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 1988 - Young magazine 海賊版 (講談社) - 国立国会図書館サーチ(2014年6月10日閲覧)
  14. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 1988 - Young magazine 黒ブタルーキー号 : ヤングマガジン増刊 (講談社) - 国立国会図書館サーチ(2014年6月10日閲覧)
  15. ^ a b c d かたおかみさお セミオフィシャル 作品一覧(2014年6月12日閲覧)
  16. ^ 国立国会図書館サーチ - 書誌詳細 - 1993 - エグザクタ (講談社) - 国立国会図書館サーチ(2014年6月10日閲覧)
  17. ^ WEBヤンマガ - ヤングマガジン公式サイト - ヤングマガジン The 3rd - データなし(2014年8月28日時点のインターネットアーカイブ
  18. ^ http://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000014996
  19. ^ 講談社コミックプラス ヤングマガジン - 月刊新人漫画賞 - 過去の受賞作 - 2010年4月期第360回(2014年6月12日閲覧)
  20. ^ 講談社コミックプラス ヤングマガジン - 月刊新人漫画賞(2014年6月12日閲覧)


「週刊ヤングマガジン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「週刊ヤングマガジン」の関連用語

週刊ヤングマガジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



週刊ヤングマガジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの週刊ヤングマガジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS