.cnとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 中国 > .cnの意味・解説 

シアン(CN)

水銀,銀,金等のシアン化物赤熱するとできる無色有毒気体で,特異臭気をもち,これが体内に入ると呼吸困難になり,人が数秒で死ぬほどの猛毒で,致死量0.06gといわれています。メッキ工場鉱山等で使用されています。 
環境基準水質)…検出されないこと。排水基準…1mg/L以下。

α‐クロロアセトフェノン

分子式C8H7ClO
その他の名称:塩化フェナシル、Phenacyl chloride、α-Chloroacetophenone、Chloromethyl phenyl ketoneMace【lacrimator】、NCI-C-55107、CAP、CN、CAFMaceメイス催涙剤】、ω-Chloroacetophenone、Chloromethylphenyl ketone、2-Chloro-1-phenylethanone、(Chloroacetyl)benzene、Phenyl(chloromethyl) ketone、1-Phenyl-2-chloroethanone、Chloroacetylbenzene
体系名:1-フェニル-2-クロロエタノン、クロロアセチルベンゼン、フェナシルクロリド、2-クロロ-1-フェニルエタノン、ω-クロロアセトフェノン、クロロメチルフェニルケトン、α-クロロアセトフェノン、(クロロアセチル)ベンゼン、フェニル(クロロメチル)ケトン


シアニド

分子式CN
その他の名称:シアノゲンイオン、Cyanogen ionCyanide
体系名:シアニド


シアノラジカル

分子式CN
その他の名称:Cyano radical
体系名:シアノラジカル


シアノゲン

分子式CN
その他の名称:シアノーゲン(CN)、Cyanogen(CN)、シアノゲン


カルボニトリル

分子式CN
その他の名称:Carbonitrile
体系名:カルボニトリル


シアン(CN)

水中のシアンは、シアンイオン(CN-)、シアン化水素HCN)、金属シアノ錯体有機シアン化合物等の形で存在します。主な用途としては、金属の精錬電気メッキ写真薬品医薬品製造中間体等があります。シアンは、青酸カリKCN)に代表されるように、毒性強く成人経口致死量シアン化水素50~60mg/人といわれています。また、微量でも水生生物障害与えます。環境基準値は、「検出されないこと」と定められています。

.cn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/13 04:47 UTC 版)

.cn
中華人民共和国の旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 中国ネットワークインフォメーションセンター(CNNIC)
後援組織 中国科学院
利用地域 中国の個人・団体や、中国と交易関係を持つ会社
階層構造 登録は直接第二レベルまたは第三レベルドメインに登録できる。
ウェブサイト CNNIC
テンプレートを表示

.cnとは、中華人民共和国国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。導入は1987年中華人民共和国情報産業部中华人民共和国信息产业部、Ministry Of Information Industry Of the People's Republic Of China)が管理している(情報産業部とは、総務省内の情報流通行政局総合通信基盤局等にあたる中国の行政機関)。登録は中国ネットワークインフォメーションセンター(中国互联网络信息中心、China Internet Network Information Center、通称CNNIC)が行っている。

セカンドレベルドメイン

団体型ドメイン

  • .ac.cn:研究機関
  • .com.cn:会社
  • .edu.cn:教育機関
  • .gov.cn:政府関連機関
  • .net.cn:インターネット組織
  • .org.cn:中国国内団体
  • .mil.cn:中国軍関連機関

地域型ドメイン

国際化ドメイン名

中国語の国際化ドメイン名は .cn ドメインの下のセカンドレベルドメインとして登録される。

2010年6月25日、ICANNはCNNICによる .中国(簡体字、Punycode: xn--fiqs8s)と .中國(繁体字、Punycode xn--fiqz9s)の2つの国際化ccTLDの使用を承認した[4]。これらのccTLDは2010年7月にルートDNSに登録された。

検閲

過去にアメリカのGoogleが、中国政府からの要請を受け、検索ワードに「天安門事件」「法輪功」などを入力した場合、検閲に引っ掛かって表示させなくする、あるいは意図したサイトのみ表示させるようにしたことで非難を浴びた。しかしながら、これはホスト名の末尾が「.cn」の端末から特定の検索ワードを入力した時にのみ、検索結果を表示させなくする簡素なものだったため、末尾が.cn以外や、ホスト名を持たない端末から検索した場合は普通に表示されていた[5][6]

中国からの接続については、GmailやGoogle newsにも制限を加えている。

脚注

  1. ^ ただし、台湾は台湾独自のトップレベルドメインを用いて.twとするのが一般的である。
  2. ^ 香港独自のトップレベルドメインを用いて.hkとすることも少なくない。
  3. ^ 香港と同様に、独自のトップレベルドメインを用いて.moとすることもある。
  4. ^ Adopted Board Resolutions | Brussels | 25 June 2010”. ICANN. 2012年1月15日閲覧。
  5. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/30/10667.html
  6. ^ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/04/news004.html

関連項目

外部リンク


搬送波対雑音比

(.cn から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/07 02:15 UTC 版)

電気通信において、搬送波対雑音比変調信号の信号対雑音比 (SNR)。CNR や C/N とも書かれる。この言葉は無線周波数のパスバンド信号のCNRと、例えば可聴周波数のアナログメッセージ信号といった復調後のアナログベースバンドメッセージ信号のSNRと区別するために用いられる。区別する必要がない場合はSNRがCNRの代わりに同じ定義の言葉として用いられることがよくある。

ディジタル変調信号 (例えばQAM や PSK) は基本的に2つの連続搬送波 (位相のずれた搬送波であるI と Q成分) からなる。実際、情報 (ビットや符号) はI と Q成分の位相および/もしくは振幅の所与の組み合わせにより搬送される。この理由により、ディジタル変調の文脈においては、ディジタル変調された信号は普通、搬送波と呼ばれる。よって、信号対雑音比 (SNR) の代わりに使われる搬送波対雑音比 (CNR) という用語は、信号がディジタル変調されたときに信号の質を表現するのに好ましい言葉である。

高い C/N 比は、例えばディジタルメッセージ信号の低い符号誤り率 (BER) やアナログメッセージ信号の高いSNRなど、良い受信品質をもたらす。

定義

搬送波対雑音比は受信機フィルタを通った後の、受信した変調搬送波信号の仕事率 C と受信雑音の仕事率 N の比として定義される。

.

搬送波と雑音の2つが同じ特性インピーダンスで測定されるとき、この比は以下の値と等しくなる。

,

 と  はそれぞれ搬送波信号と雑音の二乗平均平方根 (RMS) 電圧レベルを表す。

C/N 比はデシベルで表現されることも多く

もしくは電圧を用いると、以下のようになる。

CNRの測定と推定

C/N 比はS/N 比を測定するのと同じ方法で測定される。この2つの仕様はともに通信路の品質に指標を与える。

有名なシャノン=ハートレーの定理によると、C/N 比はS/N 比と等しくなる。C/N 比は搬送波対干渉比 (C/I, CIR)や搬送波対雑音及び干渉比(C/(N+I), CNIR)と似ている。

C/N 推定器[1]は受信機の性能を最大に活用する上で必要である。一般的には、信号電力対雑音電力 (もしくは雑音電力スペクトル密度) の比を測定するより総電力を測定する方が簡単である。そのため、CNRの推定技術が適時であり重要である。

参照

  • 信号対雑音比
  • 信号対干渉比
  • SINAD (信号+雑音+歪みと雑音+歪みの比)
  • Eb/N0 (雑音電力スペクトル密度に対する1ビット当たりのエネルギー)
  • Es/N0 (雑音電力スペクトル密度に対する1符号当たりのエネルギー)
  • 搬送波対受信機雑音比

参考

  1. ^ Islam2008

外部リンク


CN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/12 01:11 UTC 版)

CN

Cn

cn




.cnと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.cn」の関連用語

.cnのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.cnのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cn (改訂履歴)、搬送波対雑音比 (改訂履歴)、CN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS