.cnとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 中国 > .cnの意味・解説 

シー‐エヌ【CN】


シー‐エヌ【CN】


シアン(CN)

水銀,銀,金等のシアン化物赤熱するとできる無色有毒気体で,特異な臭気をもち,これが体内に入ると呼吸困難になり,人が数秒死ぬほど猛毒で,致死量0.06gといわれていますメッキ工場鉱山等で使用されています。 
環境基準水質)…検出されないこと。排水基準…1mg/L以下。

α‐クロロアセトフェノン

分子式C8H7ClO
その他の名称塩化フェナシル、Phenacyl chloride、α-Chloroacetophenone、Chloromethyl phenyl ketoneMace【lacrimator】、NCI-C-55107、CAP、CN、CAFMaceメイス催涙剤】、ω-Chloroacetophenone、Chloromethylphenyl ketone、2-Chloro-1-phenylethanone、(Chloroacetyl)benzenePhenyl(chloromethyl) ketone、1-Phenyl-2-chloroethanone、Chloroacetylbenzene
体系名:1-フェニル-2-クロロエタノン、クロロアセチルベンゼン、フェナシルクロリド、2-クロロ-1-フェニルエタノン、ω-クロロアセトフェノン、クロロメチルフェニルケトン、α-クロロアセトフェノン、(クロロアセチル)ベンゼンフェニル(クロロメチル)ケトン


シアニド

分子式CN
その他の名称シアノゲンイオン、Cyanogen ionCyanide
体系名:シアニド


シアノラジカル


シアノゲン

分子式CN
その他の名称シアノーゲン(CN)、Cyanogen(CN)、シアノゲン


カルボニトリル


.cn

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 08:33 UTC 版)

.cn国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、中華人民共和国に割り当てられる。.cnの導入は1987年中華人民共和国情報産業部中华人民共和国信息产业部、Ministry Of Information Industry Of the People's Republic Of China)が管理している(情報産業部とは、総務省内の情報流通行政局総合通信基盤局等にあたる中国の行政機関)。登録は中国ネットワークインフォメーションセンター(中国互联网络信息中心、China Internet Network Information Center、通称CNNIC)が行っている。


  1. ^ あくまでも中華人民共和国が主張する、中国の一部としての台湾のドメインであるため、中華民国政府(台湾政府)はこれを認めず、.twを用いている。民間での使用も一般的ではない。
  2. ^ 香港独自のトップレベルドメイン.hkも存在する。
  3. ^ 香港と同様に、独自のトップレベルドメイン.moも存在する。
  4. ^ Adopted Board Resolutions | Brussels | 25 June 2010”. ICANN. 2012年1月15日閲覧。
  5. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/30/10667.html
  6. ^ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/04/news004.html


「.cn」の続きの解説一覧

搬送波対雑音比

(.cn から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 23:22 UTC 版)

電気通信において、搬送波対雑音比変調信号の信号対雑音比 (SNR)。CNR や C/N とも書かれる。この言葉は無線周波数のパスバンド信号のCNRと、例えば可聴周波数のアナログメッセージ信号といった復調後のアナログベースバンドメッセージ信号のSNRと区別するために用いられる。区別する必要がない場合はSNRがCNRの代わりに同じ定義の言葉として用いられることがよくある。


  1. ^ Islam2008


「搬送波対雑音比」の続きの解説一覧

CN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 04:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CN

Cn

cn



Cn(シーエヌ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 23:43 UTC 版)

相手に尻先から出した針を突き刺した後、そのままフランケンシュタイナーのように一回転して投げる。なお、キュービィにはキックボタンでの投げ技存在しない

※この「Cn(シーエヌ)」の解説は、「キュービィ」の解説の一部です。» 「キュービィ」の概要を見る


Cn(シーエヌ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 23:43 UTC 版)

相手に尻先から出した針を突き刺した後、そのままフランケンシュタイナーのように一回転して投げる。なお、キュービィにはキックボタンでの投げ技存在しない

※この「Cn(シーエヌ)」の解説は、「キュービィ」の解説の一部です。» 「キュービィ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.cnと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.cnのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.cnのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.cn (改訂履歴)、搬送波対雑音比 (改訂履歴)、CN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキュービィ (改訂履歴)、キュービィ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS