電子出版とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 電子出版の意味・解説 

でんし‐しゅっぱん【電子出版】

読み方:でんししゅっぱん

従来は本や雑誌の形で提供されていた情報を、デジタル化したソフトの形で、あるいはパソコンタブレット型端末スマートホン電子書籍リーダーなどを使ってアクセスできる形で提供する出版CD-ROMDVD-ROMによる出版など


電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/10 19:14 UTC 版)

(でんししゅっぱん、: electronic publishing)とは、出版電子化および電子化された出版物の総称のことで、デジタル出版ともよばれる[1][2]


  1. ^ 村上信明. "電子出版". 朝日新聞出版発行「知恵蔵」. コトバンクより2024年1月5日閲覧
  2. ^ a b "電子出版". 平凡社百科事典マイペディア. コトバンクより2024年1月5日閲覧
  3. ^ a b 湯浅 2010, p. 10-11.
  4. ^ "電子出版". 図書館情報学用語辞典 第5版. コトバンクより2024年1月5日閲覧
  5. ^ 女性向けケータイ書籍「girls pocket book」発刊”. ITmedia Mobile. 2022年11月23日閲覧。
  6. ^ GitHub - kmuto/review: Re:VIEW is flexible document format/conversion system


「電子出版」の続きの解説一覧

電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/10 16:30 UTC 版)

あうら聖児」の記事における「電子出版」の解説

いずれも蒼竜社。 すぅいーとプリンセス 真夜中聖母 恋する女神 典管理 WorldCat Identities ISNI: 0000 0003 7565 1927 NDL: 00545697 VIAF: 252380647 この項目は、漫画家・漫画原作者関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:漫画/PJ漫画家)。

※この「電子出版」の解説は、「あうら聖児」の解説の一部です。
「電子出版」を含む「あうら聖児」の記事については、「あうら聖児」の概要を参照ください。


電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:06 UTC 版)

医学書院」の記事における「電子出版」の解説

早くから電子書籍着手し総合診療ガイド今日診療DVD-ROM)」は1991年より毎年発行され広く医療界にて愛用されている。また、カシオ計算機からのOEM商品看護医学電子辞書」は看護界でのベストセラーとなり、さらに2008年平成20年3月には、セイコーインスツルメントより医師向け「電子辞書SR-A10000」を発売し話題となった2009年平成21年3月には「医学大辞典第2版」を新規搭載した電子辞書SR-A10001,SR-A10001M」を発売している。また電子テキストシリーズ「医学書院eテキスト」、雑誌電子配信サービス「MedicalFinder」、看護技術研修eラーニング「eナーストレーナー」など、数多くデジタルコンテンツ発売

※この「電子出版」の解説は、「医学書院」の解説の一部です。
「電子出版」を含む「医学書院」の記事については、「医学書院」の概要を参照ください。


電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 01:50 UTC 版)

日本工業出版」の記事における「電子出版」の解説

会員登録を行うことで雑誌一昔前バックナンバー無料ダウンロードサービス実施している。CD-ROMによる販売行われている。原稿投稿者によりアップロードされることもしばしばある。

※この「電子出版」の解説は、「日本工業出版」の解説の一部です。
「電子出版」を含む「日本工業出版」の記事については、「日本工業出版」の概要を参照ください。


電子出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:29 UTC 版)

カルト・オブ・ザ・デッド・カウ」の記事における「電子出版」の解説

1980年代cDcBBSにおいて有名なオンラインマガジン著作者として知られていた。cDcは電子出版を発明したのは自分たちだと主張しているが、実際のところこれを証明することも反証することも困難である。 彼らのオンラインマガジンはたびたび彼ら自身対す非難火種ともなった保守的論調有名なFOXニュースジェラルド・リベラは「コンピュータ犯罪」と題され番組の中で彼らを「精神異常者かたまり」と表現し、「悪魔とのセックス」という記事書いた彼らを非難した

※この「電子出版」の解説は、「カルト・オブ・ザ・デッド・カウ」の解説の一部です。
「電子出版」を含む「カルト・オブ・ザ・デッド・カウ」の記事については、「カルト・オブ・ザ・デッド・カウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電子出版」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電子出版」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子出版」の関連用語

電子出版のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子出版のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2024 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子出版 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあうら聖児 (改訂履歴)、医学書院 (改訂履歴)、日本工業出版 (改訂履歴)、カルト・オブ・ザ・デッド・カウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS