.moとは? わかりやすく解説

エム‐オー【MO】

読み方:えむおー

magneto-optical disc》⇒光磁気ディスク


MO [magneto opticaldisk]


クロロニトロフェン

分子式C12H6Cl3NO3
その他の名称クロルニトロフェンCNP、MO 338MC 1478、CNP 1032、Chlornitrofen、2,4,6-Trichlorophenyl 4-nitrophenyl ether、MC-1478、MO-338、CNP-1032、MO、MC-338、2,4,6-Trichlorophenyl(4-nitrophenyl) ether、(2,4,6-Trichlorophenyl)(4-nitrophenyl) ether、4-(2,4,6-Trichlorophenoxy)-1-nitrobenzene、(p-Nitrophenyl)2,4,6-trichlorophenyl etherCNP剤、Chloronitrofen、クロロニトロフェン、4-Nitrophenyl(2,4,6-trichlorophenyl) ether、p-Nitrophenyl(2,4,6-trichlorophenyl) ether、2,4,6-Trichloro-4'-nitrodiphenyl ether
体系名:2,4,6-トリクロロ-4'-ニトロ-(1,1'-オキシビスベンゼン)、2,4,6-トリクロロフェニル4-ニトロフェニルエーテル、1,3,5-トリクロロ-2-(4-ニトロフェノキシ)ベンゼン、(p-ニトロフェニル)2,4,6-トリクロロフェニルエーテル、(2,4,6-トリクロロフェニル)(4-ニトロフェニル)エーテル、4-(2,4,6-トリクロロフェノキシ)-1-ニトロベンゼン、2,4,6-トリクロロフェニル(4-ニトロフェニル)エーテル、4-ニトロフェニル(2,4,6-トリクロロフェニル)エーテルp-ニトロフェニル(2,4,6-トリクロロフェニル)エーテル、2,4,6-トリクロロ-4'-ニトロジフェニルエーテル


モリブデン(II)イオン

分子式Mo
その他の名称Molybdenum dication、Mo(II) ion、モリブデン(II)イオン
体系名:モリブデンジカチオン


モリブデン


モリブデン(V)イオン

分子式Mo
その他の名称Molybdenum pentacation、Molybdenum(V) ion、モリブデン(V)イオン
体系名:モリブデンペンタカチオン


物質
モリブデン
英語名
Molybdenum
元素記号
Mo
原子番号
42
分子量
95.94
発見
1781年
原子半径(Å)
1.36
融点(℃)
2610
沸点(℃)
4804
密度(g/cm3
10.2
比熱(cal/g ℃)
0.061
イオン化エネルギー(eV)
7.099
電子親和力(eV)
1


モリブデン(Mo)

モリブデンは銀白色金属で、自然界比較広く存在します地殻中に約1.5mg/kg、海水中に約0.01mg/リットル含まれています。合金製造原料耐熱材、顔料触媒等広い用途使用されています。モリブデンは、生体必須元素ですが、中毒症状として吸入によるじん肺症、慢性暴露による過尿酸血症痛風知られています。指針値は、「0.07mg/リットル以下」と定められています。

Mo

名前 モー; モ

.mo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/21 07:02 UTC 版)

.mo国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、中華人民共和国の特別行政区マカオに割り当てられている。英語のつづりMacauにはoの文字が入らないが、中国語でのスペル'Macao'に基づいている。






「.mo」の続きの解説一覧

MO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 15:33 UTC 版)

MO, Mo, mo




「MO」の続きの解説一覧

MO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 15:50 UTC 版)

機甲都市 伯林」の記事における「MO」の解説

連合軍の自突艦 (ACBS)。「トリスタン暴走知った連合軍によって放たれるも、独逸空軍と「疾風」の迎撃によって破壊され、その爆発エネルギー諸共疾風」に吸収された。

※この「MO」の解説は、「機甲都市 伯林」の解説の一部です。
「MO」を含む「機甲都市 伯林」の記事については、「機甲都市 伯林」の概要を参照ください。


Mo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Mo」の解説

ガブリエル・ジャン・ジョセフ・モリトール(フランス語版)(Gabriel Jean Joseph Molitor1770年-1849年) - フランス元帥13列】 ボン・アドリアン・ジャノー・ド・モンセーBon Adrien Jeannot de Moncey1754年-1842年) - 元帥。 【33列】 ジャック・ド・モンフォール(フランス語版)(Jacques de Monfort1770年-1824年)、Montfortとも。 - 少将。【2列】なお、ジョセフ・ド・プニエ・ド・モンフォール(フランス語版)(Joseph Monfort1774年-1855年)の可能性もある。 ジャン=シャルル・モニエ(フランス語版)(Jean-Charles Monier ou Monnier1758年-1816年) - 中将。【26列】 ルイ=ピエール・モンブリュン(フランス語版)(Louis-Pierre Montbrun1770年-1812年) - 中将ボロジノの戦い戦死。 【15列】 ルイ・アントワーヌ・ショワン・ド・モンゲイ(フランス語版)(Louis Antoine Choin de Montgay de Montchoisy、1747年-1814年) - 中将。【8列】 ガブリエル・ガスパール・アシーユ・アドルフ・ベルノン・ド・モンテレジェ(フランス語版)(Gabriel Gaspard Achille Adolphe Bernon de Montélégier1780年-1825年) - 将軍。【29列】 アン=ピエール・ド・モンテスキュー=フェザンサックフランス語版)(Anne-Pierre de Montesquiou-Fezensac、1739年-1798年) - 軍司令官。【23列】 レイモン・エメリック・フィリップ・ジョセフ・ド・モンテスキュー=フェザンサックフランス語版)(Raymond Aymery Philippe Joseph de Montesquiou-Fezenzac、1784年-1867年)、Montesquiou-Fezensacとも。 - 将軍。【12列】 エメ・スルピス・ヴィクトル・ペルティエ(フランス語版)(Aimé Sulpice Victor Pelletier1772年-1813年) - 少将。【19列】 ルイ・フランソワ・エリー・ペルティエ(フランス語版)(Louis François Élie Pelletier1771年-1854年) - 将軍。【40列】 ジョセフ・エリー・デジレ・ペリュケ・ド・モントリシャール(フランス語版)(Joseph Hélie Désiré Perruquet de Montrichard1760年-1828年) - 中将。【7列】 シャルル・アントワーヌ・モラン(フランス語版)(Charles Antoine Louis Alexis Morand1771年-1835年) - 中将。 【15列】 ジャン=バティスト・モレット(フランス語版)(Jean Baptiste Molette de Morangiès、1758年-1827年) - 少将。【30列】 ジャン・ヴィクトル・マリー・モローJean-Victor Moreau1763年-1813年) - 中将ロシア軍転じた後、ドレスデンの戦い砲撃を受け戦死。【13列】 ジャン・ルネ・モルオー(フランス語版)(Jean René Moreaux、1758年-1795年) - 中将。 【13列】 アンヌ・モリオ・ド・リスル(フランス語版)(Annet Morio de LIsle1779年-1828年) - 少将。 【21列】 フランソワ・ルイ・ド・モルラン(フランス語版)(François Louis de Morlan、1771年-1805年dit Morland - 大佐アウステルリッツの戦い致命傷負った。【18列】 アントワーヌ・モルロ(フランス語版)(Antoine Morlot、1766年-1809年) - 中将。 【6列】 エドゥアール・モルティエAdolphe Édouard Casimir Joseph Mortier1768年-1835年) - 元帥。【13列】 ジョルジュ・ムートン(フランス語版)(Georges Mouton1770年-1838年)、ロバウ伯。 - フランス元帥14列】 ジャック・レオナール・ムレー(フランス語版)(Jacques Léonard Muller1749年-1824年) - 中将。 【33列】 ジョアシャン・ミュラJoachim Murat1767年-1815年) - 元帥ナポリ王。 【24列】 ルイ・フランソワ・フェリクス・ムスニエ・ド・ラ・コンヴェルセリー(フランス語版)(Louis François Félix Musnier de la Converserie、1766年-1837年) - 中将。【37列】

※この「Mo」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Mo」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。


M・O(モー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 20:43 UTC 版)

ウォーリー (映画)」の記事における「M・O(モー)」の解説

除染ロボット手に電動ブラシ搭載する汚れ計測機能を持ちあまりにも汚い物を発見する頭部からパトライト出てくる。エアロック挟まれても潰れないどころか傷1つつかないなど、かなり頑丈

※この「M・O(モー)」の解説は、「ウォーリー (映画)」の解説の一部です。
「M・O(モー)」を含む「ウォーリー (映画)」の記事については、「ウォーリー (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.mo」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MO」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.moと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.moのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.moのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMOの記事を利用しております。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mo (改訂履歴)、MO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機甲都市 伯林 (改訂履歴)、エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)、ウォーリー (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS