.ma .maの概要

.ma

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/08 19:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ma
施行 1993年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Maroc Telecom
後援組織 Agence Nationale de Réglementation des Télécommunications
利用地域 モロッコに関係する団体・個人
使用状況 モロッコで盛んに利用されている。
登録の制限 現地でコンタクトが取れなければならない。
階層構造 登録はセカンドレベルに直接か、セカンドレベルドメインの下のサードレベルに行われる。
関連文書 DOMAIN NAME
紛争解決方針 [1]
ウェブサイト whois.ma
テンプレートを表示

歴史

2003年、Internet Assigned Numbers Authorityは、.maドメインの登録事務をEcole Mohammadia d'Ingenieursに委任するという要求を承認した。

1995年、.maドメインの技術管理はMaroc Telecomに引き継がれ、2008年時点でも続いている。

2006年5月12日、IANAは.maドメインの管理者を再指名し、ANRTを唯一の登録管理機関とした[1]

数年後、ANRTはドメインの管理権を5年間の期限付きで市場に売りに出し、新しい組織が12ヶ月のうちにExtensible Provisioning Protocolに基づいてシステムを提供した。2010年以前に.maドメインが完全に自動化されることは、期待されていないことだった。

統計

  • .maのホスト数:275,889 (2008)[2]
  • モロッコのインターネットユーザー:7,300,000 (2006)[3]
  • モロッコのADSL:550,000 (2007)[4]

セカンドレベルドメイン

登録はセカンドレベルか、様々なカテゴリーのセカンドレベルの下のサードレベルに行われる。セカンドレベルドメインには以下の様な種類がある。

  • .ma: 一般用
  • net.ma: インターネットプロバイダ
  • ac.ma: 教育機関
  • org.ma: 組織
  • gov.ma: 政府
  • press.ma: 報道機関
  • co.ma: 商業組織

外部リンク





  1. ^ IANA Report on the Redelegation of the .MA Top-Level Domain”. 2008年5月3日閲覧。
  2. ^ Statistiques”. CIA. 2008年10月3日閲覧。
  3. ^ The World Factbook – Morocco”. Central Intelligence Agency. 2008年10月3日閲覧。
  4. ^ ANALYSE DE L’EVOLUTION DU SECTEUR DES TELECOMMUNICATIONS POUR L’ANNEE 2007 (PDF)”. 2008年5月3日閲覧。


「.ma」の続きの解説一覧

アンペア

(.ma から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 02:24 UTC 版)

アンペア: ampere [ˈæmpɛər]、記号 : A)は、電流(量の記号、直流I[1][2] , 交流i )の単位であり[3][4]国際単位系(SI)の7つの基本単位の一つである。




注釈

  1. ^ 第三条 前条第一項第一号に掲げる物象の状態の量のうち別表第一の上欄に掲げるものの計量単位は、同表の下欄に掲げるとおりとし、その定義は、国際度量衡総会の決議その他の計量単位に関する国際的な決定及び慣行に従い、政令で定める[8]

出典

  1. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 15。
  2. ^ “2. SI base units”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ 2011年11月19日閲覧。 
  3. ^ a b “2.1. Unit of electric current (ampere)”, SI brochure (8th ed.), BIPM, http://www.bipm.org/en/si/si_brochure/chapter2/2-1/ampere.html 2011年11月19日閲覧。 
  4. ^ Base unit definitions: Ampere. Physics.nist.gov. Retrieved on 2010-09-28.
  5. ^ a b c 共立化学大辞典第 26 版 (1981)
  6. ^ SI supports only the use of symbols and deprecates the use of abbreviations for units.Bureau International des Poids et Mesures (PDF)”. p. 130 (2006年). 2011年11月21日閲覧。
  7. ^ A concise summary of the International System of Units, SI Table 1 The seven base units of the SI、第2ページ
  8. ^ 計量法(平成四年法律第五十一号) 第3条: 国際単位系に係る計量単位”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2014年6月13日). 2019年12月25日閲覧。 “2016年4月1日施行(平成二十六年法律第六十九号)改正)”
  9. ^ 計量単位令(平成四年十一月十八日政令第三百五十七号)
  10. ^ Serway, Raymond A; Jewett, JW (2006). Serway's principles of physics: a calculus based text (Fourth ed.). Belmont, CA: Thompson Brooks/Cole. p. 746. ISBN 0-53449143-X. https://books.google.com/books?id=1DZz341Pp50C&pg=RA1-PA746&dq=wire+%22magnetic+force%22&lr=&as_brr=0&sig=4vMV_CH6Nm8ZkgjtDJFlupekYoA#PRA1-PA746,M1 
  11. ^ Beyond the Kilogram: Redefining the International System of Units, USA: アメリカ国立標準技術研究所, (2006), オリジナルの21 March 2008時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080321221139/http://www.nist.gov/public_affairs/newsfromnist_beyond_the_kilogram.htm 2008年3月閲覧。 .
  12. ^ Monk, Paul MS (2004), Physical Chemistry: Understanding our Chemical World, John Wiley & Sons, ISBN 0-471-49180-2, https://books.google.com/books?vid=ISBN0471491802&id=LupAi35QjhoC&pg=PA16&lpg=PA16&ots=IMiGyIL-67&dq=ampere+definition+si&sig=9Y0k0wgvymmLNYFMcXodwJZwvAM .
  13. ^ a b 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 24。
  14. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) p. 20。
  15. ^ Kowalski, L, A short history of the SI units in electricity, Montclair, http://alpha.montclair.edu/~kowalskiL/SI/SI_PAGE.HTML .
  16. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) pp. 23–24。
  17. ^ History of the ampere, Sizes, http://www.sizes.com/units/ampHist.htm 
  18. ^ a b “Appendix 2: Practical realization of unit definitions: Electrical quantities”, SI brochure, BIPM, http://www.bipm.org/en/publications/mises-en-pratique/electrical-units.html 2016年5月9日閲覧。 .
  19. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  20. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「アンペア」の続きの解説一覧

修士

(.ma から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 03:51 UTC 版)

修士(しゅうし、英語: Master's degree マスター・ディグリー)とは、下位の学士と上位の博士の中間に位置する学位で、学士またはそれと同等の学力を認められた者が、高等教育機関において修士課程を修了することにより授与されるものである。修士と博士の中間に研究修士という学位も存在する。


  1. ^ ただし医師免許取得者は修士の学位は不要。
  2. ^ 専修学校設置基準第18条の5では専修学校の専門課程の教員たる資格として「修士の学位又は学位規則(昭和二十八年文部省令第九号)第五条の二に規定する専門職学位を有する者」と定めている。
  3. ^ 同様に、学部生はB1〜B4、博士課程学生はD1〜D3と呼ばれることがある。
  4. ^ Erasmus Mundus Joint Master Degrees | Erasmus+
  5. ^ a b The AQF Second Edition, Department of Education and Training, (2013-01), http://www.aqf.edu.au/aqf/in-detail/2nd-ed-jan-2013/ 
  6. ^ a b 吉川 裕美子「イギリス高等教育の学位統一への動き--高等教育資格枠組み導入の背景、概要、展望」『学位研究』第14巻、大学評価・学位授与機構、2001年3月、 29-54頁、 NAID 120005566599


「修士」の続きの解説一覧

MA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 01:20 UTC 版)

MAMamamA




「MA」の続きの解説一覧

m.a+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/25 15:01 UTC 版)

m.a+(エムエークロス)はマウリッツィオ・アマディ (Maurizio Amadei) によるイタリアファッションブランド




「m.a+」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ma」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ma」の関連用語

.maのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.maのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ma (改訂履歴)、アンペア (改訂履歴)、修士 (改訂履歴)、MA (改訂履歴)、m.a+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS