MAとは? わかりやすく解説

エム‐エー【MA】


エム‐エー【MA】


エム‐エー【Ma】


エム‐エー【MA】


エム‐エー【MA】


エム‐エー【MA】


エム‐エー【MA】


エム‐エー【MA】

message area》メッセージエリア。市内通話区域NTT設定した単位料金区域


MA 【Multi track Audio / Multi Audio】

映像編集後の音声処理を行うために、昭和41年NHK技術研究所にて開発された。Multi Audio-VTR(MA-VTR) の名称がMAの略称として今日まで由来している。

MA [Multi Audio]

日本のみで通用する略語で、MA処理またはMA編集呼び、マルチ・トラック・レコ-ディングにより、映像用の音声編集作業を行うことをいう。アメリカではビデオ・スィ-トニング[Video Sweetning]と呼んでいる。

ミリアンペア

別名:mA
【英】milli ampere

ミリアンペアとは、電流の量を表す単位である「アンペア」に、SI接頭辞の「ミリ」が付き1000分の1アンペアであるこを示す単位である。

モバイル機器の充放電単位にはミリアンペアがよく用いられるスマートフォンバッテリー容量などに用いられるmAh」は「ミリアンペア時」と呼ばれ1時間放出できる電流の量を(ミリアンペアで)示す単位である。1時間大量に放電できるバッテリーは、同じ放電量での放電をより長時間持続できるこのためmAhの値が大きければ大きいほど、バッテリーとして長持ちすることになる。この「mAh」の意味で「ミリアンペア」の語が用いられている場合もある。

ハードウェアのほかの用語一覧
接続インターフェース:  デイジーチェーン  転送速度
電子回路:  電子
電源装置:  ACPI  mAh  ミリアンペア  超電導ケーブル

【MA】(えむえー)

Mission Accomplished.任務完了略語
通信コールする場合フォネティックコード用いマイク アルファ」とする。


移動平均モデル

読み方いどうへいきんもでる
【英】:moving average (MA) model

x_{t} \,\mbox{E}(x_{t})=0 \,弱定常過程とし, \varepsilon_{t} \,\mbox{E}(\varepsilon_{t})=0 \,, \mbox{V}(\varepsilon_{t})=\sigma^{2} \,, \mbox{E}(\varepsilon_{t}\varepsilon_{s})=0 \, (t \ne s) \,ホワイトノイズとする. x_{t} \,x_{t}=\varepsilon_{t}+\theta_{1}\varepsilon_{t-1}+\cdots+\theta_{q}\varepsilon_{t-q} \,表現できるとき, このモデル次数 q \, の移動平均モデルと呼び, MA(q) \, モデル略記する. 移動平均モデルは定常過程理論的性質調べ上で重要な役割を果たすモデルである.


Ma

名前 マ; マーマア

MA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 01:20 UTC 版)

MAMamamA




「MA」の続きの解説一覧

アンペア

(MA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:23 UTC 版)

アンペア: ampere [ˈæmpɛər]、記号 : A)は、電流(量の記号、直流I[1][2] , 交流i )の単位であり[3][4]、電気の流れる量の大小を表す[5]


注釈

  1. ^ 国際単位系における正式の言語はフランス語である。ここでの定義は英語及びこれを日本語に翻訳したものである。正式な本文の確認が必要な場合又は文章の解釈に疑義がある場合はフランス語版を確認する必要がある。

出典

  1. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 15。
  2. ^ “2. SI base units”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ 2011年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b “2.1. Unit of electric current (ampere)”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ampere.html 2011年11月19日閲覧。 
  4. ^ Base unit definitions: Ampere. Physics.nist.gov. Retrieved on 2010-09-28.
  5. ^ ボルト・アンペア・ワット - 電気のマメ知識|中部電力” (日本語). 中部電力. 2022年6月15日閲覧。
  6. ^ a b c 共立化学大辞典第 26 版 (1981)
  7. ^ SI supports only the use of symbols and deprecates the use of abbreviations for units.Bureau International des Poids et Mesures (PDF)”. p. 130 (2006年). 2011年11月21日閲覧。
  8. ^ 国際単位系(SI)第 9 版(2019) p.100、産業技術総合研究所、計量標準総合センター、2020年3月
  9. ^ 計量単位令(平成四年十一月十八日政令第三百五十七号)
  10. ^ Kowalski, L, A short history of the SI units in electricity, Montclair, http://alpha.montclair.edu/~kowalskiL/SI/SI_PAGE.HTML .
  11. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 23–24。
  12. ^ History of the ampere, Sizes, http://www.sizes.com/units/ampHist.htm 
  13. ^ Serway, Raymond A; Jewett, JW (2006). Serway's principles of physics: a calculus based text (Fourth ed.). Belmont, CA: Thompson Brooks/Cole. p. 746. ISBN 0-53449143-X. https://books.google.com/books?id=1DZz341Pp50C&pg=RA1-PA746&dq=wire+%22magnetic+force%22&lr=&as_brr=0&sig=4vMV_CH6Nm8ZkgjtDJFlupekYoA#PRA1-PA746,M1 
  14. ^ Beyond the Kilogram: Redefining the International System of Units, USA: アメリカ国立標準技術研究所, (2006), オリジナルの21 March 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080321221139/http://www.nist.gov/public_affairs/newsfromnist_beyond_the_kilogram.htm 2008年3月閲覧。 .
  15. ^ Monk, Paul MS (2004), Physical Chemistry: Understanding our Chemical World, John Wiley & Sons, ISBN 0-471-49180-2, https://books.google.com/books?vid=ISBN0471491802&id=LupAi35QjhoC&pg=PA16&lpg=PA16&ots=IMiGyIL-67&dq=ampere+definition+si&sig=9Y0k0wgvymmLNYFMcXodwJZwvAM .
  16. ^ a b 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 24。
  17. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 20。
  18. ^ a b “Appendix 2: Practical realization of unit definitions: Electrical quantities”, SI brochure, BIPM, http://www.bipm.org/en/publications/mises-en-pratique/electrical-units.html 2016年5月9日閲覧。 .
  19. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  20. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「アンペア」の続きの解説一覧

.ma

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 19:43 UTC 版)

.ma国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、モロッコに割り当てられている。.maや.co.maの登録を行う場合、管理者は現地でコンタクトが取れなければならない。.net.maや.gov.ma等のその他のセカンドレベルドメインへの登録には他の制限もある。




  1. ^ IANA Report on the Redelegation of the .MA Top-Level Domain”. 2008年5月3日閲覧。
  2. ^ Statistiques”. CIA. 2008年10月3日閲覧。
  3. ^ The World Factbook – Morocco”. Central Intelligence Agency. 2008年10月3日閲覧。
  4. ^ ANALYSE DE L’EVOLUTION DU SECTEUR DES TELECOMMUNICATIONS POUR L’ANNEE 2007 (PDF)”. 2008年5月3日閲覧。


「.ma」の続きの解説一覧

修士

(MA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 13:15 UTC 版)

修士(しゅうし、英語: Master's degree)とは、下位の学士と上位の博士の中間に位置する学位で、学士またはそれと同等の学力を認められた者が、高等教育機関において修士課程を修了することにより授与されるものである。修士と博士の中間に研究修士という学位も存在する。


  1. ^ ただし医師免許取得者は修士の学位は不要。
  2. ^ 専修学校設置基準(昭和五十一年文部省令第二号)第41条4号では専修学校の専門課程の教員たる資格として「修士の学位又は学位規則(昭和二十八年文部省令第九号)第五条の二に規定する専門職学位を有する者」と定めている。
  3. ^ 同様に、学部生はB1〜B4、博士課程学生はD1〜D3と呼ばれることがある。
  4. ^ Erasmus Mundus Joint Master Degrees | Erasmus+
  5. ^ a b The AQF Second Edition, Department of Education and Training, (2013-01), http://www.aqf.edu.au/aqf/in-detail/2nd-ed-jan-2013/ 
  6. ^ a b 吉川 裕美子「イギリス高等教育の学位統一への動き--高等教育資格枠組み導入の背景、概要、展望」『学位研究』第14巻、大学評価・学位授与機構、2001年3月、 29-54頁、 NAID 120005566599


「修士」の続きの解説一覧

m.a+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/25 15:01 UTC 版)

m.a+(エムエークロス)はマウリッツィオ・アマディ (Maurizio Amadei) によるイタリアファッションブランド




「m.a+」の続きの解説一覧

「MA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「MA」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

MAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリミリアンペアの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMA (改訂履歴)、アンペア (改訂履歴)、.ma (改訂履歴)、修士 (改訂履歴)、m.a+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS