電子書籍とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 電子書籍の意味・解説 

電子書籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 07:57 UTC 版)

電子書籍(でんししょせき)とは、紙ではなく電子的に記録され、画面で読む本や雑誌をいう[1]電子ブックデジタル書籍デジタルブックEブックオンライン書籍とも呼ばれる。PCスマートフォンタブレットで閲覧用アプリを用いたり、電子書籍リーダーなどで閲覧する。既に出版された印刷書籍を電子ファイル化することで、印刷製本、在庫確保、流通、その他経費を大幅に削減し再販でき、絶版を避けられる。また個人が出版社などを介する事無く独自で出版出来るのも電子書籍の魅力である。


  1. ^ 電子書籍とは”. JEPA 日本電子出版協会. 2021年8月7日閲覧。
  2. ^ 沿革”. パピレス. 2017年11月24日閲覧。
  3. ^ 電子書籍サービスの課題と展望”. 紀伊國屋書店. 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ 凸版、1X WIN向けにコミック中心の電子書籍サイト”. k-tai.watch.impress.co.jp. 2022年7月19日閲覧。
  5. ^ デジタルコミック協議会が発足へ 出版社22社で29日に設立”. 文化通信社. 2017年11月24日閲覧。
  6. ^ 電子書店5社が発起人となり、「日本電子書店連合」を発足”. PR TIMES. 2018年4月29日閲覧。
  7. ^ 鷹野凌. “海賊版サイトと正規版サイトがだれでも判別できる「ABJマーク」の使用申請が受付中 〜 正式運用開始は11月30日から”. HON.jp News Blog. 2021年8月4日閲覧。
  8. ^ KADOKAWAや講談社などによる一般社団法人ABJ、海賊版対策の中核として活動を本格開始”. 株式会社電通パブリックリレーションズ (2020年10月24日). 2021年8月4日閲覧。
  9. ^ 電書協 EPUB 3 制作ガイド”. 日本電子書籍出版社協会 (2015年1月1日). 2015年3月15日閲覧。
  10. ^ a b c 小谷卓也、Phil Keys著 『電子書籍メジャーへのページをひらく』、日経エレクトロニクス2009年6月29日号
  11. ^ メディアドゥ、日本原作マンガの海外への電子配信を開始”. 株式会社メディアドゥホールディングス. 2017年11月28日閲覧。
  12. ^ 課金方式とは”. ソフトバンク・ペイメント・サービス. 2017年11月28日閲覧。
  13. ^ 電子貸本「GEOマンガ」開始、ゲオの店舗で電子コミックのレンタルが可能に”. INTERNET Watch (2016年12月7日). 2022年7月20日閲覧。
  14. ^ ABJマーク ホワイトリスト”. 電子出版制作・流通協議会. 2022年8月7日閲覧。
  15. ^ 入居者が無料で雑誌・マンガ読み放題! 「ビューン読み放題マンション」を提供開始!”. 株式会社ビューン. 2017年11月28日閲覧。
  16. ^ a b NetLibrary_Topics - 紀伊國屋書店 BookWeb Pro 《2020年01月10日閲覧;2011年2月3日付けでインターネットアーカイブ内に保存済み》
  17. ^ “NetLibrary 事業会社変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 紀伊國屋書店, (2010年3月18日), https://web.archive.org/web/20130717191154/http://www.kinokuniya.co.jp/03f/oclc/netlibrary/netlibrary_ebsco.pdf 2020年1月10日閲覧, "現在はインターネットアーカイブ内に残存" 
  18. ^ “紀伊國屋書店、凸版印刷が図書館向け電子書籍配信サービス「NetLibrary」における協業で合意、出版社向け新ビジネスモデルを構築” (PDF) (プレスリリース), 紀伊國屋書店, (2009年10月1日), https://web.archive.org/web/20110206031459/http://www.kinokuniya.co.jp/release/netlibrary091001.pdf 2020年1月10日閲覧, "現在はインターネットアーカイブ内に残存" 
  19. ^ ボイジャー 新潮社、講談社、インプレスと資本提携”. 株式会社ボイジャー. 2017年11月28日閲覧。
  20. ^ 楽天の電子書籍サービス「Raboo」が終了へ ITmedia 2012年9月26日
  21. ^ ローソンの電子書籍サービス「エルパカBOOKS」終了 購入代金相当のポイント返金 ITmedia 2014年1月6日
  22. ^ 買ったはずの蔵書が消える 電子書籍、企業撤退相次ぎ」『朝日新聞』、2014年1月30日。2020年1月10日閲覧。「会員限定記事。記事冒頭の一部のみ公開。現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  23. ^ 地球書店のサービス終了とコミックシーモアポイント進呈のお知らせ [1] NTTソルマーレ 2014年1月31日
  24. ^ 漫画だけではない、Kindle“海賊出版”の実態 Amazonの審査体制に「漫画村プロと変わらない」と批判も”. アイティメディア株式会社. 2018年4月29日閲覧。
  25. ^ Kindleストアでもし自分の同人誌が「無断」で売られていたら……? どうしたらいいかAmazonに聞いてみた”. アイティメディア株式会社. 2017年11月30日閲覧。
  26. ^ GMOインターネット漏洩情報 電子書籍で一時販売”. 日本経済新聞. 2017年11月30日閲覧。
  27. ^ ネットユーザー 電子書籍を利用しない理由は?」『web_R25』、2011年9月29日。2020年1月10日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」
  28. ^ 電子書籍の海賊版「Appleに重大な責任」「それ自体違法」 出版4団体が強く抗議
  29. ^ 「自炊の森」はシステム変更へ、プレオープンは休止、権利者への配慮を模索? - PC-watch impress
  30. ^ 国立国会図書館-National Diet Library:電子図書館の蔵書 2010年7月13日時点
  31. ^ 西秀治「電子書籍化へ出版社が大同団結 国内市場の主導権狙い」『朝日新聞』、2010年1月13日。2020年1月10日閲覧。「現在はインターネットアーカイブ内に残存」



「電子書籍」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電子書籍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子書籍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子書籍の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子書籍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS