.tlとは?

タリウム

分子式Tl
その他の名称:ラモル、Ramor、Tl、Thallium
体系名:タリウム


タリウム(I)

分子式Tl
その他の名称:Thallium(I)
体系名:タリウム(I)


タリウム(III)

分子式Tl
その他の名称:Thallium(III)
体系名:タリウム(III)


物質
タリウム
英語名
Thallium
元素記号
Tl
原子番号
81
分子量
204.3833
発見
1861年
原子半径(Å)
1.68
融点(℃)
302.5
沸点(℃)
1457
密度(g/cm3
11.85
比熱(cal/g ℃)
0.031
イオン化エネルギー(eV)
6.108
電子親和力(eV)
0.3


.tl

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/07 16:09 UTC 版)

.tl
東ティモールの旗
施行 2005年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Timor-Leste NIC
後援組織 Timor-Leste Ministry of Transport, Communications and Public Works
利用地域 東ティモールに関係する団体・個人
使用状況 東ティモールでは.tpが使われていない地域で使われている。.tlと.tpは必ずしも同じ内容ではないが、.tpに登録した場合、.tlでも同じドメインを与えられる。ほとんどの登録者は東ティモール以外の国にいる。
登録の制限 わいせつであったり、スパムが目的である場合は登録できない。
階層構造 一部のサイト(特に政府)では第三レベルドメインがある。登録する場合は第二レベルドメインを登録することができる。
関連文書 Registration agreement
Acceptable use policy
Privacy policy
方針 WIPO ccTLD Best Practices
ウェブサイト Timor-Leste NIC
テンプレートを表示

.tl国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、東ティモールに割り当てられている。.tlはCountry Code Administrators(CoCCA)を通じて管理されている。そして、第二レベルドメインは世界中で手に入れることができる。

東ティモールの以前のccTLDは.tpであった。.tpはIANAによると、1997年に割り当てられた。

登録は第二レベルドメインを登録することができる。

政府の使用しているサブドメインはgov.tlで、例えば政府のサイトならwww.timor-leste.gov.tlとなる。

外部リンク


TL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/05 14:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

TL

略称頭字語に用いられる。

Tl
tl
.tl



.tlと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.tl」に関係したコラム

  • 株式投資を1000円から始めるには

    株式投資は、10万円、100万円単位のお金が必要というイメージがありますが、実は、わずか1000円から始めることができます。株式投資を1000円から始めるには、いくつかの条件があります。まず、株式の売...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.tl」の関連用語

.tlのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.tlのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.tl (改訂履歴)、TL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS