.moとは?

MO [magneto opticaldisk]

MOはmagnet opticalの略で正式には光磁気ディスクMOドライブはMOを使った補助記憶装置

MO

フルスペル:Magneto-Optical disk
読み方エムオー
別名:光磁気ディスク

MOとは、データ書き込みが可能な光ディスク記憶装置のことである。データ書き込み時には磁気利用しているため、光磁気ディスク呼ばれる

ディスクサイズには5インチと3.5インチがあり、ほこりや傷を避けるためにカートリッジ収められている。

記憶容量は5インチで600MB~1.2GB、3.5インチで128MB/230MB/540MB/640MB、あるいは1.3GB/2.3GBのデータ記録できる。

データ読み出しは光学的に行うが、データ書き込み記録面の表面レーザー加熱し、冷えて固まる前に磁気ヘッド表面磁界固定することで行う。ダイレクトオーバーライト方式採用したものは、さらに書き込み速い

表面を再加熱したり、端に強い磁場影響を受けたりしなければデータ影響はなく、普通の磁気媒体より長寿命だと言われている。

光ディスクのほかの用語一覧
光ディスク・ドライブ:  記録密度  光学ドライブ  MD  MO  MPV  マルチリード型ドライブ  ミニディスク

モリブデン(Mo)

モリブデン(Molybdenum)は、元素記号 Mo で表され、原子番号42原子量は約95.94比重10.2(g/cc)である。銀白色固体金属で、クロム族に属する。植物の窒素同化に必要であるほか、いくつかの酸化還元酵素触媒作用に必要であるなど、生体にとって重要である。
常温では体心立方構造であるが、高温では転移する室温では空気中で酸化被膜出来安定塩酸にも硫酸にも溶けない
ステンレス鋼添加されると、塩化物イオンに対し耐食性改善する。また熱間強度耐酸性耐クリープ性を増す。

クロロニトロフェン

分子式C12H6Cl3NO3
その他の名称:クロルニトロフェンCNP、MO 338MC 1478、CNP 1032Chlornitrofen、2,4,6-Trichlorophenyl 4-nitrophenyl ether、MC-1478、MO-338、CNP-1032、MO、MC-338、2,4,6-Trichlorophenyl(4-nitrophenyl) ether、(2,4,6-Trichlorophenyl)(4-nitrophenyl) ether、4-(2,4,6-Trichlorophenoxy)-1-nitrobenzene、(p-Nitrophenyl)2,4,6-trichlorophenyl etherCNP剤、Chloronitrofen、クロロニトロフェン、4-Nitrophenyl(2,4,6-trichlorophenyl) ether、p-Nitrophenyl(2,4,6-trichlorophenyl) ether、2,4,6-Trichloro-4'-nitrodiphenyl ether
体系名:2,4,6-トリクロロ-4'-ニトロ-(1,1'-オキシビスベンゼン)、2,4,6-トリクロロフェニル4-ニトロフェニルエーテル、1,3,5-トリクロロ-2-(4-ニトロフェノキシ)ベンゼン、(p-ニトロフェニル)2,4,6-トリクロロフェニルエーテル、(2,4,6-トリクロロフェニル)(4-ニトロフェニル)エーテル、4-(2,4,6-トリクロロフェノキシ)-1-ニトロベンゼン、2,4,6-トリクロロフェニル(4-ニトロフェニル)エーテル、4-ニトロフェニル(2,4,6-トリクロロフェニル)エーテルp-ニトロフェニル(2,4,6-トリクロロフェニル)エーテル、2,4,6-トリクロロ-4'-ニトロジフェニルエーテル


モリブデン(II)イオン

分子式Mo
その他の名称:Molybdenum dication、Mo(II) ion、モリブデン(II)イオン
体系名:モリブデンジカチオン


モリブデン

分子式Mo
その他の名称:Molybdenum、Mo
体系名:モリブデン


モリブデン(V)イオン

分子式Mo
その他の名称:Molybdenum pentacation、Molybdenum(V) ion、モリブデン(V)イオン
体系名:モリブデンペンタカチオン


物質
モリブデン
英語名
Molybdenum
元素記号
Mo
原子番号
42
分子量
95.94
発見
1781年
原子半径(Å)
1.36
融点(℃)
2610
沸点(℃)
4804
密度(g/cm3
10.2
比熱(cal/g ℃)
0.061
イオン化エネルギー(eV)
7.099
電子親和力(eV)
1


モリブデン(Mo)

モリブデンは銀白色金属で、自然界比較広く存在します。地殻中に約1.5mg/kg、海水中に約0.01mg/リットル含まれています。合金製造原料耐熱材、顔料触媒等広い用途使用されています。モリブデンは、生体必須元素ですが、中毒症状として吸入によるじん肺症、慢性暴露による過尿酸血症や痛風が知られています。指針値は、「0.07mg/リットル以下」と定められています。

Mo

名前 モー; モ

.mo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/21 07:02 UTC 版)

.mo
マカオの旗
施行 1996年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 MONIC
後援組織 マカオ大学
利用地域 マカオに関係する団体・個人
使用状況 マカオでかなり盛んに使われている。
階層構造 登録は第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Regulations
ウェブサイト MONIC
テンプレートを表示

.mo国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、中華人民共和国の特別行政区マカオに割り当てられている。英語のつづりMacauにはoの文字が入らないが、中国語でのスペル'Macao'に基づいている。

第二レベルドメイン

登録は第二レベルに行われるが、第三レベルにも同じ名前をつける場合、第二レベルへも登録できる。

  • .com.mo - 商業機関
  • .edu.mo - 教育機関
  • .gov.mo - 政府機関
  • .net.mo - ネットワークサービスプロバイダ
  • .org.mo - 非営利組織

国際化ccTLD

2015年、ICANNはMONICによる .澳门(簡体字)と .澳門(繁体字)の2つの国際化ccTLDの使用を承認した。

関連項目

  • .cn - 中華人民共和国のドメイン。
  • .hk - 香港のドメイン。

出典

外部リンク


MO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/13 08:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MO, Mo, mo

記号・単位

略語・略称

一般名詞・術語

固有名詞

コード・形式名

他の記号等を付して用いるもの

関連項目




.moと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mo」の関連用語

.moのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.moのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2019 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMOの記事を利用しております。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2019 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2019 京浜河川事務所 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mo (改訂履歴)、MO (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS